ランキングとレビューで探せる利用率No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 東北地域ブランド総選挙

東北地域ブランド総選挙

「東北地域ブランド総選挙」決勝戦を開催しました -最優秀賞をはじめとした各賞が決定-

「東北地域ブランド総選挙」は、地域団体商標制度の普及とさらなる活用促進を目的に
特許庁が開催している事業です。
本総選挙では、地元の学生が地域団体商標権者等を取材し、取材に基づく地域商品やサービスの魅力を
「Instagram®」上で発信するとともに今後の新商品や新ビジネスのアイデア、PR方策等を競い合います。
12月20日(金)に仙台にて開催された決勝戦では、各チームのプレゼンテーションにより、
最優秀賞他、各賞の受賞チームを決定しました。

受賞チーム一覧

選定基準 地域団体商標
権利者名
大学名
チーム名
最優秀賞 全ての審査項目の評点が最も高い 横手やきそば
協同組合横手やきそば暖簾会
秋田大学
チーム横手やきそば
優秀発掘賞 発掘項目(理解力、発想力、協働力)の評点が高い 江刺りんご
岩手江刺農業協同組合
宮城学院女子大学
江刺りんごハーベスト
優秀発信賞 発信項目(表現力、構成力、地域力)の評点が高い 安代裂き織り
裂き織りのサークル「ほたるかご」
岩手大学
sakiori
優秀発展賞 発展項目(新規性、展開性)の評点が高い 秋田由利牛
秋田由利牛振興協議会
秋田大学
チーム秋田由利牛
東北地域ブランド総選挙
実行委員長賞
委員の合議により決定 山形セルリー
山形市農業協同組合アグリセンター
東北芸術工科大学
本吉研究室チーム山形セルリー
東北地域ブランド総選挙
実行委員会賞
委員の合議により決定 あおもり藍
あおもり藍産業協同組合
青森大学
team A - i -
プレゼン賞 プレゼンテーションが最も優れている 山形セルリー
山形市農業協同組合アグリセンター
東北芸術工科大学
本吉研究室チーム山形セルリー
インスタ賞 「InstagramⓇ」のでの発信が最も優れている 安代裂き織り
裂き織りのサークル「ほたるかご」
岩手大学
sakiori

総選挙の様子

  • 学生達による発表の様子(最優秀賞 チーム横手やきそば)

    学生達による発表の様子(最優秀賞 チーム横手やきそば)

  • 集合写真

    集合写真

  • 商品ジャーナリスト、サイバー大学IT総合学部教授 北村 森氏による基調講演 「地域産品を『伝えきる』には―成功と失敗の分岐点」

    商品ジャーナリスト、サイバー大学IT総合学部教授 北村 森氏による基調講演
    「地域産品を『伝えきる』には―成功と失敗の分岐点」

  • 表彰式の様子(最優秀賞 チーム横手やきそば)

    表彰式の様子(最優秀賞 チーム横手やきそば)

東北地域ブランドフェア

東北地域ブランド総選挙参加団体の産品を集めた
「東北地域ブランドフェア」を宮城県仙台市で開催します。
東北地域の様々な産品を実際に手にとっていただける貴重なチャンスですので、ぜひお越しください。
当日は会場で使える商品券(3,000円分)他、素敵な景品が当たる抽選会も行います!
※おひとり様1回限りとさせていただきます。

日時

令和2年1月24日(金) 10:00~21:00、1月25日(土) 10:00~19:00

場所

エスパル仙台 本館1F エスパルスクエア(宮城県仙台市青葉区中央1-1-1)

参加地域ブランド

  • 商品販売

    大鰐温泉もやし、あおもり藍、安代裂き織り、宮守川野菜ジュース、塩竃おでん、石巻おでん、美郷まんま、秋田由利牛、横手やきそば、山形名物玉こんにゃく、土湯温泉

  • PR

    風間浦鮟鱇、南部一郎かぼちゃ、山形セルリー

東北地域ブランド総選挙決勝戦進出チーム展示・試食会

12月20日(金)の決勝戦に進出したチームの産品を集めた販売・展示会を仙台駅東西自由通路で行います。
こちらもどうぞお立ち寄りください。

日時

令和2年2月15日(土)、2月16日(日)11:00~18:00(予定)

場所

JR仙台駅 S-PAL東館2F 仙台駅東西自由通路

参加地域ブランド(予定)

風間浦鮟鱇、あおもり藍、安代裂き織り、江刺りんご、石巻おでん、美郷まんま、秋田由利牛、横手やきそば、山形セルリー、土湯温泉

東北地域ブランド総選挙・東北地域ブランドフェア

詳細は公式サイトをご覧ください。

過去の「地域ブランド総選挙」に参加した方々の声

2017年度開催「九州地域ブランド総選挙」決勝戦進出チームの集合写真

2017年度開催「九州地域ブランド総選挙」
決勝戦進出チームの集合写真

参加した学生

■これから就職活動に取り組むなかで、他の人と違う事をやったということが言えると思い参加した。

■地元の伝統的な産品について知ることができてよかった。

■総選挙に参加する前は、地域団体商標制度については知らなかった。

■教室では学べないブランディングの奥深さを体験できた。

■自分達のインスタグラムの投稿を見て、実際に訪れたという声を聞いて嬉しかった。

■団体の方々の産品への思いと地域との結びつきを大切にする姿を見て、地域ブランドの良さを実感した。

2018年度開催「東海・北陸地域ブランド総選挙」学生達による発表の様子(由比桜えびかき揚げ隊)

2018年度開催「東海・北陸地域ブランド総選挙」
学生達による発表の様子(由比桜えびかき揚げ隊)

教授・准教授等

■1年生でこの取組に参加させたが、とてもいい意識を持つ機会を与えてくれた事に感謝。

■今回のプロジェクトは短期的だったが、教員にとってもいい勉強になった。

権利者団体

■若者に商品(サービス)を知ってもらえるきっかけになった。

■商品(サービス)の認知度が上がった。

■学生からの新鮮な視点でブランド価値を見直すことができた。

■学生の目線や若い世代の興味はどこにあるのかを知ることができた。

ページ上部へ