認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 東海・北陸地域ブランド総選挙

地域ブランド総選挙

「東海・北陸 地域ブランド総選挙」結果発表

2018年12月12日(水)に愛知県名古屋市で「東海・北陸 地域ブランド総選挙」決勝戦が開催されました。
参加した大学生と地域団体商標権者らが、新しいビジネスのアイディアなどについて発表し、各賞の受賞者が決定いたしました。

  • 学生達による発表の様子(由比桜えびかき揚げ隊)

    学生達による発表の様子(由比桜えびかき揚げ隊)

  • 受賞チーム集合写真

    受賞チーム集合写真

受賞結果

地域団体商標
権利者名
大学名
チーム名
最優秀賞 由比港漁業協同組合
由比桜えび
静岡大学
由比桜えびかき揚げ隊
発展賞 能登ふぐ事業協同組合
能登ふぐ
金沢星稜大学
ふぐまるチーム
発信賞 伝統工芸高岡銅器振興協同組合
高岡銅器
富山大学
高岡どっきどきチーム
発掘賞 小浜市食品加工協同組合
若狭かれい
福井県立大学
チームありさ
プレゼン賞 由比港漁業協同組合
由比桜えび
静岡大学
由比桜えびかき揚げ隊
インスタ賞 とぴあ浜松農業協同組合
三方原馬鈴薯
静岡文化芸術大学
ぽて・ガールズ

東海・北陸地域ブランド総選挙の概要

「東海・北陸 地域ブランド総選挙」は、地域団体商標制度の普及とさらなる活用促進を目的に
特許庁が開催している事業です。
本総選挙では、地元大学生と地域団体商標権者がチームを組み、取材に基づく地域の商品(サービス)の魅力を
「Instagram®」上で発信するとともに、今後の新商品展開やビジネスのアイデア、PR方策等を検討します。

コンセプト

~大学生のちからで新たな地域ブランドの魅力を発掘・発信・発展~

"発掘" 地域ブランドストーリーづくり
"発信" 写真・映像での地域ブランド発信
"発展" 地域ブランドを活かすビジネスプラン企画

目的

・大学生等の若い感性、発信力、企画力をもって新たな地域の商品(サービス)の魅力を発信し、地域ブランド/地域団体商標に目を向けてもらうこと。

・マスコミの注目を高めるイベントとすることで、制度の普及をはかること。

取組テーマ

①権利者団体のこれまでの取組の紹介

大学生等が地元の地域団体商標に登録されている地域の商品(サービス)を取材し、商品(サービス)の魅力や作り手の思い、製品に込められたストーリーなどをSNSを活用して発信する。

②これからの商品(サービス)の展開などの提案

①の取材等を通して得た知識や経験を踏まえて、当該商品(サービス)の新しいビジネスプランや新商品(サービス)を提案するなど、今後についてアイディアを考える。

東海・北陸地域ブランド総選挙の詳細について

詳細・お申込みは公式サイトをご覧ください。

ブランド総選挙の流れ

  • 予選

    1. 地域団体商標の権利者団体取材(取組テーマ①)

    2. Instagram®に写真や動画を投稿し、『いいね!』を集める

    3. 商品(サービス)の今後について検討し、プレゼンテーション資料を作成(取組テーマ②)

  • 【一次審査】

    いいね!の数&プレゼン資料に基づく審査を行い、二次審査に進むチームを決定

  • 決勝戦

    日時:12月12日(水)13:00~17:30

    会場:名古屋国際センター 別棟ホール(〒450-0001 名古屋市中村区那古野一丁目47番1号)


    1. 予選で作成したプレゼンテーション資料を必要に応じてブラッシュアップ

    2. 1チーム5分程度の持ち時間で、今まで取材した内容や今後のビジネスプラン等について発表

  • 【最終審査】

    プレゼンテーションの内容、来場者による一般投票などを総合的に審査し、最優秀賞ほか各賞を決定、表彰

    ※この他参加者全員に「参加賞」をお渡しする予定。

過去の2017年度開催「九州ブランド総選挙」参加者の声

参加した学生

参加した学生

■これから就職活動に取り組むなかで、他の人と違う事をやったということが言えると思い参加した。

■地元の伝統的な産品について知ることができてよかった。

■総選挙に参加する前は、地域団体商標制度については知らなかった。

■教室では学べないブランディングの奥深さを体験できた。

教授・准教授等

教授・准教授等

■1年生でこの取組に参加させたが、とてもいい意識を持つ機会を与えてくれた事に感謝。

■今回のプロジェクトは短期的だったが、教員にとってもいい勉強になった。

権利者団体

■若者に商品(サービス)を知ってもらえるきっかけになった。

■商品(サービス)の認知度が上がった。

■総選挙に参加する前は、地域団体商標制度については知らなかった。

■教室では学べないブランディングの奥深さを体験できた。

ページ上部へ