認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 梅干し特集

梅干し特集

ふるさと納税のお礼品にはその地域ならではの気候や製法を生かしたこだわりの品ばかり。 さまざまな味わいの梅干しをふるさと納税で楽しんでみてはいかがでしょうか。

梅干し

日本人の食卓の定番である梅干し。学生時代は毎日のお弁当に入っていたという方も多いのではないでしょうか?お礼品に用意されている梅干しには素材はもちろん、塩気や製法にこだわったものが多く、一味違った味わいを楽しむことができます。
たとえば、昔ながらの酸味の強い梅干しが気になる方は、新鮮な赤しその葉にじっくりと漬け込み、味つけも昔ながらの食塩のみで行っている梅干しはいかがでしょうか。
ほどよい甘味も一緒に楽しみたいという方は梅干し本来の味が残るギリギリまで減塩して作ったはちみつ梅干しがあります。はちみつ由来のほどよい甘味と梅干し本来の旨味は白米だけでなく、ヨーグルトやお粥に入れてもおいしく食すことができます。

白干し

梅干しと同じく昔からお弁当の定番である白干し。あまり聞きなれない方もいるかもしれませんが、白干しとは文字通り塩のみで漬けた梅のことです。梅干しがさまざまな調味料などで味つけされるのに対し、白干しは塩のみで味つけされているのが特徴で、梅干しと比べると、塩分濃度が高く、約20%程度の塩分を含みます。一見すると、塩で漬け込んだだけと思われがちな白干しですが、シンプルな分、味の違いが出やすい食品でもあり、使われている塩の種類や塩漬けしておくための容器の素材の種類などによっても味が変化します。塩気を多く含むため、白米との食べ合わせに優れており、おにぎりなどにしてもおいしく食すことができます。

しそ漬け

鮮やかな色味と昔懐かしい味わいが魅力のしそ漬け。ふるさと納税のお礼品では特に、しそと梅干しを組み合わせたものが数多くそろっています。
たとえば和歌山県湯浅町のしそ梅干しは、昔ながらのしそ漬け梅干しをコンセプトに開発されたしょっぱさが魅力のしそ梅漬けです。ほかには、紀州南高梅のしそ漬けは和歌山県の特産である紀州南高梅をしそだけでじっくりと漬け込んだ梅干しのセットです。

南高梅

柔らかな果肉に薄めの皮が特徴の南高梅。ふるさと納税のお礼品の中にも南高梅を使ったこだわりの品が多数そろっています。ぜひ、さまざまな地域のものをチェックしてみてください。
たとえば、和歌山県が誇る梅干しとももをコラボさせた新感覚のフルーティーな梅干しです。もも果汁の中にじっくりと漬け込んであるので、フルーティーでありながらも南高梅の塩気をしっかりと感じることができます。
その他、ご贈答や上質なお茶請けをお探しの方は和歌山県湯浅町の梅干しセットはいかがでしょうか? 紀州産南高梅の中でも一番大きくて上質なものを、国産はちみつを使用したタンク内でじっくりと漬け込みました。甘酸っぱく、肉厚でとろけるような食感はそのままなのはもちろん、ご飯のお供にしてもおいしく食すことができます。

梅酒

お酒の中でも特にすっきりとした味わいと飲み口で人気を集める梅酒。お礼品にも各地域の特徴を取り入れたこだわりの梅酒が多数そろっています。
たとえば、高知県芸西村の梅酒は、梅ならではの味わいを最大限に引き出せるよう、丁寧に朝摘みした白加賀梅をまろやかな味わいの純米酒に漬け込んでいます。
そのほか、福岡県大刀洗町(たちあらいまち)の梅酒セットは本格的な焼酎にはちみつとレモン果汁、梅酒を組み合わせて作ったレモネード梅酒です。冷やしてロックやソーダ割りにするのはもちろん、寒い季節にはお湯で割って大人のレモネードとして楽しむこともできます。

寄付を通じてその土地ならではの魅力を知ることができるふるさと納税。お礼品もその地域に根ざす生産者のさまざまな工夫や愛情が込められたこだわりの品々が揃っています。なかには生産量の関係などから市場に滅多に出回らないものもあるため、思わぬ発見も数多くあるかもしれません。ぜひ、さまざまな地域の食を通じて自分だけのこだわりの品を見つけてみてください。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ