認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

沖縄県与那原町のふるさと納税・地域の情報

与那原町/よなばるちょう

沖縄県与那原町の地域情報

沖縄県与那原町は同県の島尻郡に属する町です。沖縄本島南端近くの東海岸に位置し、北側で中頭郡西原町と、西側で島尻郡南風原町と、南側で南城市とそれぞれ境を接しています。西原町との境界域には、標高158メートルながら美しい山容から「西原富士」とも称される運玉森が所在します。南風原町のさらに西側は、県庁所在地の那覇市です。同市の中心部からは約9キロメートル東方にあり、車での移動時間は約30分となっています。東側の海岸線は中城湾を望みます。
与那原町の内陸部は丘陵地、臨海部は平坦な低地となっており、海沿いの埋め立て地には公園・マリーナ・商業施設などが整備されています。その後背地には国道329号線が縦貫しています。

沖縄県与那原町のふるさと納税寄付の使い道一覧

・自然環境保全及び景観の維持、再生に関する事業
・福祉のまちづくりに関する事業
・未来を担う子どもの教育及び少子化に関する事業
・与那原大綱曳の継承発展に支出する事業
・その他活気あふれる与那原町にするために町長が認める事業

出典:与那原町への寄附について
(http://www.town.yonabaru.okinawa.jp/furusato/hurusato_panhu.pdf)

沖縄県与那原町についてのイメージ調査

沖縄県与那原町というと、どんなイメージが浮かぶのかアンケート調査を実施しました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:沖縄県与那原町

【回答数】
自然:22
伝統:6
観光:12
経済:2
人情:1
閑静:2
便利:5


アンケートの結果は、自然というイメージを持つ人が最も多くなりました。
・町のキャッチフレーズが[太陽とみどり 伝統とやさしさを未来へつなぐ 海辺のまち]で、実際に太陽がギラギラしていて、空気が綺麗、海は変わらずコバルトブルーのまま美しく、自然豊かで人々がそれを大切にし続けているから選びました。(30代/男性)
・町の東南の雨乞森町の北西にある運玉森など自然が豊かな森が広がり、観光スポットとなっています。町の指定文化財としても久葉堂、中島のシーサー、宇地原子墓などがある。(30代/男性)

海の綺麗さはさることながら、人の手が入らない森に囲まれており自然を身近に感じることができるというイメージが強くあることがわかります。

次に多かったのは、観光でした。
・沖縄といえば観光というイメージが強くあったので、観光を選んだ。「与那原町立軽便与那原駅舎展示資料館」や「与那原町綱曳資料館」などこのエリアの歴史を知れる建物が有名だったり、「日本近代建築DOCOMOMO100選」にも選ればれている「聖クララ教会」でステンドグラスなどの綺麗さを見れたりするらしいので、観光にはぴったりだと思う。(20代/女性)
・沖縄県与那原町は沖縄本島南部で海に面しており、見事な観光スポットというイメージがあります。そして欠かせない事と言えば、マリンスポーツです。シュノーケリングやダイビングなど、色んなスポーツを楽しめます。(40代/男性)

与那原町の歴史を知れる資料館や建築物として有名な協会などがあり、見て楽しめる観光スポットが多いという印象のようです。また、マリンスポーツなど体を動かして楽しめるアクティビティも豊富で、飽きることなく観光できるというイメージが強いのがわかりました。

その他には、伝統や便利という回答が寄せられています。
・与那原を表しているワードを伝統にした理由は、歴史の古い町だからです。沖縄最古の古謡集のおもろさうしの中にも登場しています。与那原といえば、ヨナバルマジクという魚です。マダイの一種で名前に町名が使われるほど地元で愛される魚です。(30代/女性)
・沖縄県与那原町は、サトウキビや菊、野菜類などの栽培が盛んな地域なようです。また歴史的文化財や重要文化財もたくさんある町なので、伝統を選びました。また水産業も盛んで、なかでもひじきの生産量は、年間50万トンになるようです。(40代/女性)
・与那原町は昔からの住宅地の他、近年埋め立てた東浜地区には住宅街やマンションが建ち並び始めていて、那覇からもアクセスが便利で人口も増えているので。海も山も両方兼ね備えており、自然も楽しめるので。与那原といえば「与那原大綱曳まつり」。東西に分かれて大綱を曳く瞬間は大変盛り上がります!(30代/女性)

古くから続く伝統ある町で、文化財なども多くあることから伝統というイメージがあることがわかりました。住宅街なども整備され便利な地域として知られつつあるようです。

アンケート調査の結果、与那原町は美しい海と森に囲まれておりその自然を存分に堪能できるアクティビティも豊富であることから、観光に訪れるには良い町だというイメージを多くの方が持っているようでした。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年2月5日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年2月5日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ