認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

沖縄県金武町のふるさと納税・地域の情報

金武町/きんちょう

沖縄県金武町の地域情報

沖縄県金武町は、同県国頭郡の最南端に位置する町です。沖縄本島の中央東寄りにあり、南東部は太平洋に面して平安座島・宮城島・伊計島といった金武湾沖の島々を望みます。陸上では北東側で宜野座村と、南西側でうるま市と、北西側で恩納村とそれぞれ境を接しています。恩納村との間には恩納岳連山がそびえています。
金武町の中心部は、うるま市の中心部からは直線距離にして約9キロメートル東北にあります。車での移動時間は約12分です。県庁所在地である那覇市の中心部からは、約36キロメートル北東に位置します。
金武町は古くから湧水の豊かな町として知られており、町内では水資源を生かした花卉・果樹等の栽培が行われています。沿岸部には漁港も立地します。

沖縄県金武町のふるさと納税寄付の使い道一覧

・保健・福祉の充実に関する事業
・教育・文化の振興に関する事業
・生活環境・基盤の整備に関する事業
・環境衛生・防災対策の推進に関する事業
・産業の振興に関する事業
・その他まちづくりに資する事業

出典:金武町ふるさと納税サイト|寄付金の使い道
(http://furusato-kin.jp/furusato_tukai.php)

沖縄県金武町についてのイメージ調査

沖縄県金武町とはどのようなところでしょうか。アンケートで50人に尋ねてみました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:沖縄県金武町

【回答数】
自然:27
伝統:1
観光:14
経済:3
人情:2
閑静:2
便利:1



1位は自然という結果になりました。
・金武町は金武大川が有名です。そのため自然のワードを選択しました。金武大川は、沖縄県金武町にある井泉です。平成4年(1992年)5月7日に、金武町指定文化財に指定されました。1日の湧水量は1000トンを超え、上水道が普及する以前は、飲料水や洗濯用水として利用され、周辺住民の生活と密接に結びついていました。干ばつ時も水量は変わることなく、現在も「長寿の泉」として親しまれています。(30代/女性)
・菊などの花卉類、さとうきび、マンゴーなどのフルーツのほか、豊富な水資源を活用して、田芋や米の栽培がさかんに行われています。紅茶・緑茶も生産されており、紅茶は株式会社沖縄ティーファクトリーにより「琉球紅茶」として販売されています。(30代/女性)

金武町のイメージとしては豊かな自然に恵まれてさとうきびや花、フルーツ、芋などの栽培が盛んということが知られているようです。琉球紅茶というお茶類の栽培も挙げられていました。その源として、金武町には豊富な水資源があることも知られているようです。

2位は観光となりました。
・金武町には米軍基地のキャンプハンセンがあることで、独特なアメリカンな雰囲気が漂い同じ日本とは思えない独特な街並み。沖縄のソウルフードのタコライス発祥の地として有名で80年代のアメリカ風のタコライス屋さんやバーなどがあり沖縄観光の一つに加えるとまた違う沖縄の顔をみることができるかもしれない。(30代/女性)
・沖縄県金武町は県の東海岸に位置し美しい街です。金武町の約60%がアメリカ軍の用地になっています。高台から見る海はエメラルドグリーンで砂浜の白さとのコントラストが素晴らしく、見晴らしの良い高台で臨時停車する観光バスが多くなっています。又金武町には緑豊かな公園が多く、観光客が散策疲れに休憩する姿を見る事が出来ます。(70代/男性)

美しい海を見渡すことのできる金武町は町の大部分を米軍キャンプが占めています。そのため、街にはアメリカンな雰囲気があることが述べられています。また、金武町はタコライス発祥の地としても知られています。

その他には経済、人情、閑静などが挙げられていました。
・金武町は、沖縄県国頭郡にあります。菊などの花卉類、さとうきび、マンゴーなどのフルーツのほか、豊富な水資源を活用して、田芋や米の栽培がさかんに行われている。紅茶・緑茶も生産されており、紅茶は株式会社沖縄ティーファクトリーにより「琉球紅茶」として販売されている。(40代/女性)
・米軍基地がある町なので、米軍に土地を貸している人も多い。また、米軍の人たちが夜の町へ繰り出すことも多いので経済的に潤ってる人も多いと思う。金武町といえばタコライスが有名。タコライス発祥の地で量も多くおいしい。(30代/女性)
・アメリカっぽい雰囲気が人を集めているものの、観光というより普段らしさの方が強く、インパクトからすればそれよりこの地特有の人情の方が印象深い。自然も豊かでのびのびとし、ゆるやかな時間がそうした人情を作り出したように映る。(40代/女性)
・金武は中部のエリアに位置しており、那覇からは少し離れた静かなエリアです。米軍の基地があるのですが騒々しいということはなく、のんびりした雰囲気がありまわりは小さな山などに囲まれています。観光客もそうは多くもない地元の土地と言えるでしょう。(40代/女性)

米軍キャンプとの関わりによる経済面での影響などが挙げられていました。人の多い観光地から少し離れており、静かなエリアとしてゆるやかな日常生活や住んでいる人の人情を感じている人が多かったようです。

アンケート調査の結果、沖縄県金武町は豊富な水資源に恵まれた静かなところというイメージが強いことがわかりました。米軍キャンプが町の大部分を占めているので、アメリカンな雰囲気が漂い、経済的な影響がイメージされることが多いようです。タコライスの人気はとても高いようです。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年1月15日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年1月15日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ