認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

沖縄県恩納村(おんなそん)のふるさと納税・地域の情報

沖縄県恩納村の地域情報

沖縄県恩納村は、沖縄本島の中央部分に位置し美しい東シナ海を望むことができる村です。村の8割を山岳地帯が占め、そして3割が軍用基地に使用されています。山岳地帯の山林にはリュウキュウマツなどが植えられ、恩納岳にはヤンバルクイナが生息していたと考えられています。恩納村は1908年に生まれ、海洋博覧会を機に道路整備が進み、それ伴い観光地として発展してきた地域でもあります。観光名所は、象の鼻のような形の岩が特徴的な万座毛・広く青い海が一望できる万座ビーチやムーンビーチ、海底が青く光り輝いて見える青の洞窟などがあり、ここでしか味わえない貴重な経験が楽しめます。また、毎年住民が増え続けている人気の高い村です。

沖縄県恩納村のふるさと納税情報

寄付金は、自然環境の維持・再生・地域振興・子育て支援・健康づくり・青少年育成等に関する事業に使わせていただき、個性豊かな村づくりに役立てています。

出典:ふるさとづくり応援寄付金|恩納村ふるさと納税サイト|
(http://www.vill.onna.okinawa.jp/politics/furusato/1484735900/)

沖縄県恩納村についてのイメージ調査

沖縄本島の中央、西側に位置する沖縄県恩納村は海や緑の美しさからリゾート地としてもその名をはせています。今回は沖縄県恩納村についてどのようなイメージを持っているかについて50人を対象にアンケートをとってみました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:沖縄県恩納村

【回答数】
自然:20
伝統:1
観光:25
経済:1
人情:0
閑静:2
便利:1




アンケートの結果、観光というイメージを持っている人が半数を占めました。
・恩納村には有名な観光スポットがいくつもあります。万座毛は断崖上の芝の平坦地と青い海が美しい調和を見せ、真栄田岬はシュノーケルで人気です。また琉球村は古き沖縄の姿をそのまま再現した観光施設で、さまざまな体験教室やショーが楽しめます。(50代/女性)
・恩納村といえば、観光っていう程、ホテルやその他の施設が充実していて、沖縄県内外から観光客がいっぱいやってくる程観光名所だと思います。安く泊まれるホテルから高級ホテルまで取り揃えていて、海外の観光客が来て困らない外国語も充実しています。ホテルの周りはほぼ海が見渡せてオーシャンビューなどのホテルが多いです。街中を走っていると、沖縄料理が食べられる店が多く、沖縄の郷土料理が食べることができます。(10代/女性)
大自然を感じられる景勝地だけでなく、琉球文化の体験施設やマリンスポーツなど、幅広いジャンルを楽しむことができるスポットが多いことから、観光地のイメージを抱いている人が多いことがわかります。ホテルやレストランも多く、観光客にやさしいという点も影響していると言えそうです。
次いで多かったのが、自然というイメージです。
・読みの難しい「おんなそん」と呼ぶこの村は、何と言っても紺碧色の海が呼び物です。シュノーケルでもぐれる「青の洞窟」は、神秘の世界へといざない、万人の人が座れるという万座毛は、自然が作り出した不思議な景観です。(50代/女性)
・宿泊の際に利用したことがあり、綺麗なビーチが続くエリアといった印象が強く残っているので。ビーチの数も多く、自然豊かな場所で、ゆったりと過ごすことができました。自然の癒しを求めてまたぜひ訪れたい場所です。(20代/女性)
圧倒的に海のイメージを抱いている人が多い様子が伺えます。シュノーケルやダイビングを好むアクティブ派にも、ビーチでゆっくり過ごすのんびり派にも支持されている海の存在が、自然というイメージと恩納村を結びつけたのかもしれません。
他にも少数ながら、閑静、経済、伝統、便利というイメージを持っている人の意見もあがりました。
・静かそうでのんびりと過ごせるエリアだと思うからです。観光名所もあるので観光にも最適そうだし、自然も豊かそうなので、癒されそうな感じがします。夏は暑くて大変そうだけど、年中通して暖かそうなので、過ごしやすいと思います。(20代/女性)
・日本屈指のリゾート地であり、東シナ海の海岸に沿って走る国道58号線沿いには多くの大型リゾートホテルが立ち並ぶ。アメリカ合衆国のビル・クリントン大統領やロシアのプーチン大統領などの世界の首脳も、2000年の九州・沖縄サミットの際には当村のホテルに滞在した。(40代/男性)
・沖縄県恩納村の「琉球村」は、赤煉瓦の屋根に魔よけのシーサーが立つ古い民家や製糖工場・窯場などが立ち並び、古き沖縄の姿をそっくり再現している観光名所です。入口を入るとナカサージにムムチハンターという琉球らしい衣裳を身にまとった村人たちが来園者を歓迎してくれます。また、琉球舞踊の衣裳に使われる紅型染色や藍染・織物など、沖縄の伝統工芸の教室や優雅な琉球舞踊、心地良い三線ライブが開催されています。(30代/男性)
・恩納村は沖縄旅行をしたときに訪れたことがあります。なにぶん訪れたのが冬だったのですが、恩納村のビーチの海の色が南国の海の色で感動しました。恩納村はビーチや観光スポットが多く、また沖縄本島のちょうど中央部にあるので、観光にとても便利なところだと思います。あと恩納村には万座毛やインブビーチなど、インパクトのある名前のスポットが多いですね。(40代/男性)
自然に囲まれていることから、静かでゆったりとした時間を過ごせそうだと感じている人もいれば、九州・沖縄サミットといった少し堅い印象を根強く持っている人もいることがわかります。独特ながらも美しく人を惹きつける琉球文化をあげる人や、観光地としてのアクセスの利便性をあげる人もいました。
沖縄県恩納村のイメージ調査の結果、観光と自然という回答だけで9割にものぼり、そのほとんどは肯定的な意見でした。多くの美しいビーチや景勝地が点在している点もさることながら、体験施設やマリンスポーツも満喫できるという点で、観光と自然というイメージが定着しているのではないでしょうか。ホテルとレジャースポットの距離も近く、各種アクティビティもバラエティーに富んでいる沖縄県恩納村は、老若男女問わず世代を超えて楽しめる観光地として多くの人に認識されていると言えそうです。

※本コンテンツについて

  • 記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
  • 記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
  • 無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ