認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

沖縄県本部町のふるさと納税・地域の情報

本部町/もとぶちょう

沖縄県本部町の地域情報

沖縄本島の北部にある本部半島の西部に位置する沖縄県本部町は、沖縄県国頭郡に属する自治体です。町の西部は東シナ海に面しており、本部半島の西方にある瀬底島や、北西にある水納島も本部町の町域にあります。
町の東部は同じく本部半島にある今帰仁村と接しており、南は名護市と接する位置にあります。町の南部には隣接する名護市にまたがって、本部半島でも最高峰である標高453.3mの山、八重岳があります。
本部町の沿岸には本部循環線と呼ばれる二つの国道が通っており、南部に名護市から繋がる国道449号線、北部に本部町から今帰仁村を通って名護市に繋がる505号線があり、二つの道路が本部半島を一周するように繋がっています。

沖縄県本部町のふるさと納税寄付の使い道一覧

・産業の振興及び魅力ある観光地づくりに関する事業
・自然環境の保全及び景観の維持、再生に関する事業
・教育、文化、スポーツ活動の充実に関する事業
・町民の健康増進及び福祉の向上に関する事業
・町民によるまちづくり活動の推進に関する事業
・その他事業

出典:本部町ふるさと納税サイト寄付の方法使い道状況
(http://furusato-motobu.jp/furusato_hou.php)

沖縄県本部町についてのイメージ調査

沖縄県本部町について、どんなイメージがあるのか調査をしましたので、結果を見ていきましょう。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:沖縄県本部町

【回答数】
自然:18
伝統:2
観光:27
経済:0
人情:1
閑静:0
便利:2


アンケートの結果は、観光が最も多いという結果でした。
・沖縄県本部町は美ら海水族館が有名な町ですが、観光スポットはそこだけではありません。海洋博公園内にある熱帯ドリームセンターは、植物好きにはたまらない珍しい熱帯植物が施設ないに生殖します。都会では、あまり見られない柄の胡蝶蘭やドリアン、カカオなどの木や実を見ることができます。また、バベルの塔のような展望からは沖縄の美しい海を一望できます。(30代/女性)
・抜群に海が美しく、見どころも多い観光地だと思います。沖縄美ら海水族館や沖縄記念公園、水納島、ウミガメ館、熱帯ドリームセンターなど沖縄の大自然を満喫できる観光スポットが非常に多く、何度でも訪れたい観光地だと思います。(40代/男性)

美ら海水族館が全国的に有名で観光客が集う町という印象が強くあるようです。それ以外にも熱帯の植物が見られる施設やウミガメ館など数々の観光スポットがあることがわかります。

次に多かったのは、自然です。
・本部町には、沖縄国際海洋博覧会が行われた海洋博公園があります。本部町に属する水納島は、珊瑚礁に浮かぶ三日月型の小さな島で、上から見るとクロワッサンに見えることから、「クロワッサンアイランド」とも呼ばれています。ビーチの透明度は自慢の一つです。(40代/女性)
・農業が盛んだから。県下パイナップル栽培の発祥地でパイナップルのほか、キクやサトウキビ、アセロラや柑橘類の栽培と養豚と、大正時代からの伝統を持つ鰹一本釣り漁が行われる。北西部一帯は大半が隆起サンゴ礁からなる。(20代/男性)

透明度が高く美しいビーチや海洋博公園などがあり、農業も盛んに行われているため、自然という印象をあげる人が多くいました。

そのほかの回答は、伝統や便利、人情があげられています。
・年間300万人が訪れる沖縄で最も人気のある沖縄美ら海水族館があるのが本部町で、約1万発の花火大会、全国トリムマラソン、桜まつりなどのイベント開催、水納ビーチや瀬底ビーチといった国内有数の透明度を誇るビーチが特徴です。(30代/男性)
・海に面しているために、シーズンには大勢の観光客で賑わうエリアです。また、沖縄美ら海水族館や国営沖縄記念公園など、たくさんの観光施設が建てられていますので、一年を通して観光客が多いエリアとして有名です。(50代/女性)
・積極的に自然をアピールしているのも魅力だが、何よりも定期的に祭りや児童オリンピックといった行事を実施しているのが人のつながりを意識しているなと思えた。またとにかく祭りが多いというのもこのエリアならではの特徴だと思う。(20代/男性)

さまざまな祭りやイベントを開催して町の住民のつながりが強いというイメージや、観光客が多いことから訪れやすい便利な町という印象が見受けられました。

アンケート調査の結果、美ら海水族館という観光の目玉があり、それ以外にもたくさんの見どころがある観光地という印象を持つ人が多いということがわかりました。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年2月26日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年2月26日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ