認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

沖縄県南城市(なんじょうし)のふるさと納税・地域の情報

沖縄県南城市の地域情報

沖縄県南城市は、沖縄本島南部の東海岸に位置し、那覇市から南東へ約12キロ、那覇空港からは車で40分圏内にある市域です。静穏な中城湾と太平洋に面しており、東西18キロ、南北8キロの広がりを持っています。面積は49.70平方キロメートル。北は与那原町、西は南風原町と八重瀬町に隣接しています。また、西側を除く三方が海岸線に接し、主に海岸側に集落が形成されています。東部の海岸側は平地が多く、南部の海岸側は台地上の地形となっています。北部の丘陵地から西部にかけては平坦な地形が広がり、そこに市街地が形成されています。離島である久高島も南城市に属しており、こちらは隆起サンゴ礁で平坦な地形をしており、島の南西端に集落を持ちます。

沖縄県南城市のふるさと納税寄付の使い道一覧

・各種イベント支援
・人材の育成
・自然環境の保全
・文化遺産の保護・活用
・健康・福祉の充実
・市長おまかせ

出典:沖縄県ハートのまち南城市|ふるさと納税サイト
(http://www.heart-furu.com/)

沖縄県南城市についてのイメージ調査

このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。

沖縄県南城市はどんな印象を持たれているか50人にアンケートをとってみました。
アンケートの結果、多くの人が観光という印象を持っていることが分かりました。
・南城市は、青く広がる海と草花に囲まれた静かな街で、ハートの形をしたこの地域は、豊かな自然を満喫できる癒やしスポットになっており、絶景のドライブスポットとして知られるニライカナイ橋や、世界遺産の斎場御嶽、神の島と呼ばれる久高島、人気観光施設のおきなわワールドなどがあり、最近はおしゃれなカフェが人気で、観光というワードがしっくりきます。このエリアと言えば、ノニジュースです。(50代/男性)
・沖縄に行った時、必ず立ち寄るのが玉泉洞です。色々観光地はあるのですが、洞窟の中にミントグリーン色の池?みたいのが一つあって、とても綺麗な色でいつまで見ても飽きないんです。子供たちは大蛇・リスザルが大好きです。また行く機会があったら他の場所にも行ってみようと思います。(40代/女性)

コメントからも分かるように、豊富な観光資源があるという理由で選んでいる人が多いようです。
沖縄県南城市は沖縄の一大観光エリアとして全国的に人気があります。貴重な自然環境やテーマパークなど開園することで訪れる観光客を魅了しています。南城市は有数のドライブコースとしても知られており青い海に吸い込まれるような感覚を体験できます。またお洒落なカフェに立ち寄ってのんびりする人も多くいます。

次に多いのが自然という印象を持っていることが分かりました。
・沖縄県南城市といえばやはり、広々としていてとても美しい風景が広がっている絶景スポットである場所であって、非常に自然を感じることのできる地域であると思うからです。また、南城市といえばそのほかには、美味しい沖縄そばが特産品の一つでもあるところでもあると思うので、このエリアといえば沖縄そばだと思います。(20代/女性)
・沖縄県は海洋県で海の幸を堪能する事ができるのはもちろん、マリンスポーツが盛んです。南城市もその点では全く同じで、マリンスポーツか盛んに行われています。夏になると海水浴客やサーフィン客がたくさん訪れます。(40代/男性)

コメントからも分かるように、美しい風景という理由で選んでいる人が多いようです。
沖縄には息を呑むような絶景スポットが数多く存在しますが、南城市にも沖縄らしい美しい風景が広がります。広々としたサトウキビ畑やコバルトブルーの海は南城市の代表的な風景です。地域の自然環境を活かした特産品も多く名店として知られる沖縄そばのお店で舌鼓することもできます。また海ではマリンスポーツが盛んに行われており大自然の中でリフレッシュするには最高のエリアです。

また、他にも便利や伝統のような意見も見られました。
・この地域は商業施設が充実しており、生活していくにあたって必要になる日用品や食料品などを手軽に入手することが出来ます。車などの移動手段を用いることで行動範囲が広がりより便利な生活を送ることが可能になります。(20代/男性)
・「おでかけなんじい」という乗合タクシーは、出発30分前までに予約し、久高島内を除く南城市内の任意の場所で乗降が可能で便利です。斎場御嶽の「せーふぁ」は「最高位」を意味し、「斎場御嶽」は「最高の御嶽」の意味となり、これは通称です。(30代/女性)
・南城市は、沖縄本島南東部の一部と久高島、奥武島からなっている地域で、静穏な中城湾と太平洋に面しています。神の島ともいわれる久高島、世界遺産の斎場御嶽、東御廻りの文化遺産など貴重な歴史・文化史跡が残る地域です。また、伝統的な芸能・民俗は学術的にも貴重であり、沖縄の歴史・文化・信仰の原点の地となっています。(60代/男性)

南城市には大型商業施設が幾つもあり、買物をするには大変便利な地域です。交通網も整備されているので渋滞もなく快適に移動できます。また南城市はタクシー業が盛んなのでマイカーを持っていなくても大きな生活に支障はないでしょう。回答者の中には伝統という項目を選んだ人もいます。世界遺産にも登録された斎場御嶽は古くから信仰の対象となっていました。今でも南城市には独特の伝統文化が残っていることが回答理由となっています。

沖縄県南城市のイメージ調査の結果は観光や自然という回答が大部分を占めました。南城市は自然環境を活かした観光業が盛んで、テーマパークや食事処、カフェなども多くあります。 インフラ整備や商業開発も進んでいることから観光客だかでなく、地元の人たちも快適に暮らせる環境と言えます。世界遺産や伝統文化を抱える南城市は魅力の詰まったエリアです。

※本アンケートはサグーワークスにて2018年2月13日よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年2月13日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

沖縄県南城市のふるさと納税お礼品に関するアンケート調査

沖縄県南城市でふるさと納税するなら次のうちなにがいい?

さっぱりとした脂とまろやかな食感がクセになる! 沖縄あぐー豚肉
・あぐー豚は自分ではなかなか買わないのでお礼品として少し贅沢気分で味わいたい(20代/女性/専業主婦)
・あぐー豚は、肉質が霜降り肉で脂に甘みと旨みがあり、頭数が少なく貴重なのと、沖縄を代表する存在なので選びました(30代/男性/個人事業主)
・全国区で有名な品です。食べたことがないのでぜひ食べてみたいです(30代/男性/個人事業主)
・あぐー豚肉を選びました。沖縄といえばあぐーというくらい有名な豚肉だそうなので、一般的な豚肉とどのような違いがあるのか試してみたいです(40代/男性/正社員)
あぐー豚肉といえば、沖縄を代表する全国的にも有名なブランド豚肉です。霜降り肉なのにさっぱりとした脂やまろやかな食感が特徴で、頭数が限られているため沖縄でも手に入りにくい一品として知られています。人気のブランド豚肉を贅沢に楽しみたい、普通の豚肉とどう違うのか食べ比べたいという意見が多く寄せられました。しゃぶしゃぶをはじめとしたさまざまな肉料理に使えるので、お気に入りのメニューに使ってみるといいでしょう。沖縄が誇る貴重な豚肉、この機会にぜひ味わっておきましょう。
これぞ南国の味! 甘くて食べやすい沖縄マンゴーケーキ
・温暖な気候と豊かな自然の印象。甘いものが好きなので沖縄らしいマンゴーを味わいたい(20代/女性/学生)
・マンゴーのアイスやジュースなどはよく目にしますが、ケーキは意外と見かけないですし、沖縄のマンゴーが濃厚にぎゅっと詰まっていそうで、沖縄に行った気分になれそうなので選びました(40代/女性/個人事業主)
・もともとフルーツもケーキも大好きだからです。沖縄のマンゴーなら、とても期待できます(50代/女性/個人事業主)
・マンゴーもスイーツも好きなので、好物の2つが一度に楽しめると嬉しいから沖縄マンゴーケーキを選びました(20代/女性/学生)
日本の最南端に位置する沖縄県は、温暖な気候をしているためトロピカルフルーツの栽培も盛んです。そんなフルーツの代表格ともいえるマンゴーを、贅沢にもケーキに加工したのが沖縄マンゴーケーキです。マンゴーそのものはよく見かけるものの、ケーキに加工されているのはかなり珍しく、食べてみたいという回答が目立ちます。マンゴーとケーキ、2つのスイーツを一度に楽しめるというちゃっかりした回答も見られ、特に甘いものが好きな女性の支持を集めているようです。皮をむいたりカットしたりする手間もかからず、サッと食べられるのも人気の秘密になっています。
あっさり豚骨スープが魅力! 伝統の沖縄そばセット
・沖縄でも珍しい豚骨ベースのそばであっさりとしているので食べてみたいから(30代/女性/専業主婦)
・沖縄グルメとして有名な、沖縄そばセットなら自宅で手軽に楽しめて喜ばれると思います(30代/女性/専業主婦)
・伝統的な沖縄そばを家庭で簡単にいただけることに魅力を感じますね(40代/女性/パート・アルバイト)
・この地域の特色を生かしながら、保存のきくものがいいと思ったから(20代/男性/学生)
沖縄の伝統的な食べ物としても有名なのが、まるでラーメンのような「沖縄そば」です。そばやスープ、トッピングの豚肉が一緒になった沖縄そばセットが、南城市のお礼品として高い人気を集めました。沖縄そばは沖縄でしか食べられないことが多いので、自宅で手軽に食べられるという理由で選んだ人が多いようです。豚骨ベースなのに飲むと意外とあっさりしているスープは、沖縄そばやトッピングの豚肉とよく絡んで相性も抜群です。ラーメンとは一味違った伝統の沖縄そばを味わうことができるので、ぜひ一度お試ししてみてはいかがですか!
ジューシーな肉汁と旨味があふれる! あぐー餃子
・沖縄のあぐー豚は気になるが、肉そのままよりも餃子になっている方が食べやすいと思ったから。また、あぐー豚は豚肉の一種なので、他のものよりも食べやすいと感じたから(20代/女性/無職)
・主人は餃子好きなので、我が家の食卓にはよく餃子が出ます。しかし、さすがにあぐー豚を使った贅沢な餃子は食べたことがないので、食べさせてあげたいと思い選びました(30代/女性/専業主婦)
・あぐー豚は、脂がのっていて美味しいから選びました。餃子に加工されていれば、夕食の時にすぐ出せるので便利だと思います(20代/女性/正社員)
・調理のしやすさが選択肢の中で一番であることと、単純に美味しそうだと感じた(20代/女性/正社員)
沖縄の貴重なあぐー豚肉を贅沢にも餃子に使用したのがあぐー餃子というお礼品です。しっかりとした皮に閉じ込められた豚肉からはジューシーな肉汁があふれ出し、焼き餃子はもちろん水餃子にしても美味しく食べられます。食事のときに食べやすい、もともと餃子が好きであぐー豚肉の餃子も食べてみたいという回答が多かったようです。料理が苦手な人でも手軽に名産品を楽しむことができるので、あぐー豚が気になっている人は取り寄せてみるといいでしょう。
沖縄の名産品がズラリ! アンケート結果を振り返る!
沖縄県南城市のお礼品は、やはり沖縄らしさを生かした名産品が注目される結果となりました。ここでしか選べないものを楽しみたいという回答が多く、特に全国的にも有名なあぐー豚は高い人気を集めています。マンゴーケーキも沖縄そばも、沖縄以外ではほとんど見かけないものばかりです。

※本アンケートはサグーワークスにて2018年6月1日よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年6月1日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

※本コンテンツについて

  • 記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
  • 記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
  • 無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ