認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

沖縄県豊見城市(とみぐすくし)のふるさと納税・地域の情報

沖縄県豊見城市の地域情報

沖縄県豊見城市は、沖縄県の県庁所在地である那覇市の南側に隣接する市です。沖縄本島南部の西側に位置し、東シナ海に面しています。また、糸満市、島尻郡南風原町及び八重瀬町と隣接しています。市の中部を饒波川が西へ流れ、のちに北流して漫湖へと注ぎます。
600mほどの沖合には、橋が架かり自動車での往来が可能な瀬長島という無人島があります。歴史、文化、景観のいずれの面でも人気が高い観光スポットです。同時に、県民憩いの場としても多くの人々が利用しています。
近年では那覇市のベッドタウンとして人気が高く、人口が増加しています。2000年には約5万人だった人口が、2015年には約6万1千人と、1万人以上増加しています。(総務省統計局 国勢調査より)

沖縄県豊見城市のふるさと納税寄付の使い道一覧

・協働と交流によるまちづくり
・子どもが活きる学びと文化のまちづくり
・共助でつくる健康文化と福祉のまちづくり
・持続可能な環境と安心・安全のまちづくり
・地域特性を活かした産業創造のまちづくり
・都市とみどりが調和するまちづくり
・指定事業なし

出典:平成28年度豊見城市ふるさとづくり寄附金の状況
(http://www.city.tomigusuku.okinawa.jp/userfiles/files/H28kouhyou%281%29.pdf)

沖縄県豊見城市についてのイメージ調査

沖縄県豊見城市がどんなイメージなのか、50人の方にアンケートしてみました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:沖縄県豊見城市

【回答数】
自然:18
伝統:2
観光:17
経済:3
人情:0
閑静:3
便利:7


アンケートの結果、「自然」が1位に選ばれました。
・沖縄県豊見城市はマンゴーです。沖縄の太陽の恵みで甘いマンゴーが出来ます。サトウキビのイメージ強いですが、私はマンゴーのソフトクリームとか大好物です。旅行の際は食べたいです。来年の旅行は沖縄に決めました。(40代/女性)
・豊見城市内にはしおさい公園やマングローブで知られる漫湖があり、珍しい鳥が渡って来るため、野鳥愛好家や写真家に人気のスポットだからです。豊見城市といえばウージ染めのポーチやハンカチがお土産として人気です。(30代/女性)
コメントからは南洋の島しょ部にふさわしい、数多くの自然豊かなスポットが登場しました。特に「さとうきび」や「マンゴー」などのワードが並び、温暖な気候の下で自然の恵みにあふれた環境をうかがい知ることができました。「自然」のイメージにはピッタリなエリアであることが理解できるでしょう。

アンケートの2位には、僅差で「観光」が選ばれました。
・沖縄本島の南部のエリアにある豊見城市はショッピングモールやイベント会場など、観光ができる便利な施設が最近では有名ですが、静かなビーチやドライブに最適な景色のいい場所など、沖縄を感じられる観光地も多々あります。(40代/女性)
・豊見城市には、美しいビーチや、大きなアウトレットモールなど、多くの観光客が訪れる観光スポットが多くあり、沖縄観光を満喫できる街だからです。市内には、沖縄名物を食べる事ができる店も多くあります。レンタカー店も多くあり、観光の拠点にもぴったりの街です。(30代/女性)
ここではビーチや湖沼など自然を感じさせる観光スポットの他に、ショッピングモールやリゾートホテルなど、観光客向けの各種施設についても、幾つかのコメントで言及されていました。自然とつながりの深い観光資源を活かすと同時に、観光施設も整備され充実しているエリアの実情が、よく分かるアンケートの結果となりました。

3位以下については「便利」がランクインした他、「経済」と「人情」が同順位で並び、さらに「伝統」が続きました。なお「人情」はゼロでした。
・豊見城市は那覇市に隣接しているため、便利なところです。また豊崎地区は市街地として整備されてきたため、住みやすく交通のアクセスもよくなってきてます。空港まで道が繋がったため移動が楽になり、高速道路も利用しやすいです。(30代/男性)
・ここは、沖縄本島南部に位置する町ですね。主な産業は、商業施設、工業ですね。酒造会社、お菓子屋などいろいろとあります。企業が進出しているのでいろんなアウトレットモールがあったりと便利ですね。行ってみたいですね。(40代/男性)
・沖縄を代表する行事であるハーリー発祥の地として、600年間の伝統を守っているからです。個人的に魅力を感じるのは、1400年頃に築かれた豊見城城です。殆ど遺構は残っていませんが、沖縄の三山時代の面影に触れることができます。(40代/男性)
コメントでは、隣接する那覇市への交通利便性や、空港へのアクセスの良さなどから、「便利」をイメージする方が見られました。さらに観光地を中心としながら、商業や工業など企業活動が盛んなことも、「経済」のコメントからうかがえました。他方で、「伝統」のコメントからは、歴史ある城跡や古くから伝わる行事が挙げられ、観光地のイメージとも深く関わっていることが見て取れました。いずれも地域をよく知る人々の実感を映した、的確なアンケート結果と言えそうです。

アンケート調査の結果、沖縄県豊見城市は南洋の自然あふれる環境や、脈々と受け継がれている伝統文化を活かしながら、観光を主体とした経済の活発なエリアであることが分かりました。

※本コンテンツについて

  • 記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
  • 記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
  • 無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ