認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

沖縄県名護市のふるさと納税・地域の情報

名護市/なごし

沖縄県名護市の地域情報

沖縄県名護市は沖縄本島の北部に位置しています。中央部を沖縄自動車道が通っていて美しい海岸線は見どころも多く、ビーチや水中公園、各種観光施設が揃っていて観光客が途絶えることがありません。
名護市内では商業・観光業が盛んですが、果樹・野菜栽培、カツオ漁やタイ・エビの養殖など漁業も盛んです。
名護湾に面した中心市街には、国や県の出先機関もたくさんあります。また、名護市役所市庁舎は日本建築学会賞作品賞を受賞したこともある独特の景観で知られています。外気を建物内部に取り込む自然換気の建物としても話題になりました。
名護市は2000年に行われたG8サミット(主要国首脳会議)の開催地にもなりました。また、市内にはキャンプ・シュワブで知られる米軍基地も存在しています。安全性への議論や自然環境との兼ね合いなど、今も熱い議論が続いています。

沖縄県名護市のふるさと納税寄付の使い道一覧

・地域経済の活性化と雇用の創出を推進するための事業
・総合的な子ども支援と健康・生きがいづくりを推進するための事業
・安全・安心・平和なまちづくりを推進するための事業
・環境にやさしいまちづくりを推進するための事業
・国際化・高度情報化社会を推進するための事業
・協働の仕組みづくりを推進するための事業

出典:名護市ふるさと納税のご案内|財政課|総務部|各課情報|名護市役所
(http://www.city.nago.okinawa.jp/5/4969.html)

沖縄県名護市についてのイメージ調査

名護市はどんな印象を持たれているか、50人にアンケートをとってみました。



このエリアを表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:沖縄県名護市

【回答数】
自然:19
伝統:1
観光:15
経済:9
人情:1
閑静:1
便利:4


アンケートの結果、多くの人が自然という印象を持っていることが分かりました。
・沖縄県の名護市は、数多くの美しいビーチがある地域です。たとえば、ブセナビーチやジュゴンの見える丘などが有名です。年中、青く透き通った海水をたたえていますので、観光客に大人気です。沖縄にしかいない海の生物と出会えます。(女性/30代)
・バードウォッチングにも最適な多野岳やマングローブの林、高さ28メートルの轟の滝など、豊かな自然が残されているからです。個人的に魅力を感じるのはネオパークオキナワで、エミューやカブトホロホロチョウなどの希少動物を見てみたいです。(男性/40代)

コメントからも分かるように、名護市の海や動植物園に珍しい生き物が生息するという理由で、自然を選んでいる人が多いようです。沖縄本島北部に属する名護市では、暖温帯の気候が特徴であり、熱帯地方の動植物が数多く生息しています。名護市の動植物園である「ネオパークオキナワ」では、アフリカの湖や乾燥林、密林ジャングルを再現しており、フラミンゴやショウジョウトキ、エミューなど日本では珍しい生き物が飼育されています。

次に多いのが観光という印象を持っていることが分かりました。
・名護市にはブセナ海中公園、ネオパークオキナワ、ナゴパイナップルパーク、オキナワフルーツランドなどの観光スポットやテーマパークに、ブセナビーチやワルミ大橋、屋我地島などの景勝地も多く、美しいビーチがたくさんあるので。名護市にあるオリオンハッピーパークでは工場見学の最後にオリオンビールの試飲もでき多くの人で賑わいます!(女性/30代)
・沖縄県名護市は、たくさんの人々が観光で訪れる市です。観光の際に宿泊するホテルとして、ザ・ブセナテラスは、高級リゾートホテルとして有名です。このホテルは、最近では九州沖縄サミットの会場にもなっています。(女性/40代)

コメントからも分かるように、観光スポットが数多く存在するリゾート地という理由で観光を選んでいる人が多いようです。ブセナ海中公園は名護市の部瀬名(ぶせな)岬にあり、リゾートの雰囲気が楽しめるザ・ブセナテラスホテルや、亜熱帯の植物が並ぶ白い砂のブセナビーチ、海の中を見渡せる海中展望台などがあります。また、沖縄の「オリオンビール」の製造過程が見学・試飲できるオリオンビール名護工場や、マングローブ植物の宝庫である屋我地島などが観光名所として人気のようです。

また、他にも経済、便利といった意見も見られました。
・名護市は、沖縄県の沖縄本島の北部に位置している地域です。2000年には、G8(主要国首脳会議)が開催された場所です。この地域には、オリオンビールの工場があります。また、ヘリオス酒造の本社があります。このように、多数の酒造所がこの町にはあります。よって、経済というワードを選択しました。(男性/50代)
・沖縄本島北部地域の中心都市で国や県の出先機関も多く、商業が活発だから。又、沖縄自動車道が通じ、海岸は景勝地で海水浴場もある。更には、平成12年に行われたG8(主要国首脳会議)の九州・沖縄サミットの開催地としても話題を集めた。(男性/20代)
・路線バスは、市中心部近くにある名護バスターミナルを運行拠点としている。そのため、名護市から様々な地域へ行くことができるため、非常に便利。(女性/20代)

コメントを見ても分かるように、名護市は各国首脳が集まる2000年沖縄サミットの開催地となっており、サミット開催のために那覇空港から名護市への自動車道が開通し、交通の利便性が向上したエリアでもあります。また、観光スポットとしても有名なオリオンビール工場をはじめ、酒造が盛んである名護市に経済のイメージを持っているという意見もありました。

名護市のイメージ調査の結果、名護市は海や森林に希少生物が数多く存在する、自然豊かな市だという印象を多くの人が持っており、また美しい景観・多くの観光名所を有するリゾート地としても人気であることが分かりました。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年1月15日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年1月15日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ