認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

長崎県波佐見町のふるさと納税・地域の情報

波佐見町/はさみちょう

長崎県波佐見町の地域情報

長崎県波佐見町は長崎県のほぼ中央に位置し、佐賀県との県境に接している町です。県内では唯一海に面していない内陸の町で、主に北から西にかけて高さ100~500mほどの山に囲まれており、町の中央を流れる川棚川沿いの平地に集落や水田が存在しています。
県都・長崎市からは北へ約65km、西に隣接する佐世保市の中心部からは東へおよそ20kmの距離にあります。南には川棚川が流れ大村湾へと注ぐ川棚町があり、東側は佐賀県嬉野市や武雄市、有田町が接しています。鉄道は町内にはありませんが、近隣のJR佐世保線三河内駅やJR大村線川棚駅からバスでアクセスが可能です。車では西九州自動車道波佐見有田ICがあり、佐世保や福岡方面へのアクセスが便利です。

長崎県波佐見町のふるさと納税寄付の使い道一覧

・ふるさとを元気に楽しくする活動に関する事業
・未来に伝えたい伝統文化の保存、整備に関すること
・懐かしい景観、新しい町並み整備に関する事業
・次世代を担う子供たちの健全育成に関する事業
・その他町長が必要と認める事業

出典:ふるさとづくり応援寄附金(ふるさと納税制度)
(http://www.town.hasami.lg.jp/machi/kurashi/6/3/1399.html)

長崎県波佐見町についてのイメージ調査

50人の方にアンケートを取り、長崎県波佐見町についてのイメージ調査をしました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:長崎県波佐見町

【回答数】
自然:5
伝統:23
観光:12
経済:3
人情:1
閑静:4
便利:2


アンケートの結果、伝統が多いという結果でした。
・町名でもありますが、波佐見焼は400年も続く伝統です。その昔大村藩主が始めて、江戸時代には磁器の生産日本一にもなったほど盛んに生産されました。今も、お茶碗やお湯呑みなど身近な食器が生産されていて、とても馴染み深い場所です。伝統を守るだけでなく、ブランドとのコラボレーションなど現代的なデザインも意欲的に取り組まれていて、目が離せません。(50代/女性)
・波佐見町と言えば、その町名が焼き物の名前になっている「波佐見焼」のイメージが強いです。そのため「伝統」を選択しました。白磁に青い色付けをしたものなど、現代風のものもあり、今後も長く続いていく伝統的な焼き物だと思います。(40代/女性)

伝統的な焼き物の町という印象が根強いようで、このイメージが選ばれました。伝統を受け継ぐだけでなく、進化させて続けていこうという姿勢にも伝統を守り続ける町と言う印象を持つのでしょう。

次いで観光が多く選ばれています。
・波佐見町は長崎県のほぼ中央、東彼杵郡北部の内陸部に位置している町です。江戸時代の陶磁器生産地で、波佐見焼が知られています。「金屋神社」「大新登窯跡」といった古くからの歴史ある建築物や史跡も多くあり、「中尾上登窯跡」は国の史跡に指定されています。町の特産品には波佐見焼・日本酒があります。(40代/女性)
・長崎県波佐見町といえば、焼き物だと思います。陶芸の館やさまざまな窯元を訪れるのも趣があっていい観光コースです。また、はさみ温泉は他の温泉と違って、美肌に良いばかりでなく医療機関で使われるほどの健康効果があるそうで、ぜひ行ってみたいと思える魅力ある場所なので、このワードを選びました。(40代/女性)

焼き物の町なので窯元などを回ったり、古い歴史のある建築物や史跡を見て回ったりと、観光スポットには事欠かないという印象があるようです。温泉もあり、見て回ったあとは癒されることもできるという印象も見受けられました。

これ以外の意見は自然や閑静、経済と言うものでした。
・美肌に良いと評判があり、別名「心臓の湯」とも呼ばれ、医療現場でも使われるほど健康効果の高いお湯のあるはさみ温泉や日本の棚田百選に選ばれた名勝地である鬼木棚田があるからです。波佐見町といったら磁器生産地として有名です。(10代/男性)
・長崎県波佐見町は山林に囲まれていますが盆地です。このエリアは江戸時代から続く陶磁器生産が有名であり波佐見焼として全国にもその名が知られています。やきもの公園や古陶磁美術館など陶器に関する施設がたくさんあります。(30代/女性)
・波佐見町は江戸時代前期から陶磁器の生産地となっており、波佐見焼で知られています。それを通して経済が賑わっているのではないかと思います。私はまだ波佐見町についてこのくらいしか知らないので、もっと調べてみたいです。(20代/男性)

自然からの恵みである温泉や棚田に自然を感じるという人や、波佐見焼によって経済的な恩恵があるという印象を持つ人がいました。

アンケート調査の結果、波佐見町は伝統的な焼き物を受け継いでそれを発展させて守り続ける町、というイメージを持たれていることがわかりました。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年2月26日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年2月26日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ