認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

徳島県上勝町(かみかつちょう)のふるさと納税・地域の情報

徳島県上勝町の地域情報

徳島県上勝町は勝浦川の上流に位置しています。徳島県の中央よりやや南東に位置しており、徳島県庁から南西に約40キロメートルにあります。上勝町は東西に19キロメートル、南北に12キロメートルに広がり、面積は109.63平方キロメートルです。町の北部と西部には剣山と中津峯を結ぶ雲早山、高丸山、 旭ヶ丸などの連山がそびえ立っています。町の南部は400メートルから1000メートル級によって形成され、西から東に向かって傾斜している地形となっています。町の北側は名西郡神山町と名東郡佐那河内村に、西側と南側は那賀郡那賀町に、東側は勝浦郡勝浦町に隣接しています。町への公共交通機関でのアクセスは、バスまたは上勝有償ボランティアタクシーを利用します。

徳島県上勝町のふるさと納税寄付の使い道一覧

・ごみゼロ(ゼロ・ウェイスト)推進基金
・森林農地適正管理基金
・文化振興基金
・教育振興基金
・ふるさと創生夢基金
・高齢者福祉推進基金
・消防防災基金
・その他

出典:寄附メニュー | 上勝町
(http://www.kamikatsu.jp/machi/kihumenu.html)

徳島県上勝町についてのイメージ調査

上勝町はどんな印象を持たれているか50人にアンケートをとってみました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:徳島県上勝町

【回答数】
自然:29
伝統:1
観光:10
経済:5
人情:1
閑静:1
便利:3


アンケートの結果、多くの人が自然という印象を持っていることが分かりました。
・雲早山や高丸山など、周囲に山々がそびえていますので、風光明媚な景観を堪能することができるエリアです。また、勝浦川や旭川など、豊富な水資源にも恵まれています。さらに、美しい棚田があることで知られています。(50代/女性)
・川や山などの自然が多く残っていて、川には魚の姿も見られます。山には山菜や野生の動物の姿も見られることもあります。田んぼや畑などの里山がどこか懐かしく感じ、空気も澄んでいて清々しく、夜にはたくさんの星空が見られます。(30代/男性)

コメントからも分かるように、多くの自然が残っているという理由で選んでいる人が多いようです。山と川の調和や、棚田などの自然の形状を活かした生活風景についても意見が見られました。

次に多いのが観光という印象を持っていることが分かりました。
・上勝町とは、徳島県の中部に位置する町で、山と自然に囲まれた地域で、周辺には棚田や、山や、滝や、高原などの自然の観光スポットが沢山あります。特におすすめの観光スポットは、灌頂ヶ滝で、大迫力の滝は綺麗です。(40代/男性)
・徳島県上勝町は美愁湖です。眺めがよく美しい湖ですね。ドライブがすきなので、よく水辺に行きます。運勢が水辺がいいとよく書いてあるので、選んで行っています。湖は静かで波がないので、シーンとしていて心が落ち着きます。(40代/女性)

コメントからも分かるように、観光スポットが豊富という理由で選んでいる人が多いようです。前述の自然の項目に続き、棚田の美しさについてはここでも多くの意見が見られました。

また、他にも町おこしや暮らしに関するような意見も見られました。
・いわゆる中山間地域で高齢化・過疎化が進む地域…という側面もありますが、一方でそれを克服するべく、「葉っぱビジネス」として有名な株式会社いろどりがあったり、その他にも若手がこの地域への移住促進のための事業を展開していたりと、実は地域発の経済発展に向けた活動が活発な地域かと思います。(20代/女性)
・近年、ゴミゼロ運動や第三セクター企業「いろどり」の「葉っぱビジネス」、樫原の棚田、山びこポイントなどがテレビ番組によく取り上げられる。特に2003年9月に出されたゼロ・ウェイスト宣言(ゴミゼロ運動)と「いろどり」については日本全国から取材にくるほどになっている。また、住民参加型のバイオマス利活用にも取組んでいる。(30代/男性)
・勝浦川の上流に位置する町であり、雲早山を町内最高峰として、全体として山岳地帯である。また、四国の町の中では最も人口が少ない。第三セクター企業「いろどり」の「葉っぱビジネス」は注目されている。大自然の恵みを十分受けたところで、交通の便はあまりよくありませんが、それを補って余りある環境が魅力。時が静かに流れるようでゆったりと過ごせます。人情もおおらかで人間関係もあまり煩わしくないように思えます。(50代/男性)

過疎化や高齢化をものともせず、山間部で自然が豊富なことを強みとして活かした経済活動が活発なようです。また、人間関係もゆったりとして生活しやすそうです。

上勝町のイメージ調査の結果、豊富な自然をうまく利用し、生活、経済、観光などを活発化させていることが分かりました。国の重要文化的景観に指定されている棚田の保護、新しいビジネスモデルの葉っぱビジネス、ごみの低減活動など、住民も一体となった活動が盛んなようです。

※本コンテンツについて

  • 記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
  • 記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
  • 無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ