ランキングとレビューで探せる利用率No.1ふるさと納税サイト

和歌山県かつらぎ町(かつらぎちょう)のふるさと納税・地域の情報

和歌山県かつらぎ町の地域情報

和歌山県かつらぎ町は県北東部に位置する町です。紀伊山地と和泉山脈に南北を挟まれた場所にあって、南北に細長い町域を有しているのが特徴です。大阪府や奈良県との境にも接していて周囲には数多くの自治体が隣接しています。県北東端の伊都郡の中では最も西に位置し、東側には同じ伊都郡の九度山町と高野町が隣接。北には大阪府河内長野市や岸和田市、南東には奈良県野迫川村があり、西から南にかけては紀の川市や紀美野町といった自治体があります。
県都・和歌山市からは東へ約27kmの距離にあり、中心駅の一つ・笠田駅から和歌山へはJR和歌山線で最短45分のアクセスです。大阪市の中心部へは電車で最短1時間20分程度、車では高速を利用して1時間10分ほどで出ることができます。

和歌山県かつらぎ町のふるさと納税寄付の使い道一覧

・環境保全
・高齢者福祉の増進
・その他福祉の増進
・スポーツ・文化活動の推進
・過疎・辺地地域の振興
・教育の振興
・ふるさと産品の振興
・観光事業の振興
・文化財の保護・保全
・ふるさと応援

出典:寄附金の使い道 - かつらぎ町
(http://www.town.katsuragi.wakayama.jp/050/080/20170330230929.html)

和歌山県かつらぎ町についてのイメージ調査

このエリアを表していると思うワードを1つ選んで下さい。

和歌山県かつらぎ町の印象について50人にアンケートを行いました。
アンケートでは自然と答えた人が一番多い結果となりました。
・和歌山県かつらぎ町といえばやはり、比較的農業がさかんな地域であって、紀伊山地の非常に豊かな自然を感じることのできる場所であると思うからです。また、かつらぎ町といえばそのほかには、日本国内でも有数の美味しいみかんが特産品のひとつでもある場所だと思うので、このエリアといえばみかんだと思います。(20代・女性)
・和歌山県の北東部に位置するかつらぎ町は、北に和泉山脈、南に紀伊山地があり、町域には紀ノ川・貴志川・有田川が流れています。農業が盛んな地域で、特に年間を通じて様々なフルーツが栽培されています。日本一の規模を誇る平核無柿・串柿をはじめ、イチゴ・梅・柑橘類などを幅広く栽培し、年中観光農園が開設されています。(60代・男性)

コメントにもあるように、山や川を有し、農業が盛んなことを理由に自然を挙げる人が多くなっています。
和歌山県かつらぎ町には和泉山脈や紀伊山地があり、町域には紀ノ川・貴志川・有田川など豊かな自然を感じられる環境にあります。また、フルーツの栽培などが盛んなこともポイントになっているようです。

観光といった意見も数多く見られます。
・かつらぎ町は丹生都比売神社が有名です。そのため観光のワードを選択しました。丹生都比売神社は、全国に約180社ある丹生都比売神を祀る神社の総本社です。「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成資産の一つとして世界文化遺産に登録されています。和歌山県北東部、高野山北西の天野盆地に鎮座しています。空海が金剛峯寺を建立するにあたって、丹生都比売神社が神領を寄進したと伝えられ、古くより高野山と深い関係にある神社です。(30代・女性)
・和歌山県かつらぎ町では、年間を通して様々なフルーツを栽培している程に、フルーツ栽培が盛んな場所だと聞いたことがありましたので、フルーツ狩りをされる為に観光客の方もたくさんいらっしゃるのかなと思い、観光を選びました。(40代・女性)

「紀伊山地の霊場と参詣道」や丹生都比売神社といった名所があり、フルーツ狩りを楽しめることが観光を選ぶポイントになったようです。
町内に農園や歴史遺産を有していることが、観光に適したエリアとの印象に繋がっていると考えられます。

また、アンケート結果には、伝統、人情、閑静といった意見もあります。
・かつらぎ町には、紀伊山地の霊場と参詣道の資産の一つとなっている丹生都比売神社があるので、日本古来の伝統を維持してきた町という印象が強いから。かつらぎ町のおススメスポットは、この神社。国宝や国の重要文化財を多数所有しており、ぜひ行くべき。(40代・女性)
・和歌山の山々に囲まれ、紀ノ川の周辺に位置する自然豊かな土地である。田舎、としか言いようのないエリアであるが、比較的温暖でおだやかなところ。みかん、柿が有名で、散策しているだけで土地の方からもらえたりする。地域の人の温かさが感じられる良い土地である。(40代・男性)
・この地域は閑静な住宅街が並んでいることが特徴的です。一軒一軒の建物が大きく見ていて圧倒されます。住人同士のトラブルも少ないためのびのびと生活していくことが出来ます。こだわって家を建てたいと思うのであればこの広い土地を活用することをお勧めしたいです。(20代・男性)

国宝や多数の重要文化財を有する丹生都比売神社の存在が伝統を強く感じさせる要因となっているようです。また、広い土地を活かした大きな家の多いことが閑静なイメージに繋がっていることが伺えます。住人同士のトラブルが少なく、地域の人の温かさが感じられることを理由に人情を選んだ人もいるように、和歌山県かつらぎ町はのびのびとした地域環境が整っているようです。

和歌山県かつらぎ町のイメージ調査の結果、自然が豊かなエリアとの印象を持っている人が多いとわかりました。観光や伝統といった項目を挙げる人が多数いることからも推測できるように、和歌山県かつらぎ町は自然と人の営みがバランスよく整った町と言えそうです。

※本アンケートはサグーワークスにて2018年1月15日よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年1月15日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

和歌山県かつらぎ町のふるさと納税お礼品に関するアンケート調査

和歌山県かつらぎ町でふるさと納税するなら次のうちなにがいい?

アンケート調査の1番人気は南高梅! やはり和歌山といえば梅のイメージ
・最高の白梅ですね。定番だけどやっぱりこれは外せないです(50代/男性/正社員)
・和歌山県といえば南高梅というイメージが強いので、これ以外には考えられないと思うから(20代/女性/無職)
・かつらぎ町の特産品であり、長持ちする食べ物で、家族全員が南高梅を大好きでいつも食べているから。お礼品が南高梅であるとうれしい(30代/女性/専業主婦)
・和歌山県の梅干しは普段、通販をするほど好きなものなのでお礼品でも魅かれる(20代/女性/正社員)
・和歌山の梅干しは他の地域に比べて別格です。お礼品でいただけるならとてもうれしいです(30代/男性/個人事業主)
和歌山県といえば梅の産地として全国的に知られています。アンケートでも全体の半数近くを南高梅が占める結果となりました。性別や年代を問わず、さまざまな層から回答を集めたのも、人気の高さを裏付けているといえるでしょう。また、お礼品を頼む以前から、自ら通販などで買い求めていたという人もいます。「和歌山の梅は別格」「いつも食べている」などの回答もあり、多くの人が大好物をお礼品としてもらえることに喜んでいるようでした。
アンケート調査の2番人気はあんぽ柿! PRに努力した成果が表れる
・手に入りにくく食べたことがない特産品で、おいしそうなものを選びました。(40代/女性/専業主婦)
・名前は聞いたことがありますが食べたことがないのでぜひ食べてみたいです。種のない品種ということなので子どもにも安心して与えられます(40代/女性/専業主婦)
・柿が名産品だと聞いているし、干し柿なら遠方に送っても日持ちがしそうだから(50代/男性/個人事業主)
・実際にかつらぎ町付近の地域へ旅行したことがあったのですが、自治体の紹介にもある通り本当にフルーツが豊富でおいしかったです。その地域のあんぽ柿が返礼品というのは想像しただけで期待が高まるので、迷わずこれを選びました(30代/女性/パート・アルバイト)
・自治体のホームページでは果物の写真が多くあり柿が食べたくなりました(50代/男性/無職)
アンケート調査の2番目以降の回答は混戦だったものの、あんぽ柿が抜け出した形となりました。理由として「聞いたことがなかったから興味がある」「どんなものか知りたい」など、物珍しさから見てみたいとの意見が目立ちました。一方で、すでにあんぽ柿が全国的にもブランド化している印象もあり、実際に食べたことがある人が「また食べたい」と願って回答したケースも少なくありません。ホームページをはじめとして、自治体によるあんぽ柿のPRが功を奏したともいえるでしょう。
アンケート調査の3番人気は柿の葉寿司! 美味しさは保証ずみ!
・柿の葉寿司は奈良県のイメージが強いですが、隣の県の和歌山県もおいしそう。地元の名産が食べられるのはありがたい(30代/男性/正社員)
・和歌山県かつらぎ町は、柿の葉寿司や柿酢、柿の葉茶などで有名だから(30代/女性/個人事業主)
・柿の葉寿司は大好きです。ぜひお礼品でいただきたいです(30代/女性/正社員)
・柿の葉寿司が有名みたいですし、なかなかその場所まで足を運べないからこういう機会に食べてみたいと思いました(20代/女性/派遣社員)
柿を特産品として宣伝しているかつらぎ町では、おいしい柿の葉寿司も作られています。柿の葉寿司はおいしさが保証されているため、安定した人気が集まり3番目の回答数となりました。柿の葉寿司といえば、隣接する奈良県も有名ですが、だからこそ「さまざまな地域の柿の葉寿司を比べてみたい」との意見もありました。地域ごとの特色を確認できるのもお礼品の醍醐味(だいごみ)でしょう。なお、観光に行けなくてもご当地の味を家庭で味わいたいという人もいました。
アンケート調査の4番人気はこめ油! 女性からの支持率が伸びる
・その土地の個性や特色を生かすことができ、かつ鮮度を保てるものは調味料などだと思うから(20代/男性/学生)
・和歌山のこめ油は有名ですし、いつも使っているのですが、違うメーカーのものを味わってみたいので(40代/女性/無職)
・こめ油は揚げ物で使用した際に油っぽくならず、カリッと揚げられる点で好きなのですが、高い。その点、セットでもらえるとなると長く使えるのでありがたいです(20代/女性/無職)
・地元企業の品だし、こめ油は普通の使い方だけでなくドレッシングにも使えるのがいいから(20代/女性/学生)
かつらぎ町で作られている「こめ油」が4番人気でした。こめ油を知らずにお礼品を通じて興味を持った人もいました。一方、女性からはすでにこめ油を知っていた、あるいは使っているなどの意見も多く寄せられました。健康的で美味のこめ油は、揚げ物などの調理にはもちろん、ドレッシングにも使用可能です。料理に関心のある女性層からは強い支持を集めていました。それでも、自分で買うとなれば決して安くないため、お礼品として贈ってもらえるのは大きな魅力といえそうです。

※本アンケートはサグーワークスにて2018年6月1日よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年6月1日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

※本コンテンツについて

  • 記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
  • 記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
  • 無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ