認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

新潟県胎内市(たいないし)のふるさと納税・地域の情報

新潟県胎内市の地域情報

新潟県胎内市は新潟県の北部に位置する市です。新発田市と村上市に南北をはさまれ、東側は関川村及び山形県置賜郡と接しています。西側には日本海に面した海岸線を有しています。

胎内市の市域は北西部から南東部にかけてかぎ形に曲がったような形状をしており、北西側は海沿いの低地、南東側は内陸の山岳地帯となっています。その間を貫くように、市名の由来となった胎内川が流れています。恵まれた水資源を生かして上流には複数のダムが建設されているほか、中流から下流にかけては稲作をはじめとする農業が盛んです。花卉栽培用の畑は、その美しい景観から観光資源としても活用されています。また、海岸の沖合には日本国内では極めて珍しい海底ガス田があります。

新潟県胎内市のふるさと納税寄付の使い道一覧

・健康増進コース
・次世代育成応援コース
・環境保全応援コース
・胎内リゾート応援コース
・市政全般応援コース

出典:市政情報|ふるさと納税(2017年8月1日更新)
(http://www.city.tainai.niigata.jp/gyose/hurusato/nozei.html)

新潟県胎内市についてのイメージ調査

このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。

胎内市はどんな印象を持たれているか50人にアンケートをとってみました。
アンケート結果からわかることは、自然と答えている人が半数以上いることです。
・胎内フィッシングパークや胎内スキー場、奥胎内キャンプ場など自然を感じることができるスポットがあるので選択しました。胎内市といえば、胎内平がシンボル的な場所なのかなと感じました。個人的には、ロイヤル胎内パークホテルの露天風呂でリフレッシュしてみたいです。(20代/女性)
・越後の里親鸞聖人総合会館西方の湯二王子岳えぶり差岳国設胎内スキー場乙寶寺などといったランドマークがたくさんある町なので、自然がとても豊かでのどかな雰囲気がただよっている町でありながらも、観光地としてかなり栄えているのではないでしょうか。(20代/女性)
フィッシングパーク、スキー場、キャンプ場などを挙げており、自然に恵まれた地域ということがよくわかります。

次に観光が選ばれました。
・乙寶寺の境内には国の重要文化財である三重塔や、大日堂(本堂)、本坊、方丈殿、六角堂、弁天堂、観音堂、地蔵堂が建っています。新潟県屈指の古寺で、釈迦の左眼を納めたと伝える舎利塔など、寺にまつわる伝説や逸話が多く残されています。(30代/女性)
・胎内市は新潟県の北に位置している市です。市内には動物園と遊園地が一緒になった「樽ヶ橋遊園」や、釣りが楽しめる「胎内フィッシングパーク」、そして「ボート場」などの遊びスポットがたくさんあります。また「長池憩いの森公園」には春になると一面に美しいチューリップが咲き誇り、観光客の目を楽しませてくれます。(40代/女性)
国の重要文化財である三重塔をはじめ、寺巡り、動物園、遊園地など、観光スポットとしても注目されています。

そして、このような意見もありました。
・新潟県胎内市といえばやはり、日本書紀にも登場する黒川油田がある場所であって、古代日本からの非常に長きにわたる歴史的な伝統を有している場所であると思うからです。また、胎内市といえばそのほかには、チューリップが特産品のひとつでもあると思うので、このエリアといえばチューリップだと思います。(20代/女性)
・伝統や歴史を感じられるスポットが多いから。乙宝寺は「今昔物語」や「奥の細道」にも登場している歴史的な寺で、毎年開かれる「おまんだら祭り」には多くの人が訪れる。板額御前の像は、「吾妻鏡」に弓の名手として伝えられる女傑の像である。(20代/女性)
・農業が盛んで、稲作を中心に、野菜類、花き栽培、畜産、果樹栽培が盛んである。チューリップや胎内高原ワインで有名。毎年4月から5月には、チューリップフェスティバルが開催されている。三重塔が国の重要文化財に指定されている乙寶寺がある。(30代/男性)
日本書紀、今昔物語、奥の細道など日本古来のものに関連していることをイメージしている人もいるようです。

胎内市のイメージ調査の結果、自然豊かで、日本古来の建造物にふれあうために観光スポットとして訪れる人がおり、伝統や歴史があるエリアだということがわかりました。

※本アンケートはサグーワークスにて2018年1月15日よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年1月15日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

新潟県胎内市のふるさと納税お礼品に関するアンケート調査

新潟県胎内市でふるさと納税するなら次のうちなにがいい?

新潟といえばコシヒカリ!
・新潟といえばコシヒカリ、その印象がものすごく強いので選びました(20代/女性/正社員)
・新潟を象徴するコシヒカリですので、一番ふさわしいと思いました(40代/男性/正社員)
・かつて新潟を訪れた際に食べたお米がびっくりするほど美味しく、また旅行に行きたいとずっと思っています。胎内産のコシヒカリだけでもこんなにも種類があるとは! まさに米どころという印象です。またあのびっくりするほどの美味しさを味わいたくて選びました(40代/女性/個人事業主)
・胎内市の名産品であるコシヒカリは農薬と化学肥料を50%以上低減していて健康に良さそうだから(30代/男性/個人事業主)
新潟県胎内市のお礼品として最も人気が高かったのがコシヒカリです。新潟県に対してはコシヒカリのイメージを持たれていることがわかります。また、お米は日常的に食べるものであり、米どころの美味しいお米を食べたいという意見が多くありました。使用している農薬や化学肥料の量が少ないことに着目している人もおり、お礼品の安全性の高さも選ばれている理由だと言えます。
アンケート調査の2番人気は地ビール! 胎内高原ビールはどんな味?
・地ビールは人気のものなので、特に名前が付いているものは返礼品にいいと思います(40代/男性/個人事業主)
・新潟県胎内市のビールは、「ワールド・ビア・アワード2015」国内最高賞を受賞。新潟自慢のクラフトビールです(50代/男性/個人事業主)
・胎内高原ビールは、本場ドイツからマイスターを招き、醸造されたプレミアムクラフトビールだから(30代/女性/個人事業主)
・各地で生産される地ビールを楽しむのが趣味です、「胎内高原ビール」、マニアにとってはたまらないお礼品です!! (60代/男性/個人事業主)
胎内高原ビールは新潟県胎内市の地ビールです。このお礼品のように、その地域の名前が付いたものは地域限定感があるため人気です。また、胎内市はビール作りに力を入れている地域です。受賞歴や本格的な製法に興味を持って選んだという意見がありました。他の地域では手に入らない美味しいものがあるからこそ、このような機会に寄付したいと思うのでしょう。全国の地ビールに興味があるというビール好きにも人気がありました。
ふるさとの味、笹だんご! 家族みんなで味わってみては?
・新潟県のふるさとの味とも言われる笹だんご。県北に昔から伝わる作り方で、一つひとつ丁寧に作られているそうです。自家製あんこと新潟県産の黄金餅、よもぎ、天日で干した県内の笹を使用しているそうで、大変おいしそうに思いましたので、選びました(40代/女性/正社員)
・笹だんごは、アラフィフ世代にとって子供の頃の嬉しいお土産だったと思います。現在では頂く機会がないので選びました(40代/女性/専業主婦)
・家族みんなでおいしく食べることができそうなので、選びました(40代/男性/正社員)
笹だんごは新潟県の特産品です。新潟県産にこだわった昔から伝わる味で、回答のなかには昔食べたなつかしい味だと感じている人もいました。笹だんごは新潟県外ではなかなか食べられないものなので、お礼品としてぴったりなのでしょう。また、大人から子供まで、家族みんなで食べられるところも魅力のようです。
新潟県胎内市の美味しさの源ミネラルウォーター!
・「新潟県のお米がおいしいのは水がおいしいから」と言われているから(40代/男性/正社員)
・お米やビールなどを作るのが盛んなため、水もいいものであると感じたから(30代/男性/無職)
・コシヒカリも定番だと思いますが、定番で他にもらう機会がありそうなので、あえてミネラルウォーターにすると思います。自然が豊かな地域なので、おいしい水が飲めそうです(20代/女性/無職)
新潟県のおいしいお米やビールの源となっているのが水です。水を使った食品ではなく、水そのもののおいしさを感じたい人から人気があります。また、ミネラルウォーターには健康的なイメージがあり、そのまま飲んだり料理に使ったりと、さまざまな楽しみ方ができるところも人気の理由です。
新潟県の名物に加え胎内市の名物も選べる
新潟県胎内市のお礼品として人気が高いものは、どれも新潟特産の名物でした。新潟のおいしい水や、それを使って育てられたブランド米のコシヒカリ。日常的に口にするものだからこそおいしいものを選ぶ人が多いのでしょう。笹だんごも新潟ならではのスイーツで、昔から変わらない味が人気でした。これらのお礼品は世代を問わず家族がそろって楽しめるところも人気の理由の一つです。また、胎内市の名前が入った地ビール、胎内高原ビールも非常に人気でした。製法にこだわり受賞歴もあることから興味を持った人が多くいました。特に地ビールはその地域でないと手に入らない貴重なものです。新潟県胎内市には、このような地域特産のおいしい名物がたくさんあるのです。

※本アンケートはサグーワークスにて2018年6月1日よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年6月1日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

※本コンテンツについて

  • 記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
  • 記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
  • 無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ