認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

神奈川県秦野市のふるさと納税・地域の情報

秦野市/はだのし

神奈川県秦野市の地域情報

神奈川県秦野市は、神奈川県の中西部に位置し、市の面積の半分が山林になっている自治体です。北西部は丹沢山地となっていて、南部の秦野盆地に市街地が形成され市の中心となっています。市街地を東西に走っている小田急線と国道246号線が市の重要な交通インフラです。また、市の南端には東名高速道路の秦野中井ICもあり、遠方からのアクセスも便利になっています。市の東部にある鶴巻温泉は、都心からのアクセスも近いことから人気の温泉地です。秦野市は周辺を山に囲まれた都市でもあるため、登山やハイキングなどで多くの自然を感じられます。特に丹沢の登山については、複数の登山コースが設けられ、目的に応じて丹沢山地の様々な楽しみ方が可能です。

神奈川県秦野市のふるさと納税寄付の使い道一覧

・秦野市のため(使途の指定なし)
・文化又は生涯学習の振興に関する事業
・みどり又は里山の保全又は創造に関する事業
・地下水又は湧水の保全に関する事業
・スポーツ又は健康増進の振興に関する事業
・教育の充実に関する事業
・福祉の充実に関する事業
・子育ての支援又は充実に関する事業
・観光の振興に関する事業
・住みよい街づくりの整備に関する事業

出典:はだのふるさと寄附金(ふるさと納税) | 秦野市役所
(http://www.city.hadano.kanagawa.jp/www/contents/1001000003692/index.html)

神奈川県秦野市についてのイメージ調査

神奈川県秦野市はどんな印象を持たれているか50人にアンケートをとってみました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:神奈川県秦野市

【回答数】
自然:26
伝統:3
観光:8
経済:2
人情:0
閑静:6
便利:5



アンケートの結果、多くの人が自然という印象を持っていることが分かりました

・秦野市は秦野盆地湧水群が有名です。そのため自然のワードを選択しました。秦野盆地扇端部には地下水が湧出しており、その豊富な地下水を水源に全国で3番目に近代的な上水道が整備されました。現在、21か所の地下水が自噴していて、秦野盆地湧水群として、1985年(昭和60年)に名水百選の一つに指定されています。(30代/女性)
・秦野市は塔ノ岳や弘法山、ヤビツ峠などの山に囲まれ緑豊かなところであり、またミカン畑なども広がりのどかな景色も広がっているので。秦野戸川公園は川遊びやバーベキュー、遊具ゾーンなど施設が充実して家族連れなどで賑わっています。また四季折々の花が咲き、1年通して楽しめます。(30代/女性)

コメントからも分かるように、緑豊かで水が綺麗という理由で選んでいる人が多いようです。
山や畑、川があって季節ごとの花を見ることができ、さらに名水百選にもなるなど水と空気が澄んでいると言えます。

次に多いのが観光という印象を持っていることが分かりました。

・秦野市の北部には神奈川の屋根といわれる丹沢表屋根があります。ここには一年を通じて登山者が訪れていますが、特に5月~6月のツツジの時期、10~11月の紅葉の時期には多くの登山者で賑わいます。おもな登山口としては大倉、ヤビツ峠があります。(50代/女性)
・神奈川県の秦野市というと温泉街のイメージがあるから。 秦野というと神奈川県の中でも奥まった場所にあるイメージですが藤巻温泉があったりして東京からも比較的行きやすい場所にある温泉地だと思います。それでいて自然の豊かさを利用したそばもおいしいので一度食べてみる価値アリです。(20代/女性)

コメントからも分かるように、山が近くて温泉地があるというという理由で選んでいる人が多いようです。
温泉イコール観光というイメージの定着は、もはや多くの日本人が持っている共通認識ともいえます。

また、他にも閑静で便利などのような意見も見られました。

・神奈川にあって山に近く、厚木や平塚へ移動しやすい、ベッドタウンとして栄えている街という印象です。交通の便も悪くないですし、自然に囲まれて過ごすには住みやすい便利な街だという印象ですので、便利を選びます。(30代/男性)
・車で秦野市へ行くと、自然は豊かだが都心に比べると人があまり見られず、静かなイメージがある。神奈川県だと横浜や茅ヶ崎など海のイメージもあるが、秦野はそのイメージがあまりなく、神奈川県の中でも田舎という印象。(20代/男性)
・神奈川県秦野市は、交通の弁がとても良い町です。市街地に行くには、バスに乗り、約25分位すれば到着することができます。また、市内には、ショッピングセンターやスーパーマーケットが多数点在しているので、お買いものをするには、とても便利なところです。(40代/男性)

豊かな自然と東京のベッドタウンの機能を持つことから、住みやすさを挙げる声も意外と多くありました。

アンケート調査の結果、秦野市は山や綺麗な水の流れる川など、自然豊かな土地にありながら温泉地など観光も楽しめ、そして生活するにあたっても便利で住みやすい街であることが分かりました。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年1月15日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年1月15日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ