認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

神奈川県横須賀市のふるさと納税・地域の情報

横須賀市/よこすかし

神奈川県横須賀市の地域情報

神奈川県横須賀市は県南東部にあり、三浦半島の中央部に位置する市です。東京湾を挟んで対岸には千葉県富津市があり、フェリーで渡ることができます。南側には三浦半島の先端にある三浦市、北側には横浜市、そして西側には逗子市や葉山町といった湘南エリアの自治体が接しています。
市域は東京湾と相模湾に面し、東西の2方向を海に囲まれています。内陸部は急峻な三浦丘陵が占めていて、平地が少なく起伏に富んだ地形が特徴です。黒潮の影響で年間を通じて気温が比較的安定しており、過ごしやすい環境となっています。
鉄道は京急線とJR横須賀線が通っており、京急で横須賀中央から横浜へは約25分、東京へは約1時間5分。羽田空港へも約1時間で出ることができます。

神奈川県横須賀市のふるさと納税寄付の使い道一覧

・子育て基金(子どもを産み育てやすい環境をつくり、子育てを支援するための事業に活用します)
・いのちの基金(いのちを育み守る医療の取り組みを進めるための事業に活用します)
・生涯現役基金(誰もがいつまでも健康で活躍できるよう、健康づくりを進めるための事業に活用します)
・福祉基金(高齢者や障害者が安心して暮らせるよう、福祉の取り組みを進めるための事業に活用します)
・スポーツ基金(競技者を含めた市民1人1人のスポーツ活動を支援するための事業に活用します)
・交通遺児奨学基金(交通事故で親を亡くした子どもたちを支援するための事業に活用します)
・歴史文化基金(歴史や文化を次世代に引き継いでいくための事業に活用します)
・猿島基金(自然豊かな猿島公園の環境を良好に保つための事業に活用します)
・就学支援基金(経済的理由により就学が困難な子どもの就学を支援するための事業に活用します)
・みどりの基金(緑化を進め、豊かなみどりを守るための事業に活用します)
・消防救急基金(安全で安心な消防救急体制を整備するための事業に活用します)
・NPO支援基金(市民の自主的なまちづくり活動を支援するための事業に活用します)
・一般寄附(市の活動全般に活用するため)

出典:寄附金の使い道|横須賀市
(https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/1610/finas/furusato/furusato_tukaimiti.html)

神奈川県横須賀市についてのイメージ調査

神奈川県横須賀市から受ける印象にはどんなものがあるか、50人にアンケートをとってみました。



このエリアを表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:神奈川県横須賀市

【回答数】
自然:8
伝統:0
観光:23
経済:12
人情:1
閑静:1
便利:5


回答の中で最も多かったのが、観光でした。
・アメリカ軍の基地がある関係で、ドブ板通りなど街並みに独特の雰囲気があり、街歩きにぴったり。スカジャンなどお土産品も充実。横須賀市といえばコレ!と思うものは、横須賀美術館。展示品だけでなく、太平洋を一望できる景観も魅力。(50代/男性)
・横須賀市にはヴェルニー公園や猿島、三笠公園、横須賀美術館、長井海の手公園ソレイユの丘、観音崎、くりはま花の国などの観光スポットが多く、都心からも近いのでたくさんの観光客が訪れるので。どぶ板通り商店街は米軍基地が近くにあることから、アメリカの雰囲気漂う、異国の商店街の雰囲気を味わえます!スカジャンを販売している店もあります。(30代/女性)

基地が観光資源として重要な位置を占めていることについてのコメントが多く見られました。その一方で、海沿いの景勝地というイメージもあるようです。

次に多かった回答が、経済でした。
・神奈川県横須賀市はおよそ40万人の人々が住んでいる都市なので、経済が発展している印象が強く残っています。そして有名なものと言えば、横須賀海軍施設です。近隣では、色んなアメリカングルメも味わえるそうです。(40代/男性)
・商業や興業など、あらゆる産業が活発なエリアです。神奈川県の中心的な都市部である横浜市が近いので、ベッドタウンとしても人口増加が著しく、今後も発展することが見込まれています。また、観光地としても有名です。(50代/女性)

都市としての規模の大きさから、経済が発展しているというイメージがあるようです。観光産業が盛んであるという理由も多く見られました。

その他の回答には、自然・便利・閑静などがありました。
・海のイメージが何と言っても強いです。横須賀港には横須賀基地があり、巨大な軍艦が何隻も停泊している光景が目に浮かびます。あとは猿島を思い出します。かつて軍の施設であった名残があり、歴史ある廃墟な感じと、特に夏はレジャーを楽しむ海水浴客とが混ざり合って、不思議な空気を醸し出しています。(50代/女性)
・30分ほどで中心街の横浜まで行くことができるから便利な街だと思った。横須賀といえば米軍基地が有名だと思う。大きな戦艦や空母を見ることができるのは貴重だし、たまにイベントをやっているので娯楽にもなると思う。(20代/女性)
・住宅地、駅の広さ食べ物の種類も豊富、交通沿線も便利、趣味を探そうと考えればいろいろな施設もあるし、通いやすい。おすすめはパンがおいしいところがあり、種類もあり便利なところにあるので老若男女住みやすいところである。(30代/男性)

豊かな海の恵みを受けているというイメージが強いようです。近隣主要都市へのアクセスの良さについても言及されていました。


アンケート調査の結果、神奈川県横須賀市はにぎやかな港町としての印象が強い一方で、自然にも恵まれたエリアであると思われていることが分かりました。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2017年12月11日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2017年12月11日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ