認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

神奈川県川崎市のふるさと納税・地域の情報

川崎市/かわさきし

神奈川県川崎市の地域情報

神奈川県川崎市は、神奈川県の北東部に位置しており、ちょうど東京都と横浜市の中間あたりにあります。川崎市の西側には多摩の丘陵地帯が、東側には東京湾が広がり、地形としては細長くて平坦な形をしているのが特徴的です。この地形が活かされて、南部の地域は徐々に工業都市として盛んになっていきました。市の北側では多摩川などの水を利用して水田などを行うことができるため、この地域は自然豊かでのどかな環境であることがわかります。また、川崎市は県内の中でも発展が著しい地域であるため、しだいに宅地開発が進み、商業施設も増加していきました。これらの影響もあって人口も集中するようになり、現在ではこの地に様々な施設が立ち並んでいます。

神奈川県川崎市のふるさと納税寄付の使い道一覧

・1.危機管理・防災対策の推進
・2.長寿社会福祉の振興
・3.障害者福祉の向上
・4.総合的なこども支援の推進
・5.災害遺児等の援護
・6.教育活動の充実
・7.学校施設の整備・充実
・8.「音楽のまち・かわさき」の推進
・9.「映像のまち・かわさき」の推進
・10.「スポーツのまちづくり」の推進
・11.市民による文化活動の推進
・12.藤子・F・不二雄ミュージアムの充実
・13.等々力陸上競技場の整備
・14.国際交流活動の推進
・15.地球温暖化対策の推進
・16.夢見ヶ崎動物公園の飼育環境の充実
・17.多摩川における豊かな河川空間の創出
・18.公園緑地の整備・緑の創出
・19.動物愛護センターの動物への支援
・20.御幸公園の梅林の復活
・21.都市の拠点機能の整備
・22.区における地域のまちづくりの推進
・23.市政全般

出典:川崎市ふるさと応援寄附金かわさき応援団のご案内寄附金の使い道(2017年4月1日)
(http://www.city.kawasaki.jp/230/page/0000032819.html)

神奈川県川崎市についてのイメージ調査

神奈川県川崎市はどんな印象を持たれているか50人にアンケートをとってみました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:神奈川県川崎市

【回答数】
自然:3
伝統:1
観光:7
経済:22
人情:0
閑静:2
便利:15



アンケートの結果、多くの人が経済という印象を持っていることが分かりました。
・駅ビルや駅周辺は開発され、まいちゃや、とても現代的になりましたが、駅から少し離れると工場地帯があり、大企業の工場などが多くあります。経済発展には工場は必須なので、川崎には経済のイメージが強くあります。(30代/女性)
・川崎市は神奈川県の北東部にある政令指定都市で、2017年には人口が150万人を突破しています。東京のベッドタウンとして人気で、第一次・第二次・第三次産業が盛んになっており、川崎市に本社や生産拠点を置く企業も多数あります。(30代/男性)

コメントからも分かるように、政令指定都市という理由で選んでいる人が多いようです。
確かに川崎市は東京と横浜に間に位置し、昔から工場地帯として栄えてきました。今では多くの大企業を誘致することに成功し、商業施設も多く立ち並ぶ一大経済圏を形成しています。

次に多いのが便利という印象を持っていることが分かりました。
・川崎市は、神奈川県の最北東部に位置し、北側は東京都と隣接しています。県内の横浜市と東京都に挟まれています。交通網がとても便利になっていて、東京のベッドタウンとして機能を高く持っています。人口は近年も増加を続けています。(40代/男性)
・この地域は商業施設が充実しており、生活していくにあたって必要になる日用品や食料品などを手軽に入手することが出来ます。車などの移動手段を用いることで行動範囲が広がりより便利な生活を送ることが可能になります。(20代/男性)

コメントからも分かるように、交通アクセスや買い物が便利という理由で選んでいる人が多いようです。
首都圏や横浜への通勤や通学にとても便利なエリアのため川崎市は人口増加を続けています。大都市であるゆえに交通網が整備されており、どこに行くにも便利であることが分かります。また商業施設が充実しているので買物にも便利という意見もありました。

また、他にも観光や閑静という意見も見られました。
・プールやバーベキューを楽しめるよみうりランドや、漫画家藤子不二雄の作品を集めた藤子不二雄ミュージアムなど観光スポットがたくさんあります。生田緑地は見所たくさんの芝生の公園で、岡本太郎美術館なども併設されています。(40代/男性)
・川崎市は、神奈川県の北東部に位置する政令指定都市で、住宅地と商業施設に囲まれた地域で、周辺には遊園地や、ミュージアムや、商業施設などの観光スポットがいっぱいあります。特におすすめの観光スポットは、よみうりランドで、冬のイルミネーションが綺麗です。(40代/男性)
・神奈川県川崎市は、横浜市と隣接しているが、横浜市ほど企業などが集まっている地域ではなく、閑静な住宅街が広がっている地域である。横浜市よりも子供の市からの援助が手厚いため川崎市に住むことを選択する人もいる。都心へのアクセスも非常に良い。(30代/女性)

川崎市には家族で楽しめる観光スポットがたくさんあります。 公園や遊園地、さらに商業施設も多いので週末のお出かけ先には困らなそうです。また住宅地が広がることから自治体からの援助も多く住みやすいという意見もありました。

神奈川県川崎市のイメージ調査の結果は大多数の方が経済と答えています。京浜工業地帯として知られ発展して来た歴史が関係しているようです。また人口増加に伴いインフラ整備や商業施設の開発も進み、川崎市はますます便利で住みやすくなっていることが分かりました。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年1月15日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年1月15日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ