認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

茨城県城里町(しろさとまち)のふるさと納税・地域の情報

茨城県城里町の地域情報

茨城県城里町は県西北部、栃木県との県境沿いに位置する町です。町域の約6割を森林が占める自然豊かな場所で、東部は那珂川沿いの低地になっていて、川に並行して走る国道123号線沿いに市街地が広がっています。平野部には農地や工場などもあり、町の経済を支えています。中西部に広がる丘陵地は自然に親しむレジャースポットとしても人気です。
水戸市の北に隣接しており、車でアクセスする際には常磐自動車道水戸ICや水戸北スマートICが町への玄関口です。鉄道は町内になく水戸駅からバスでのアクセスとなるなど、特に交通の上で水戸市とは密接な関係があります。
隣接する自治体には東に那珂川の対岸にある那珂市、北に常陸大宮市、西に栃木県茂木町があります。

茨城県城里町のふるさと納税寄付の使い道一覧

・生活基盤の充実及び生活環境の向上に関する事業
・青少年の健全育成,教育及び文化の推進に関する事業
・特産品の育成及び地域産業の振興に関する事業
・保健,医療,介護及び福祉の向上に関する事業
・自然環境及び景観の維持及び再生に関する事業
・その他目的達成のために町長が必要と認める事業

出典:しろさと応援寄附|城里町公式ホームページ
(http://www.town.shirosato.lg.jp/furusato_nouzei.php)

茨城県城里町についてのイメージ調査

このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。

茨城県城里町に対して、どんな印象を抱く人が多いのか、50人にアンケートを取って調べてみました。
自然というワードが最も多く選ばれる結果になりました。
・茨城県の北西部に位置する城里町の東部は、那珂川沿岸に開けた沖積平野で、農地や宅地、工業用地などに利用されています。中西部は、八溝山系の南縁部の標高200m前後の丘陵地帯となっており、藤井川などの那珂川支流の多くの河川が起伏の激しい地形を作り出し、豊かな自然や歴史を感じる地域となっています。(60代/男性)
・御前山県立自然公園があり、四季折々素敵な表情を見れます。とくに秋には黄金色に埋めてくされてとても美しいです。100種類ほどの野鳥も生息するほど、自然豊かな場所て、野鳥の声を聴きながら自然を満喫するのには最高です。(40代/女性)

自然を選んだのは、町が那珂川流域にあることや、自然が豊かな公園があることが理由となっているようです。

観光というワードを選択する人が2番目に多くなりました。
・城里町は、茨城県の西北部にある町で、周辺には山や、森林公園や、自然公園や、ダムなど様々な観光スポットがあります。特におすすめの観光スポットは、青山花しょうぶ園で、園内には大量の花しょうぶが植えられていて、満開の時期には観光客でにぎわいます。(40代/男性)
・大自然の中で癒されながらアウトドアも楽しめ、体験もできる山びこの郷から選びました。森の中でバーベキューができます。うどんやそば打ち体験、こんにゃくの加工体験もできる施設もあり、充実した時間をこころゆくまで過ごせます。(20代/女性)

城里町は、自然を楽しめる観光スポットが多いので、観光を選んだ人もいたことがコメントに示されています。

伝統や便利というワードも城里町のイメージとして選択されました。
・「城」の「里」と書いて「城里」という字を見て、お城の里のようなイメージが浮かんだから。見た感じきらびやかではあるが、実はこじんまりとしている、という感じ。お城が好きな人はもちろん、自然なものが好きな人が寄って行きそう。(20代/女性)
・城里町は、茨城県の西北部に位置しています。町名の由来は、当地域が水戸城の北に位置し、昔から「城北(じょうほく)地区」と呼ばれていたことから「城」。各町村に「ふれあいの里」「うぐいすの里」「山びこの郷」があったことや、日本のふるさとのイメージがあることから「里」という字を使い「城里」と命名されたことによる。(40代/男性)
・この地域は静かな住宅地が多くあり新築を考えている方にとてもオススメです。一軒一軒が広いため騒音問題にも安心です。近隣には生活に必要な衣類や生活必需品や食品など簡単に入手することができとても便利です。小さなお子さまがいる家庭でも小さなお子さまが楽しめる公園や商業施設などありすごく過ごしやすいです。(30代/女性)

町名の由来にもなっている、城の近くに位置していたという立地から、伝統というワードを連想した人がいたことを理解できます。商業施設が充実しているので、便利という印象を抱いた人もいることが分かりました。


アンケート調査の結果、城里町は自然という言葉が最も似合うと考えている人が多いことが明らかになりました。

※本アンケートはサグーワークスにて2018年1月15日よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年1月15日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

茨城県城里町のふるさと納税お礼品に関するアンケート調査

茨城県城里町でふるさと納税するなら次のうちなにがいい?

最も回答が多かったお礼品! 希少価値の高いしろさときんぐポーク
・豚肉はその土地によってこだわりが違うので選びました。お礼品を選ぶ際は、そのお礼品を生かした郷土料理やおすすめのレシピも併せて知ることができると嬉しいです(40代/女性/専業主婦)
・自然が豊かで、農業と酪農が盛んな地域というイメージです。その自然の中で育ったしろさときんぐポークは、他のポークとは違った味わいのあるお肉だと思います。家族みんなで食べてみたいです(30代/女性/専業主婦)
・豚肉は地域によって味が違うので是非食べ比べをしてみたいと思いました(30代/女性/無職)
・しろさときんぐポークは希少価値の高いお肉とのことなので、限定だし貴重なお肉を食べてみたいなと思った(30代/女性/専業主婦)
・「しろさと」と町名がついている豚なので町で推している豚なのかなと推測できる。そういうブランド豚なら食してみたい(40代/男性/正社員)
しろさときんぐポークはあまり聞きなれない豚肉ですが、名前に「きんぐ」を入れてそのおいしさを町全体でアピールしているブランド豚です。生産地ごとに味が異なる豚肉に興味を持っている人が多いことがわかりました。
食べ比べが楽しい! 2番目に回答が多かったお礼品はお米
・お礼品を調べてみるとお米の種類が多い印象です。茨城は自然にあふれ、田植えのイメージもありお米が美味しいのではないかと思いましたのでお米をチョイスしました(20代/女性/専業主婦)
・城里町産のお米は2011年のお米コンテストで最優秀賞を受賞した強みがあります。生物に比べたら保存もきくし、スーパーマーケットでも5キロで2,500円相当で販売されているのも目にします。そんなお米なら一度は口にしてみたいと思う人はいると思います。現に自分も食べてみたい(30代/女性/正社員)
・毎日食べるものなので、いくらあっても困らないと思いこちらを選びました。お米は普段の買い物の時に買ってくると重くて大変なので、お礼品として届くのなら嬉しいと思いました(40代/女性/個人事業主)
日本国内でも有数のお米の産地として知られる茨城県ですが、お礼品としての人気も高いことがわかりました。お米は毎日食べるものなので余って困るということもなく、普段食べているものと食べ比べができることも魅力です。
料理に大活躍! 3番目に回答が多かったお礼品はにんにく
・平日は仕事上にんにく料理が食べられないので土日ににんにく料理を好んで食べるのですが、週末の楽しみを特産物の特別なにんにくでいただきたいです(30代/男性/正社員)
・食品添加物を使っていないので安心ですし、黒にんにくを1度食べたことがあり、気に入ったので(30代/男性/無職)
・茨城県城里町のにんにくというと、黒にんにくでしょうか。フルーティーな味がすると聞いたことがあります。疲労回復効果を期待したいです(40代/女性/専業主婦)
・抗酸化作用に優れた黒にんにくで、においも気にならないということから選択しました(40代/男性/無職)
にんにく特有の風味と甘さがあり、栄養価も高いにんにくは、お礼品としても人気があるようです。城里町で生産される黒にんにくは強いにおいがないため、さまざまな料理に利用できるほか、そのまま食べて味と食感を楽しむこともできます。
栄養価抜群! 4番目に回答が多かったお礼品は人参
・茨城は加工品に強いイメージです。なので、あえて人参を選びました。あまり農作物の印象がないので楽しみです(20代/女性/無職)
・人参が大好きだからです。また、ビタミンAなどの栄養価が豊富なので、積極的に食べたいです(50代/女性/個人事業主)
・茨城県出身ですが、茨城県の人参は甘みがあり美味しいです。野菜が苦手な子供にもおすすめの人参です(30代/女性/パート・アルバイト)
・人参が一番特産として有名でしたので、スムーズに選ぶ事ができました(40代/男性/正社員)
・野菜の味にこだわりがあり、新しい味を開拓したいと思っていたから(40代/男性/正社員)
どこのスーパーマーケットに行っても見かける人参ですが、城里町の人参は特に甘みが強く、食べやすい特徴があります。人参が好きでよく食べるという人や、人参が苦手な子どもにも食べさせてみたいという人など、さまざまな人からの回答を得ることができました。
城里町ならではの特産物が味わえる
豚肉が一番人気という結果になりましたが人参やにんにく、お米も試してみたいという声もみられました。

※本アンケートはサグーワークスにて2018年6月1日よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年6月1日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

※本コンテンツについて

  • 記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
  • 記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
  • 無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ