認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

茨城県鉾田市(ほこたし)のふるさと納税・地域の情報

茨城県鉾田市の地域情報

茨城県鉾田市は東京から90km圏内の、茨城県の南東部に位置し、江戸時代には水陸交通の要所として発展した地域です。30km圏内には県庁所在地の水戸市、筑波研究学園都市、鹿島港があります。隣接する市町村には鹿嶋市、行方(なめかた)市、小美玉市、茨城町、大洗町があります。鉾田市の内陸部には平坦で水はけの良い土地が広がっており、それを生かした農業が盛んです。特にメロンやイチゴ、スイカなどの生産地として知られています。また、鉾田市は東に太平洋、南に北浦、北に涸沼があり、海水浴や釣りを楽しみに多くの人が訪れます。涸沼はシジミをはじめ魚類が豊富なことから人気の釣りスポットとなっています。鹿島灘に面する大竹海岸には、茨城のゴールドコーストと例えられるサーフィンエリアがあります。

茨城県鉾田市のふるさと納税寄付の使い道一覧

・産業の振興に資する事業(農業、水産業、商工業、観光振興など)
・市のイメージづくり及びイベント開催等に資する事業(鉾田市としてのイメージを市内外へPRするとともに、交流人口の増大など)
・健康づくり運動の推進に資する事業(全市的な市民健康増進運動の推進など)
・市の歴史及び伝統文化の伝承並びに育成に資する事業(文化・芸術活動の活性化、有形無形文化財の保護啓発など)
・市長が必要と認める事業

出典:制度の概要|鉾田市公式ホームページ
(http://www.city.hokota.lg.jp/page/page000431.html)

茨城県鉾田市についてのイメージ調査

鉾田市はどんな印象を持たれているか50人にアンケートをとってみました。



このエリアを表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:茨城県鉾田市

【回答数】
自然:28
伝統:2
観光:8
経済:6
人情:1
閑静:2
便利:3



アンケートの結果、多くの人が自然という印象を持っていることが分かりました。
・鉾田市は大竹海岸鉾田海水浴場が有名です。そのため自然のワードを選択しました。大竹海岸鉾田海水浴場は、鹿島灘に面しており、約1kmの直線的な海岸です。美しい景観から「茨城のゴールドコースト」とも呼ばれています。海水浴のほか、サーフィンや潮干狩りができる場所としても人気があります。(女性/30代)
・茨城県の鉾田市は美しいビーチがあることから、ドライブなどにピッタリであり、自然を堪能することが出来るエリアだとされています。鉾田市は海を楽しむために訪れる方も多く、海を堪能したいという人にはぴったりの町であるとされています。(女性/30代)

コメントを見てみると「海」や「海水浴」を理由に「自然」というイメージを選んだ人が多くいました。鉾田市は鹿沼灘に面しており、南北にのびる遠浅の海岸線では海水浴を楽しむことができます。また、海を見ながらのドライブも人気です。

次に多いのが観光という印象でした。
・茨城県鉾田市のイメージは観光です。神社がたくさんあり神社巡りができます。最近は若い女の子も増えてきています。あとは海水浴場もあるので夏はファミリー客などでにぎわっています。あとは直売所もあるので新鮮な野菜や海産物も人気です。(女性/30代)
・鉾田市は、茨城県の南東部に位置している市です。市内には「鉾神社」「大儀寺」「塔ヶ崎十一面観世音」といった古い歴史のある建築物がたくさんあります。また「無量壽寺」には国や県の指定文化財がたくさん収められています。(女性/40代)

コメントから「海」のイメージに加え、神社仏閣を理由に「観光」を選んだ人が多いことが分かりました。
「自然」のイメージでも触れられていたように、鉾田市は夏は海水浴でにぎわう地域です。市内外から観光客が訪れるため「観光」のイメージでも海水浴をあげる人がいました。また、市内には「鉾神社」「大儀寺」「塔ヶ崎十一面観世音」「無量壽寺」などの神社仏閣があり、巡って楽しむ人も増えているようです。

また、他にも経済、閑静、伝統という意見も見られました。
・鉾田市は太平洋に面した町でメロンの栽培が盛んです。ここで生産されたメロンは首都圏へと出荷されていきます。超高級メロンから比較的お手頃な価格のものまで幅広く作られています。(女性/50代)
・お昼のTV番組で見た時、のんびりした土地だなという印象を持った。また、震災後しばらくは支援もかねて野菜の産地直送を利用していたので、観光などよりも農業が盛んな土地というイメージが強い。 (女性/30代)
・鉾田市には、伝統的な夏祭りである鉾神社御例大祭を毎年開催しているため、伝統というイメージがあります。鉾神社御例大祭は、400年以上の古い歴史があり、鉾田市の誇りです。市内を練り歩く神輿や山車の光景は、とても迫力があります。(女性/30代)

「経済」の理由として農業、特にメロン栽培をあげる人が多くいました。鉾田市では様々な農産物が作られており、中でもメロンの栽培量が多いことで知られています。農業が盛んであることから「閑静」をイメージした人もいました。また「伝統」のイメージとしてすべてのコメントで市内の鉾神社御例大祭があげられており、市民の誇りとなっている様子が分かりました。

鉾田市のイメージ調査の結果、海と農業が魅力で、神社仏閣巡りができる地域というイメージを抱いている人が多いことが分かりました。

※本コンテンツについて

  • 記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
  • 記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
  • 無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ