認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

茨城県常陸大宮市のふるさと納税・地域の情報

常陸大宮市/ひたちおおみやし

茨城県常陸大宮市の地域情報

茨城県常陸大宮市は、県の北西部に位置しており、東部は常陸太田市に、西部は栃木県に隣接しています。北部は阿武隈山地と八溝山地の南端に相当し、とりわけ緑が豊かです。常陸太田市と城里町の境界付近は久慈川や那珂川が流れ、水辺環境に恵まれています。

常陸大宮市は、茨城県内の地方自治体の中で2番目に面積が大きいです。総面積は県土の5.7パーセントを占めており、348.45平方キロメートルです。そのうち、森林原野が約60パーセント、農用地が約17パーセントです。

常陸大宮市は、水戸市から約20キロメートル離れた北の方向に位置しています。JR水郡線常陸大宮駅から水戸駅までは電車で35分程度です。クルマの場合、国道118号を経由して20分程度で那珂インターチェンジにアクセスでき、有料道路を利用して東京方面などに訪れやすいです。

茨城県常陸大宮市のふるさと納税寄付の使い道一覧

・未来を担う人づくり支援
・自然環境保全支援
・地場産業支援
・芸術文化・スポーツ振興支援
・その他の事業(市長が必要と認めるもの)

出典:ふるさと応援寄附金 ご支援ありがとうございました - 常陸大宮市
(http://www.city.hitachiomiya.lg.jp/data/doc/1466757803_doc_13_3.pdf)

茨城県常陸大宮市についてのイメージ調査

茨城県常陸大宮市がどんなイメージを持たれているか、50人の方にアンケートしてみました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:茨城県常陸大宮市

【回答数】
自然:31
伝統:5
観光:7
経済:1
人情:0
閑静:3
便利:3


アンケートの結果、大多数の方が「自然」を選びました。
・茨城県の北西部に位置する常陸大宮市は、市の東部を久慈川が、また南西部には那珂川が流れているため、休日には、アユ釣りやカヌー、キャンプなどアウトドアを楽しむ人でにぎわいます。山林や原野が市の6割を占め、シイタケ栽培や西ノ内和紙のコウゾの生産が盛んに行われています。(40代/女性)
・常陸大宮市は関東で一番美しい星空がみられるところといわれているので自然を選びました。コレというものは星空だと思います。満天の星がみられるので星空をみるのが好きな天文愛好家にとっては最高のところだと思います。(60代/女性)
アンケートからは市内の山林の豊富さや、清らかな河川の流れを強調するコメントが目立ちました。また星空の美しさを理由にしたコメントも多く、水や空気の澄んだ恵まれた自然環境のあるエリアであることがうかがえました。

次に多かった結果が「観光」でした。
・久慈川と那珂川という二つの河川に挟まれている常陸大宮市は、物産センター、いちご狩り園、ゴルフ場からブラックバス等特別天然記念物のオオサンショウウオも見ることができる淡水魚専門の山方自然生態観察施設があります。(30代/男性)
・常陸大宮市の北部は、昔から満天の星空を眺めることが出来る名所として有名です。花立自然公園の星空は関東で一番美しいとして全国から愛好家たちが天体観賞に訪れています。海外メディアからも日本の美しい星空の一例として取り上げられたこともある素晴らしいところです。(30代/女性)
アンケートでは「自然」とのつながりから、「観光」を選んだ方も多く見られました。市内にはアユ釣りやイチゴ農園をはじめ、キャンプ場からゴルフ場まで、豊富な自然を活かした数多くの観光施設やレジャースポットが存在し、納得できるアンケート結果と言えるでしょう。

3位以降の結果は順番に「伝統」、「閑静」と「便利」が同順、そして「経済」でした。なお「人情」はゼロでした。
・大宮町では、旧石器時代の梶巾遺跡をはじめ、縄文時代中期から晩期の小野天神前遺跡や坪井上遺跡、弥生時代の富士山遺跡など、多数の遺跡から遺物が発見され、古くから人々が住む豊かな地域であったことがわかります。(30代/男性)
・常陸大宮市は、茨城県の北西部に位置し、西側は、栃木県と接しています。市の6割が、原野や森林部となっています。市街地は、市の南東部に位置しています。観光スポットは、たくさんありますが、落ち着いた雰囲気のスポットが多いようです。常陸大宮市の人口は、近年減少を続けています。(40代/男性)
・茨城県常陸大宮市といえばやはり、この地域全体には多くの山林や河川が存在していて、とても自然が豊かな場所だと思うからです。また、常陸大宮市といえば他には交通がとても整っていて、アクセスがいいイメージが強いと思います。(20代/女性)
3位以降で最も多かった「伝統」のコメントでは、市内に点在する数々の遺跡や、由緒ある寺社仏閣の存在を挙げる方が目につきました。同時に「便利」では、市内を走る整備された道路網や、ショッピングセンターなどの充実した商業施設等を理由として、選んでいる方が目立ちました。古き良き伝統と便利な暮らしとが、バランスよくマッチしたエリアであると言えるでしょう。

常陸大宮市のイメージ調査の結果、充実した自然環境に加え、それを活かした観光資源も豊富であることが分かりました。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年1月15日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年1月15日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ