認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

茨城県結城市(ゆうきし)のふるさと納税・地域の情報

茨城県結城市の地域情報

茨城県結城市は、茨城県ほぼ中央部に聳える筑波山の西側にあり、栃木県との県境にある内陸の自治体です。
結城市は鬼怒川、田川沿岸の結城野に位置しており、かつては奈良・天平から麻(ふさ)や木綿(ゆう)の産地として総の国(ふさのくに)「ゆうき」と呼ばれていました。市の北部にあるJR水戸線結城駅を中心に結城市は発展しており、南部には天保の改革で有名な水野忠邦のお墓が万松寺跡にあります。市街地には歴史を感じる木造家屋が並ぶ通りがあり、桑の木が各所に見られます。桑の木は、結城市の伝統である結城袖や昔あった養蚕業に深い関わりがあるため、「紬の街」にふさわしい木であるということから結城市の成長を願って選ばれ、市内に多く植林された経緯があり、春になると新緑の美しさを見せてくれます。

茨城県結城市のふるさと納税寄付の使い道一覧

・ともに支え合い、安心して暮らせる社会福祉の充実
・安心で住みやすさを実感できるまちづくり
・歴史と自然を育む活力あるまちづくり
・未来を担う子どもと地域を支える市民を育むまちづくり
・協働で進める持続可能なまちの実現
・LEE小学校英語活動推進事業
・地域子育て支援センター運営事業
・市内巡回バス運行事業
・図書等整備事業
・中心市街地活性化事業
・市民活動支援事業
・結城ブランド推進事業
・きものday結城開催事業
・身体障害者福祉のために使ってほしい
・通学街路灯設置に使ってほしい
・少子化対策に使ってほしい
・防災対策のために使ってほしい

出典:「ふるさと結城応援寄附金」3つの使いみち
(http://www.city.yuki.lg.jp/page/page000992.html)

茨城県結城市についてのイメージ調査

茨城県結城市のイメージについて、男女50人にアンケートしました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:茨城県結城市

【回答数】
自然:8
伝統:26
観光:7
経済:3
人情:1
閑静:1
便利:4


アンケートの結果、トップに選ばれたのは「伝統」でした。
・結城市は明治初期から大正時代にかけて建設された蔵の商店が並ぶ街並みが見ものです。結城紬と呼ばれる絹織物も盛んで、文化財にも登録されています。もともと城下町で神社も多く、蔵つくりと合わせて見る町並みは古き良い雰囲気を出して伝統を感じさせます。(30代/女性)
・茨城県結城市といえばやはり、世界的にもとても貴重な伝統的な芸術作品の一つである結城紬が特産品の一つである場所であって、非常に歴史的な伝統を感じることのできる地域であると思うからです。また、結城市といえばそのほかには、かつて城下町として栄えていた歴史を有しているところでもあるので、このエリアといえば城下町だと思います。(20代/女性)
ほとんどのコメントで見られたのが「結城紬」のワードでした。このエリアの「伝統」イメージを決定付ける、象徴的な伝統産業であり特産品として、大多数の人々に認知されていることがよく分かる結果となりました。

その次に多く選ばれたのは「自然」でした。
・結城市街から少し離れると、山や田畑が広がっており自然いっぱいの街だと感じました。また、結城市では結城紬が盛んであり、地域の人との人情も厚い街だと感じました。例えば、カーナビゲーションを使い、車を走らせて迷ってしまったときに、詳しく教えてくれる人がいました。その時は、大変うれしかったです。(20代/男性)
・田んぼが広がっているのどかな地域でお店やコンビニがほとんど無いから。古き良き日本の田園風景が広がっている土地だと言える。結城市といえば、やはり農作物が挙げられる。特には、かんぴょうや、白菜、梨などが挙げられる。(30代/女性)
コメントからは田畑の広がる、自然豊かな光景をイメージできるかもしれません。また白菜やかんぴょうなど、地域の農産物を挙げる方も目につきました。「自然」が多く選ばれるのも頷けるのではないでしょうか。

この他には「観光」「便利」「経済」の順でランクインし、「人情」と「閑静」は同数で最下位でした。
・結城市は、茨城県の西部に位置している市です。城下町の面影が色濃く残り、結城氏の菩提寺など古くからの寺社が多く、また商店街にはかつて県西随一の商業都市として繁栄したあかしともいうべき蔵造りの建物が散在しています。市の特産品には 結城紬・すだれ麩・日本酒・干し納豆・とうもろこし・干瓢・梨・ぶどう・トマト・桐たんす・桐下駄・桐工芸品などがあります。(40代/女性)
・結城市は、自然災害の少ない土地柄で、結城紬や桐ダンスなど独特の工芸品を生む文化を育て、平地林を開いた田畑では、かんぴょう、ハクサイなど農作物に恵まれる、また、古くから酒造りも盛んであり、産業で経済が潤っていることから、経済というワードがしっくりきます。また、このエリアと言えば、ゆで饅頭です。(50代/男性)
・茨城県結城市は茨城県の西部に位置しており、人がいいので「人情」のイメージがあります。そして有名な名産品と言えば、本場結城紬です。伝統工芸品として代々伝わるものであり、日本文化を感じさせる美しさがあります。(40代/男性)
かつては城下町として栄え、伝統産業も脈々と受け継がれてきた土地柄によって、「観光」や「経済」さらには「人情」をイメージする人々が数多く目につきました。コメントでの歴史や伝統のある地域性を見れば、妥当なアンケート結果と言えそうです。

アンケート調査の結果、茨城県結城市は歴史ある街並みや伝統産業を活かしながら、観光や経済の活発なエリアであるこが分かりました。

※本コンテンツについて

  • 記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
  • 記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
  • 無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ