認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

茨城県水戸市のふるさと納税・地域の情報

水戸市/みとし

茨城県水戸市の地域情報

県庁所在地の茨城県水戸市は、県のやや東寄りの中央部に位置します。東には太平洋を、南には関東平野に属する常陸台地を望み、北と西には筑波や日光、阿武隈などの山々が連なります。水戸市の東に隣接する自治体は茨城県大洗町で、西に隣接するのは茨城県笠間市です。さらに南に接している町は茨城県茨城町、北に接するのは茨城県ひたちなか市と那珂市、城里町となっています。茨城県で水戸市に次いで人口が多いのは、南西に約63km行ったところにある茨城県つくば市です。常盤自動車道を利用すると約1時間で到着します。また、つくば市と同じくらいの人口を有する茨城県日立市は北東に位置しており、常盤自動車道を使うと約45分で着きます。

茨城県水戸市のふるさと納税寄付の使い道一覧

・米作り農家応援事業
・やさしさと希望あふれる理想郷(ふるさと)づくりに関する事業
・快適で安全な理想郷(ふるさと)づくりに関する事業
・豊かな心を育む理想郷(ふるさと)づくりに関する事業
・活力と魅力あふれる理想郷(ふるさと)づくりに関する事業
・夢を育む理想郷(ふるさと)づくりに関する事業
・いきいきと協働する理想郷(ふるさと)づくりに関する事業
・個別の指定事業
・ご指定の無い場合町長がまちづくりの課題に応じてもっとも必要な事業の指定を行います。

出典:水戸黄門ふるさと寄附金チラシ
(http://www.city.mito.lg.jp/001486/furusato/p016538_d/fil/furusato.pdf)

茨城県水戸市についてのイメージ調査

皆さんは、「茨城県水戸市」という地名を聞くと何をイメージしますか?「市の特徴を知りたい」という方のために、今回は茨城県水戸市のイメージについてのアンケート結果とそれぞれのイメージに対するコメントを、ランキング形式でご紹介します。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:茨城県水戸市

【回答数】
自然:10
伝統:11
観光:17
経済:4
人情:2
閑静:0
便利:6


アンケートの結果、多くの人が「観光」というイメージを持っていることがわかりました。
・徳川御三家の一つ水戸徳川家の中心都市である。日本三名園の一つである偕楽園は有名で、特に2月から3月の水戸の梅まつりの時期は多くの観光客が訪れている。ドラマの影響で水戸黄門こと徳川光圀が有名で、水戸をアピールする為に水戸黄門をモチーフとしたゆるキャラがつくられている。(40代/女性)

・水戸市は茨城県の県庁所在地でありますが、様々な見どころもあるので観光を選択しました。水戸市と言えば水戸黄門が有名だと思います。あとは水戸納豆や偕楽園も有名です。梅の季節の偕楽園やその周辺の公園はとでもきれいです。(40代/女性)

コメントからもわかるように、茨城県水戸市の観光スポットといえば、徳川家に関する土地や建造物をイメージする人が多く、名園で知られている「偕楽園」などをはじめ、観光客を魅了する観光スポットが多いイメージがあるようです。

次に回答数が多かったのが「伝統」というイメージでした。
・水戸市は茨城県の県庁所在地です。水戸黄門でも有名な地です。街の随所に水戸黄門に関する石碑、建物、跡地として観光の名所にもなっています。食品では昔から水戸納豆も有名です。納豆工場も数多くありますので見学が可能なお店もあります。(30代/女性)

・水戸市といえば納豆!「水戸納豆」として親しまれ、納豆にちなんだ料理やお土産の販売、納豆早食い世界大会も開かれています。また、8月には「水戸黄門まつり」が開催されます。あまり知られていませんが、水戸市はオセロ発祥の地でもあります。(40代/女性)

コメントを見てみると、茨城県水戸市といえば「納豆」や「水戸黄門」のイメージを持っている人が多く、市内外問わず、これらの伝統は多くの人に知られているようです。

その他にも、「自然」や「便利」などの意見もありました。

・都会すぎず田舎すぎずといった感じで、そのような点が他の地域と比べても過ごしやすいと感じています。自然にも恵まれているため、あわただしさを忘れさせてくれます。ゆっくりできる公園や楽しめる施設もある良いエリアだと思います。(20代/男性)

・親戚が住んでおり、近辺を訪れていました。普段は車での移動がメインですが、千葉方面や東京方面へのアクセスがよく、親戚は水戸まで出てそこから電車で各方面へ出向いていました。水戸駅はそこそこ栄えていて、たいていの買い物はここで済むと思いました。水戸といえば水戸黄門、偕楽園、水戸納豆だと思います。(40代/女性)

・茨城県の主要都市として発達しています。商業施設が整っていますし、あらゆる産業が活発ですから、経済的な基盤がしっかりしています。また、テレビの時代劇で有名な水戸黄門に縁のあるエリアですから、観光業も盛んです。(50代/女性)

・経済的な役割を持つ都市の認識です。産業としても納豆があり、水戸市は県庁所在地でもあるので、茨城としての経済の中心地という役割を担っているイメージです。観光などもあるのかと思いますがそれほど強いイメージはありません。(30代/男性/正社員)

コメントによると、茨城県水戸市は偕楽園などをはじめとする伝統的文化を大切にするだけでなく、市内の自然も豊かであるというイメージから「自然」という回答をする人が多いようで、「自然」が第3位という結果でした。

また、第4位は「便利」、第5位は「経済」でした。コメントによると、商業施設が豊富であり、なおかつ交通の便も良いイメージを持っている人が多いようです。
第6位は「人情」でした。これについては、ドラマ「水戸黄門」の影響もあるようです。
第7位は「閑静」です。茨城県水戸市は、商業施設や観光事業が豊富なために、閑静というよりも、賑わっているイメージが強という人が多いようです。


茨城県水戸市のイメージ調査の結果、「水戸黄門」や「納豆」といったイメージが根強く、観光スポットだけではなく、実際に水戸市に住む場合にも良いイメージを持っている方が多いようです。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年1月15日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年1月15日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ