認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

北海道鶴居村のふるさと納税・地域の情報

鶴居村/つるいむら

北海道鶴居村の地域情報

北海道鶴居村は、北海道の南東側に位置し、太平洋沖からみると釧路より北側、内陸部の北海道釧路振興局館内の阿寒郡にある村です。鶴居村へは、JR釧路本線標茶駅から国道274号線を西へ向かいます。
阿寒カルデラ外輪山を流れる川の流域に広がる雪裡、幌呂、久著呂の3原野があります。標高は、低い場所で本村南部の湿原地帯、高い場所で阿寒山麓の原始林帯からなります。
夏になると釧路沖で発生する海霧(ガス)に覆われることが稀にあります。しかし、夏場はほぼ南からの風が強く、内陸型気候であるため比較的温暖です。
村の鳥として、特別天然記念物でツル目ツル科のタンチョウが、毎年11月頃に鶴見台や鶴居伊藤サンクチュアリ、雪裡橋などで見られます。

北海道鶴居村のふるさと納税寄付の使い道一覧

・特別天然記念物「タンチョウ」の愛護に関する事業
・釧路湿原を含めた自然環境の保全等に関する事業
・地域振興および地域福祉等に関する事業
・教育および文化スポーツの振興に関する事業
・こども子育て及び青少年の人材育成に関する事業

出典:鶴居村を愛し応援してくださる方!多くの寄附をお待ちしています。
(http://www.vill.tsurui.lg.jp/sonsei/gyosei/furusato/furusato_01.html)

北海道鶴居村についてのイメージ調査

北海道鶴居村についてどのようなイメージを持つ人が多いのか、アンケート調査を行いました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:北海道鶴居村

【回答数】
自然:25
伝統:0
観光:14
経済:5
人情:2
閑静:2
便利:2



アンケートの結果は、自然が最も多く選ばれました。
・広大な釧路湿原は美しい景観を眺められますし、さまざまな植物や動物を観察することができます。とりわけ丹頂鶴の生息地として有名です。また、つるい村民の森オートキャンプ場では、誰もが気軽にアウトドアを楽しめます。(50代/女性)
・鶴居村では、丹頂鶴が見られます。タンチョウの二大給餌場の一つ「鶴見台」には約200羽前後のタンチョウが、毎年11月頃から3月頃まで餌を求めにやってきます。また、「鶴居・伊藤 タンチョウ サンクチュアリ」もそのひとつです。(40代/女性)

釧路湿原の美しい自然が眺められることや丹頂鶴の生息地として、自然に囲まれている村というイメージを持つ方が多くいました。

次いで多かったのは、観光です。
・この町は、鶴が舞い降りる町としてとても有名である。冬になると多くの鶴が来る。あの声や踊っている所が近くで見れるので観光客には人気である。とても寒いけれども一度は見たいなと思ってしまう。そして見てしまうとまた来年も来て見たいなと思ってしまう。とてもいい町である。(30代/女性)
・コレ!と言えばタンチョウです。開発されたことでタンチョウの餌が少なくなり数が減ったタンチョウを救うために餌付けを行ったことで数が増えました。伊藤サンクチュアリへ行ったことがあります。餌やりの時間に多くタンチョウが飛来すると聞いていましたが、その時間帯以外でもタンチョウを見ることができます。飛来するタンチョウを見たいのであれば餌やりの時間前に行くのが良いです。(40代/男性)

丹頂鶴を見ることのできる村としての認知度が高いようで、丹頂鶴の観察に多くの観光客がくるというイメージがあるようです。

これ以外の意見は、経済や人情、閑静などがあります。
・小さな村ですが、農業の効率は高く成果も出ています。そこで経済というキーワードがふさわしいと判断しました。このエリアでおすすめのスポットは、鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリになります。野生動物の自生地として名高いです。(40代/男性)
・釧路市と合併せずに独立していて、昔からある独自のコミュニティが成立している村であるから。鶴居村という名前の通り鶴が道路から見られること、酪農が盛んで牛乳やチーズのブランドがあり、観光客に人気であること。(10代/女性)
・北海道鶴居村は人口が2,500人ぐらいの小さな村で、閑静という言葉が当てはまると思います。そして特産品として知られているのが、エゾ鹿大和煮です。和風の味付けで美味しいと評判です。ニジマス甘露煮も特産品となっています。(40代/男性)

小さな村で静かな農村地というイメージがありながら、農業が盛んに行われ高い成果が出ている経済的に豊かな村という印象も見受けられます。

アンケート調査の結果、丹頂鶴が訪れる自然豊かな村で、その丹頂鶴が観光客の誘致にもつながっているという印象を持たれていることがわかりました。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年2月26日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年2月26日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ