認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

北海道芽室町(めむろちょう)のふるさと納税・地域の情報

北海道芽室町の地域情報

北海道芽室町は、北海道十勝総合振興局内にある自治体の1つです。芽室町は日高山脈の東側にある十勝平野のほぼ中央に位置しており、帯広市西部と隣接します。また太平洋や日本海には接していない内陸に位置しており、内陸性の気候で晴れた日が多いです。
芽室町は東西に22.6km、南北35.4kmの大きさを有し、やや南北に広がった形をしています。芽室町内の約42%が農地、約40%が山林となっていて、のどかで豊かな自然を感じることができます。町の中を十勝川や芽室川などが流れており、水も豊かで平坦な大地を形成します。
町の中心部は根室本線の芽室駅周辺であり、沿線の両側には住宅地が広がっています。また芽室町役場や郵便局などの公共施設が、駅周辺に立地します。

北海道芽室町のふるさと納税寄付の使い道一覧

・(1)農業・商工業の振興に関する事業
・(2)教育・文化の振興に関する事業
・(3)ゲートボール等のスポーツの振興に関する事業
・(4)子育て支援・青少年健全育成に関する事業
・(5)福祉・コミュニティ活動の推進に関する事業
・(6)公立芽室病院の運営に関する事業
・(7)自然環境・地域景観の保全に関する事業
・(8)(1)~(7)の事業以外の事業

出典:芽室町へ「ふるさと納税」を希望される方へ
(http://www.memuro.net/soumu/furusato/index.html)

北海道芽室町についてのイメージ調査

広い北海道、そのイメージは人によって違いますが、もっとエリアを狭くするとどんなイメージを持つ人がいるでしょうか。
そこで北海道芽室町に対して、イメージ調査を行いました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:北海道芽室町

【回答数】
自然:33
伝統:2
観光:7
経済:2
人情:0
閑静:5
便利:1



アンケートの結果、自然というイメージを持つという意見が最も多いことが分かりました。

・十勝平野と日高山脈が360度パノラマ眺望できる景色が圧巻であり、ぜひ訪れたい場所だと思います。農業を特産としている町であり、特にスイートコーンが有名なので、さまざまな料理で味わう楽しみもあります。また日高山脈から流れる清流にも注目だと思います。(50代/女性)
・芽室町は辺り一面田園が広がっていて自然豊かで冬になるとスキーを楽しめるメムロスキー場があったりとても広い公園でウォータースライダーやキャンプなどができる芽室公園があるからです。芽室町といったら新嵐山スカイパーク展望台ですね。(10代/男性)

十勝平野と日高山脈を一望できる景色や、スキーやウォータースライダーを楽しめる公園があることを理由に、自然というイメージを持つ人が多いようです。
農業を主な産業としていることも、自然を連想させると考えられます。

次に多かったのは、観光というイメージを持つという意見でした。

・農業で有名な十勝にある町、芽室町もまた農業が盛んです。その為畑が多く、遮るものもない畑作地帯の風景は、北海道外から来た人にとって、珍しく感じ写真をおさめるのに最適な風景です。特に観光地はありませんが、この風景が芽室町の観光資源と言って良いでしょう。(40代/女性)
・芽室町の集団研修施設かっこうは、廃校になった学校を利用して、多くの人が自然に親しみながら学べる生涯学習施設です。ご当地出身の大乃国の資料館もあります。昔のなごりもあります。隣には芽室の郷土資料館的な施設もあります。(30代/男性)

イメージとして観光を選んだ人の多くは、豊富な自然環境そのものを観光資源として捉える人と、自然に親しみつつ学べる施設があることを理由としていることが、コメントから分かりました。
同じ自然を理由にしていても、実際に触れて楽しめる場所を通すと、観光というイメージに繋がりやすいようです。

自然と観光以外には、閑静、経済、便利、伝統というイメージがある、という意見が寄せられました。

・ゲートボール発祥の地として知られている歴史のある街です。ゲートボール創始者の鈴木和伸氏の胸像や各種資料を展示芽室町健康プラザがあり、伏美湿原ミズバショウ・芽室公園一帯カシワ林は、町の文化財として大切にされています。(30代/女性)
・帯広市のベッドタウンとして、人口増加が著しいエリアです。広大な平地を活用して、ジャガイモなどの大規模な農業が行われています。そのために、今後も経済活動が活発になって、ますます発展することが期待されています。(50代/女性)
・芽室町は帯広のベッドタウンなので閑静なところです。十勝の中心に位置しているので農業が盛んで、特にジャガイモやスイートコーンが特産です。また、ゲートボールの発祥地です。最近はパークゴルフの方がメジャーになってきましたが、お年寄りには根強い人気です。(40代/男性)

ゲートボール発祥地という歴史があることから、伝統をイメージする人がいるようです。また帯広市のベッドタウンである、という点に対しては経済活動が活発になってほしいという期待から経済をイメージする人、住宅地として閑静なイメージを持つ人もいました。

アンケート調査の結果、北海道芽室町に対するイメージとして最も多かったのは「自然」で、その次に「観光」と続き、上位2つのイメージの他には「閑静」「経済」「便利」「伝統」というイメージを持つ人がいると分かりました。

※本コンテンツについて

  • 記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
  • 記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
  • 無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ