認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

北海道士幌町(しほろちょう)のふるさと納税・地域の情報

北海道士幌町の地域情報

北海道士幌町は北海道の中心より南東に少しずれたところに位置しています。また、十勝地方では中央より北側にあり、なおかつ大雪山系の南麓にあります。十勝総合振興局の庁舎を置く帯広市からは北、道庁のある札幌市からは東の方角です。

それから、士幌町の東隣には本別町があり、南東には池田町が位置します。加えて北には上士幌町が、西には鹿追町、南には音更町が隣接しています。

町の開拓が始まったのは、岐阜県発足の美濃開墾合資会社の一行が入植してきた明治31年3月のことでした。そして、その8年後に行われた音更町沿岸での百戸分の開拓も影響し、徐々に移住者が増えて音更と士幌は共に発展してきました。町名の「士幌」は、アイヌ語の「シュウウォロー」が転訛したものです。

北海道士幌町のふるさと納税寄付の使い道一覧

・協働のまちづくりに係る基盤づくりに関する事業
・新しい時代を担う人づくりに関する事業
・スポーツ・文化を育む地域づくりに関する事業
・子どもを育てやすい環境づくりに関する事業
・みんなで支えあう福祉のまちづくりに関する事業
・賑わいや活力を創りだすまちづくりに関する事業
・安全で安心できるまちづくりに関する事業
・環境にやさしいまちづくりに関する事業
・その他目的達成のため町長が必要と認める事業

出典:士幌町ふるさと寄附(ふるさと納税)制度のご案内|士幌町(しほろちょう)
(http://www.shihoro.jp/country_home/)

北海道士幌町についてのイメージ調査

このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。

北海道士幌町はどんな印象を持たれているのでしょうか。50人にアンケートをとってみました。
自然と答えている人が7割いました。
・北海道士幌町のイメージは自然です。観光のカテゴリと迷いましたが自然を選びました。士幌高原展望台や水芭蕉園があったり北海道ならではの直線道路(16キロ)などがあり自然を感じることのできる町です。ハスカップなどの名産もあります。(30代/女性)
・北海道士幌町は、明治時代に岐阜県からこの地に入植したのがはじまりで、原生林を切り開き開拓され出来た町です。恵まれた自然環境を生かして酪農に畑作が盛んなところ、なのでこのエリアを表すものとして自然を選択しました。(50代/男性)
士幌高原展望台や水芭蕉園、酪農に畑作が盛んだという意見があり、自然の中にある街というイメージがあるようです。

次に多い答えが観光です。
・北海道でも明るく色とりどりの富良野平原もあれば「どす黒く原野が厳しい士幌平原もある」士幌平原を見下せる「ヌプカの里」は、車でしか行けないが、高台にあってログハウス風の休息場である。キャンプサイトの周りにはあまり人の気配がないので自然にどっぷりを浸かれます。(40代/男性)
・道の駅しほろ温泉がおすすめの観光スポットです。道の駅ですが、売店やレストランは小さくて、ほぼ温泉施設です。 同じモール温泉でも、十勝川温泉よりお湯がすこし澄んでいてきれいだと思います。寒い冬にゆっくり温泉につかるのがお薦めです。(30代/男性)
しほろ温泉やヌプカの里など観光スポットがある他、キャンプ場は人が少ないので穴場という情報も得ることが出来ました。

その他このような意見がありました。
・士幌町は、北海道十勝総合振興局管内の河東郡にある町で、町名の由来は、アイヌ語の「シュー・オル・ペツ」からということから、伝統が息づいている町だと思う。伝説によれば、昔この地に忍び込んだ盗賊が村人に見咎められたというのも印象的。(20代/女性)
・農業が盛んな町です。馬鈴薯、小麦などを輪作で生産しています。てん菜、豆類/スイートコーンなども主要な作物です。酪農、畜産にも力を入れています。「しほろ牛肉」は士幌町のブランド牛肉です。JAが生産から加工・流通までを手がけ、強靱な経済団体になりました。町にはポテトチップスの工場があります。(60代/男性)
・士幌町は、北海道十勝総合振興局管内の河東郡にあります。農業は畑作、酪農、畜産が盛ん。 ジャガイモ、牛肉、ミニトマトなどを生産。農業協同組合が生産から加工・流通と、大規模な合理化・多角化を進めた結果、全国的にも希に見る強靱な経済団体として成長し、農業協同組合でありながら全国高額所得法人の常連として名を連ね、長らく全国農業協同組合連合会の頂点に君臨し続けていた。(40代/男性)
町の名前の由来がアイヌ語からというのは北海道らしいです。全国農業協同組合連合会の頂点に君臨していたのも見逃せないポイントです。

士幌町のイメージ調査の結果、町の由来がアイヌ語からきており、全国農業協同組合連合会の頂点に君臨したことがあり、士幌高原展望台や水芭蕉園、酪農に畑作が盛んで、しほろ温泉やヌプカの里など観光スポットが多く、キャンプ場は穴場だということがわかりました。

※本アンケートはサグーワークスにて2018年1月15日よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年1月15日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

北海道士幌町のふるさと納税お礼品に関するアンケート調査

北海道士幌町でふるさと納税するなら次のうちなにがいい?

町名を冠したしほろ牛がお礼品の1番人気
・あまり聞き覚えのないブランド名ですが、しほろ牛、食してみたいです。ジンギスカンではない北海道の味がするかもしれません(50代/男性/正社員)
・しほろ牛は地名がついているくらい有名な特産品だし、きれいなサシの入った牛肉を味わってみたいから(20代/女性/学生)
・赤肉の旨さにこだわって改良されたしほろ牛は、ビタミンやミネラルも多くヘルシーだから(30代/女性/個人事業主)
士幌町は、北海道の中心部から少し南東方向に向かった、十勝総合振興局管内河東郡にあります。士幌町の中心部から南へ30キロほど行くと帯広市に着き、北西方向にはドラマ「北の国から」で有名な富良野があるといえば、だいたいの位置関係を把握できるでしょうか。この士幌町の主な産業は農業と畜産となります。
ふるさと納税のお礼品で最も回答が多かったのは、士幌町の特産であるしほろ牛でした。豊かな自然のなかで育てられたホルスタインの雄牛は、やわらかい赤身にうま味のたっぷりと詰まった良質な牛肉です。お礼品では、各部位のステーキ肉詰め合わせに加えて、しほろ牛の肉を使ったハンバーグが好評です。
アンケート回答者のなかには、しほろ牛について知らなかった人もいました。それでも、やはり北海道の食品に対する信頼と「しほろ牛は地名がついているくらい有名な特産品」といったブランド牛への期待が高いようでした。その一方で、しほろ牛についての知識をしっかりと持ったうえで選んでいる人も少なくありませんでした。
乳牛が人間よりも多い士幌町特産のチーズ
・北海道のチーズはとても濃厚で甘みがあり、とてもおいしいのでこれを選びます(50代/女性/パート・アルバイト)
・北海道といえば乳製品というイメージがあるので、チーズを選びました。ちょっと珍しいチーズ等が数種類入っていると、普段は食べないチーズをお試し感覚で食べられるのでうれしいと思います(40代/女性/個人事業主)
2番目に回答が多かったお礼品は士幌産のチーズでした。士幌町の人口が約6100人(※総務省統計局平成27年国勢調査)であるのに対して、乳牛は約1万8000頭いるといいます(※農林水産省2015年農林業センサス)人口の約3倍の乳牛を町内で飼育しているのですから、乳製品が特産となるのもうなずけるでしょう。
回答には、士幌町産のチーズというよりは北海道産のチーズに信頼を置いている人もいました。ですが、牛乳の大生産地として有名な十勝の名は聞いたことがあるでしょう。士幌町は十勝総合振興局管内、つまり十勝の真ん中に位置しています。牛乳やその加工食品であるチーズの生産に定評があって当然です。お礼品のチーズは、チーズフォンデュ、カマンベールチーズ、クリームチーズ、チーズスプレッドなどのチーズ各種に加えて、数種類のバターも入った詰め合わせとなります。きれいな水と空気のなかで生まれた士幌町の宝を、ぜひ自宅で味わってください。
なめらかな食感がくせになるスイートコーンプリン
・スイートコーンのプリンってどんな味がするんだろうと気になったので選びました(20代/女性/学生)
・士幌町というとジャガイモのイメージがありました。でも今回の選択肢には無いので、単純に一番どんなものか想像のつきにくいものを選びました。スイートコーンでプリンを作るなんて聞いたことがないので、どんな味がするのか興味があります(30代/女性/専業主婦)
・キャンプで何度か訪れたがコーンが本当に美味しく、またコーンのプリンはおそらく他では買えないのではないかと思うから(40代/女性/専業主婦)
士幌産のスイートコーンをふんだんに使って、北海道産牛乳と合わせて作るスイートコーンプリンが高評価を得ています。甘みの強いことで知られるスイートコーンですが、あまり聞いたことがないという人も多いでしょう。アンケートのなかにも、実際にどんなものなのかはわからないけど、試してみたくなったために選択したという人が目立ちました。一方で、実際に士幌町のスイートコーンを食べたことのある人もおり、とうもろこしのプリンという物珍しさもあってお礼品に推したようです。
士幌産のスイートコーンプリンの特徴は、そのなめらかな食感でしょう。お好みでメイプルパウダーを添えると味の変化を楽しむことができます。お礼品には、同じサイズで色違いのパッケージに入った黒豆ようかんとのセットも選べるので、士幌町生まれのスイーツを堪能できるでしょう。
ハスカップもランクイン
・北海道に行ったときにハスカップ味のお菓子とかたくさんあって気になっていました(20代/女性/学生)
・ハスカップというものを初めて知りました。どのような食材なのか、とても気になります(50代/女性/個人事業主)
北海道では6~8月にかけて旬となるハスカップですが、全国的にはあまり知名度はないかもしれません。色合いはブルーベリーによく似ており、短くて太めのソーセージのような実の形をしています。豊富な栄養素を含んでいるのですが、とても傷みやすいために長距離の輸送には向きません。
そこで士幌町では、お礼品として冷凍保存したハスカップのパックと、ハスカップジャムの詰め合わせを提供しています。特に、生のまま冷凍したハスカップは珍しく、そのまま食べてもよいですし、スムージーやアイスクリームに添えると味を引き立たせてくれるでしょう。
アンケートでは、ほとんどの人が名前を聞いたことがあるくらいでした。「どのような食材なのか、とても気になります」といったように、好奇心から選択した人が多いようです。ふるさと納税のお礼品として、これまでなじみのなかったものに挑戦してみるのも楽しいかもしれません。
士幌町の特産品ならではの味を堪能してもらう
しほろ牛、チーズ、スイートコーンプリン、ハスカップと、選ばれたのは士幌町の豊かな自然と人間の努力が育んだ大地の恵みでした。アンケート回答者のコメントを見ていくと、やはり農業と畜産が盛んで、食べ物がおいしい北海道のイメージが強いようです。

※本アンケートはサグーワークスにて2018年6月1日よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年6月1日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

※本コンテンツについて

  • 記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
  • 記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
  • 無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ