認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

北海道えりも町のふるさと納税・地域の情報

えりも町/えりもちょう

北海道えりも町の地域情報

北海道えりも町は日高振興局管内南端にある漁業と観光の町で、全国的にも有名な襟裳岬があります。日高山脈の南端にある襟裳岬は太平洋に向かって突き出し、遠くまで岩礁地帯が続いています。寒流と暖流が交わる岬周辺の海はサケ・マス、コンブなど豊富な水産資源に恵まれていて、特にコンブは「日高昆布」として知名度が高く評判です。
日本でも指折りの強風地帯の襟裳岬には、強風を体験できる「風の館」があり、ゼニガタアザラシのウォッチングもできます。また釧路まで続く国道336号線の中でもえりも町庶野地区から広尾町までの約33kmの区間は、断崖絶壁で工事に莫大な費用がかかったことから黄金道路と呼ばれています。トンネルと覆道の連続ですが、切れ目から見える海岸線は絶景です。

北海道えりも町のふるさと納税寄付の使い道一覧

・産業、観光の振興に関する事業
・保健、福祉及び医療の充実に関する事業
・生活環境の整備に関する事業
・教育、文化活動の振興に関する事業
・指定なし(町長におまかせ)

出典:北海道えりも町|ふるさと寄附金(ふるさと納税)
(http://www.town.erimo.lg.jp/section/sangyou/sg6h940000000rbv.html)

北海道えりも町についてのイメージ調査

えりも町はどんな印象を持たれているか50人にアンケートをとってみました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:北海道えりも町

【回答数】
自然:37
伝統:2
観光:8
経済:0
人情:0
閑静:2
便利:1



アンケート結果から74%の人が自然と答えました。
・えりも町は、北海道南部に位置する海沿いの町で、「風のまち」と呼ばれています。「襟裳岬」から見える朝日や夕日は格別で、毎年全国各地から多くの観光客が訪れています。かつてここはシラカバなどにおおわれた原生林で、その後伐採などにより砂漠化し、土地の人々の努力によって今のような豊かな土地になりました。鮭、ウニ、昆布など豊富な海産物が獲れます。(40代/女性)
・地名はえりも町となっていますが、どうしても襟裳岬がありますので、その名前を連想してしまいます。地図を見れば判るとおり、北海道の下に突き出た突起のような部分で、いかにも風雪にさらされた、歌で言うように何も無い所と思われますが、数十年前の住民たちの絶え間ぬ努力で、木を植え根付かせ、海では昆布が取れる漁場になったという話があります。(50代/男性)
北海道南部の風のまちと呼ばれる襟裳岬を連想するようです。シラカバがあったのですが、伐採して砂漠化してから木々を植え付けたという経緯から自然とイメージしたのでしょう。

次に多い回答が観光です。
・地図で見ると襟裳岬は尖っています。飛行機から写真を撮りましたが地図と同じく尖っていました。沢山のアザラシと日高山脈の端の雄大さを感じました。古い灯台もあり、撮影スポットになります。距離的には、かなりあるので早めの出発がおすすめです(40代/男性)
・北海道えりも町といえば、有名な観光名所のえりも岬がある場所なので観光を選びました。全国各地の人が知っている有名な観光地があるということは、そこを目当てにえりも町を訪れる方もたくさん、いらっしゃるんだと思ったので、やはり観光だと思います。(40代/女性)
多くのアザラシ、日高山脈の絶景、古い灯台があり、撮影スポットに適していることなどから観光を選んだようです。

その他の回答はこのようになりました。
・えりも町(えりもちょう)は、北海道南部、日高振興局管内にある町。1町で幌泉郡をなしている。北海道主部における最南端である襟裳岬がある。町名の由来は、アイヌ語で「エンルム」(岬の意)。林野庁が1953年(昭和28年)以降、襟裳岬の治山事業を開始した。2001年(平成13年)に緑化の取り組みがNHK総合「プロジェクトX~挑戦者たち~」で放送された。(40代/男性)
・1町で幌泉郡をなしていて、北海道主部における最南端である襟裳岬があり、 町名の由来はアイヌ語で「エンルム」だということを聞いたので、むかしながらのアイヌの伝統が息づいているというイメージがかなりあります。(20代/女性)
・全体的に年齢層が高い町なので、とても落ち着いた雰囲気です。そこらじゅう自然まみれなので、めいっぱい緑を感じることが出来るところも魅力のひとつだと思います。昔から営業している飲食店で地元の郷土料理が食べられますよ。(20代/女性)
町名の由来がアイヌ語のエンルムから名付けられたことや、地元の郷土料理を楽しめるなど歴史のある街だと言えそうです。

えりも町のイメージ調査の結果、襟裳岬の歴史や名前の由来などを紐解くと、奥深いことを感じることができる他に、観光スポットがある街だということがわかりました。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年1月15日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年1月15日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ