認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

北海道平取町のふるさと納税・地域の情報

平取町/びらとりちょう

北海道平取町の地域情報

北海道平取町は、北海道日高振興局管内の西端にある町です。北海道の南部に位置しており面積は743.09平方キロメートル、形は三角形に近く沙流川の中・下流域にあります。日高支庁西部山間にあり、日高町・新冠町・むかわ町・占冠町・帯広市と隣接しており、太平洋には面していない町です。札幌からの地図上の直線距離は96.3キロ、運転経路で142.7キロ、車では高速道路を使用して約1時間半で到着することができます。この町は牧場や農場が大変多く存在するので、ドライブをしながらの風景は、北海道ならではの壮大な自然を感じることができます。町の中心部には237号線の日高国道が通っており、その周辺には役場や、学校が存在しています。

北海道平取町のふるさと納税寄付の使い道一覧

・教育・文化の推進に関する事業
・保健 ・医療 ・介護 ・福祉の 向上に関する事業
・農林・観光・商工業の振興に関する事業
・生活環境の向上に関する事業
・町民活動・行政活動の充実に関する事業
・その他目的達成のために町長が必要と認める事業

出典:平取町ふるさと応援寄付金|平取町オフィシャルサイト
(http://www.town.biratori.hokkaido.jp/kurashi/furusato_zei/)

北海道平取町についてのイメージ調査

北海道平取町とはどのようなところでしょうか。アンケートで50人に聞いてみました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:北海道平取町

【回答数】
自然:25
伝統:8
観光:10
経済:3
人情:0
閑静:1
便利:3



1位は自然という結果になりました。
・豊かでダイナミックな自然に恵まれているエリアです。幌尻岳などの雄大な山がそびえていますから、登山やキャンプなど、さまざまなアウトドアを楽しむことができます。また、二風谷アイヌ文化博物館など、アイヌ民族にゆかりのある施設が建てられています。(50代/女性/)
・平取町には「平取町芽生すずらん群生地」があります。自生する野生のすずらんで、日本最大規模を誇ります。5月下旬より6月上旬の2週間「すずらん観賞会」が開催され、お土産にスズランがプレゼントされます(先着限定で土日のみ)。(40代/女性)

平取町は幌尻岳などの雄大な山がそびえ、豊かでダイナミックな自然が楽しめるところという印象があるようでした。登山やキャンプなど、様々なアウトドアを通じて自然を楽しむことができます。また、すずらんの自生地としても知られていました。

2位は観光という結果になりました。
・平取町には義経神社や平取町立二風谷アイヌ文化博物館、芽生すずらん群生地、二風谷ダム、旧マンロー邸、ウカエロシキなどの観光名所や寺社、景勝地などがあるので。平取町芽生すずらん群生地は15万平方mの群生地で、日本一の広さです。6月のシーズンには一面に咲き誇ります。(30代/女性)
・幌尻岳などの山々や沙流川、額平川などの雄大な大自然が魅力の観光地だと思います。町には二風谷アイヌ文化博物館やアイヌ資料館など先住民族の文化を学べるスポットもある他、すずらん群生地や二風谷ファミリーランドなど家族で遊べるスポットもあります。宿泊施設や温泉もあり満足できる観光地だと思います。(40代/男性)

平取町には様々な観光スポットがあることが知られていました。雄大な自然を楽しむことができるスポットや家族で遊べるスポット、アイヌの歴史や文化を学ぶことができるスポットなど、ジャンルもいろいろあります。花の季節のすずらん群生地の魅力は魅力的なようでした。

その他には伝統、便利、経済、閑静などのキーワードが挙げられていました。
・平取町(びらとりちょう)の地名の由来は、アイヌ語のピラウトゥル(pira utur)で、「ガケの間」の意味です。二風谷アイヌ文化博物館、萱野茂二風谷アイヌ資料館など、アイヌに関する名所も、平取町にあります。(30代/男性)
・アイヌ民族の資料館や源義経にまつわる神社など歴史的な場所が多いので『伝統』を選びました。平取町といえば、標高2000メートルを超える「幌尻岳」だと思います。アイヌ語でも「ポロ・シリ(大きい山)」と呼ばれるほど雄大で、登山家にも人気の山だそうです。(30代/女性)
・源義経伝説のひとつに、北海道でアイヌの英雄になったというものがあります。その歴史的事実はともかく、江戸時代に平取町に建てられた義経神社は桜の木も多くでかなり立派です。北海道各地にある義経伝説馬とも縁深く沢山の祈願のぼりが掲げてあります。(40代/男性)
・稲作、畑作、林業、畜産など。 びらとり和牛という牛肉・トマトはニシパの恋人というブランドが知られています。鉄道が廃止されてしまったので、自動車やバスを利用して交通を行わないといけない季節があり、季節感がある町です。(30代/女性)
・平取といえば「オオカミの桃」でしょう。とてもおいしい桃で、ジュースにしても食べてもおいしいです。平取では絶対これを買ったほうがいいです。昔は猟銃の発砲の事件などでしか知らなかったのですが、いつの間にかトマトがおいしい町になっていました。(30代/女性)

平取町はアイヌとの関わりの深い町として知られていました。町名や地名もアイヌの言葉から来ているものが多く、町内にはアイヌの資料などを見ることのできる施設もあります。農産物が豊富で美味しい桃や和牛、トマトなどが挙げられていました。

アンケート調査の結果、北海道平取町は雄大な自然に囲まれた美しいところというイメージが強いことがわかりました。自然を生かした観光スポットもたくさんあることが知られています。また、アイヌとの関わりが深く、アイヌについて知ることのできる施設があることも挙げられていました。農産物などの美味しさも広く知られていました。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年2月13日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年2月13日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ