認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

北海道湧別町のふるさと納税・地域の情報

湧別町/ゆうべつちょう

北海道湧別町の地域情報

北海道湧別町はオホーツク海沿岸の中央部に位置する町です。札幌からは約280km、オホーツク紋別空港からは車で40分ほどの距離です。2009年に湧別川上流の上湧別町と海に面する旧湧別町が新設合併して、新しく湧別町としてスタートしました。湧別町は湧別川流域に広がる自然豊かな町で、町の東側には北海道最大の湖、サロマ湖があります。乳牛飼育による酪農や畑作などの農業、オホーツク海やサロマ湖での養殖・沿岸漁業が盛んで、山の幸も海の幸も両方味わえるのが魅力です。
また湧別町はチューリップの町としても知られています。広大な敷地に約200品種ものチューリップが植えられた「かみゆうべつチューリップ公園」は、時期になると色鮮やかなチューリップが咲き乱れ、大勢の観光客で賑わいます。

北海道湧別町のふるさと納税寄付の使い道一覧

・オホーツク海とサロマ湖の自然保護・保全及び活用に関する事業
・チューリップ公園の整備に関する事業
・ふるさと心の森整備に関する事業
・心豊かで健やかな子どもを育む事業
・上記のほか、皆様が指定し町長が必要と認める事業

出典:ふるさと納税|行政情報|湧別町
(http://www.town.yubetsu.lg.jp/40gyosei/05policy/furusato/)

北海道湧別町についてのイメージ調査

湧別町はどんな印象を持たれているか50人にアンケートをとってみました。



このエリアを表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:北海道湧別町

【回答数】
自然:26
伝統:1
観光:14
経済:3
人情:2
閑静:2
便利:2



アンケートの結果、多くの人が自然という印象を持っていることが分かりました。
・オホーツク海に面し、湧別川河口に位置していて、町東部にはサロマ湖があります。町内では黒曜石を産出していて、黒曜石を薄く引き剥がして細石刃を量産する技術があります。(女性・30代)
・オホーツク海に面していますから、風光明媚な景観を堪能できます。冬から春にかけて、流氷を見るために大勢の観光客が訪れています。また、サロマ湖、湧別川など、豊富な水資源に恵まれていることでも知られています。(女性・50代)

コメントからも分かるように、サロマ湖やオホーツク海という理由で選んでいる人が多いようです。湧別町は、オホーツク海に面し、サロマ湖や湧別川など豊かな自然に恵まれた地域としての印象が持たれています。

次に多いのが観光という印象を持っていることが分かりました。
・オホーツク海に面し湧別川河口に位置する非常に自然環境豊かな町で、四季折々の雄大な景観を楽しむ事が出来る観光地だと思います。かみゆうべつチューリップ公園やサロマ湖ワッカ原生花園、網走国定公園など観光スポットが非常に多く、民宿やキャンプ場など宿泊施設も多い魅力的な観光地だと思います。(男性・40代)
・シブノツナイ竪穴住居跡(北海道指定史跡)や佐呂間湖畔鶴沼のアッケシソウ群落(北海道指定天然記念物)といった文化財だけでなく水芭蕉群生地やサンゴ草群生地アッケシソウ群生地といったもの以外にもシブノツナイ遺跡、御園山公園龍宮台展望公園(サロマ湖)、網走国定公園がある為選択しました(男性・20代)

コメントからも分かるように、チューリップ公園や網走国定公園、文化財といった理由で選んでいる人が多いようです。湧別町は、ゆうべつチューリップ公園やサロマ湖、網走国定公園などの自然観光スポットが多いことでも知られています。

また、他にも経済や便利というような意見も見られました。
・湧別町はオホーツク総合振興局管内中部、オホーツク海沿岸にある町で、地名はアイヌ語でチョウザメという意味の 「ユペ」か、温泉の川という意味の「ユーペツ」に由来するとされています。漁業、酪農、農業などに力を入れており、日本最北のリンゴの産地として知られています。(男性・30代)
・ここは、オホーツク総合振興局管内中部、オホーツク海沿岸に位置する町ですね。主な産業は、漁業、農業、酪農、りんごの産地ですね。立地企業もあり、いろいろとがんばってますね。観光は、サンゴ草群生地などがあります。(男性・40代)
・北海道の湧別町のコレというものは湧別総合体育館です。この体育館にはプール、郷土館、武道館が併設されているため多目的に利用することができます。特に郷土館では、地元の歴史や民舞を学習することができ参考になります。(男性・50代)

コメントからも分かるように、産業や施設という理由で選んでいる人が多いようです。湧別町は、オホーツク総合振興局管内にある町で、漁業、農業、酪農などの産業が盛んで、リンゴの産地でもあるという印象があります。

湧別町のイメージ調査の結果、北海道湧別町はオホーツク海に面し、サロマ湖などがある自然豊かな地域で、ゆうべつチューリップ公園や網走国定公園などの観光地としても知られていることが分かりました。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年1月15日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年1月15日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ