認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

北海道利尻富士町のふるさと納税・地域の情報

利尻富士町/りしりふじちょう

北海道利尻富士町の地域情報

北海道利尻富士町は、北海道の最北となる宗谷地方の利尻島にある町でアイヌ語で高い島を意味する「リー・シリ」から名付けられた町名です。
地名の由来ともなっている利尻山(利尻富士)と海に囲まれた地域で、海岸周辺に集落が点在しています。
旧石器時代のものと見られる石器が発見されており、1万3000年ほど前から人間が生活していたことが分かっています。縄文時代から栄えていて、江戸時代には松前藩によってリイシリ場所が開かれていました。
産業は漁業が盛んで特に近海漁業が中心となっています。他には観光業も盛んで、さえぎるものが何もない360℃の大パノラマを楽しめる利尻富士の登山や、石器が発掘されたキャンプ場や温泉などを目的に全国から訪れる方が多いです。

北海道利尻富士町のふるさと納税寄付の使い道一覧

・ふるさと利尻富士町の環境保全に関する事業
・ふるさと利尻富士町の産業振興に関する事業
・ふるさと利尻富士町の保険・福祉に関する事業
・ふるさと利尻富士町の教育・文化に関する事業
・上記のほか、利尻富士町の地域振興に関する事業
・特に事業を指定しない

出典:寄附金活用事業利尻富士町
(http://www.town.rishirifuji.hokkaido.jp/rishirifuji/1265.htm)

北海道利尻富士町についてのイメージ調査

北海道利尻富士町にどんなイメージを持っているのか50人にアンケートをとってみました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:北海道利尻富士町

【回答数】
自然:30
伝統:2
観光:13
経済:2
人情:0
閑静:1
便利:2


アンケートの結果、自然というイメージを持つ人が最も多くいました。
・利尻富士町は利尻礼文サロベツ国立公園が有名です。そのため自然のワードを選択しました。利尻礼文サロベツ国立公園は、公園の約7割が自然状態であり、風も強いため風衝植生になっています。サロベツ原野がラムサール条約に登録されているほか、「礼文島桃岩付近一帯の野生植物」「利尻島のチシマザクラ自生地」「レブンアツモリソウ群生地」「稚内海岸砂丘林」が北海道の天然記念物に指定されています。(30代/女性)
・「利尻富士」の名で有名な利尻山が所在。利尻島に位置する独立峰で標高1721m。利尻町、利尻富士町の2町にまたがる成層火山で、利尻礼文サロベツ国立公園内の山域は特別区域に指定され、日本百名山、新日本百名山、花の百名山及び新・花の百名山に選定されている。(30代/男性)
国立公園に指定され、植物が保護されている事などを理由に自然をイメージする人が多いようです。

次に多かったイメージは観光でした。
・利尻富士町は名前の如く利尻富士(利尻山)です。日本百名山百選で北の秀峰の一番目に数えられていて360°の大パノラマを楽しめ登山者が急増しています。利尻山は北海道の銘菓「白い恋人」のパッケージにもなりました。ベストシーズンは6月~10月で利尻島の観光スポットは多く姫沼、オタトマリ沼、富士野園地、仙法志御崎公園等がありますが、6~7月の富士野園地はエゾカンゾウがオレンジの絨毯の景色になり息を飲みます。(50代/女性)
・利尻富士町には利尻山やペシ岬、オタトマリ沼、姫沼、南浜湿原、甘露泉水、沼浦展望台、ポンモシリ海岸などの自然豊かな観光スポットや景勝地が多いので。夕日ヶ丘展望台は美しい夕日のスポットとして知られ、礼文島や利尻富士も眺めることができます。(30代/女性)
お菓子のパッケージにもなった有名な山に、多くの登山客が訪れている状況から観光をイメージするようです。

この他にも、経済や便利というイメージが持たれている事が分かりました。
・利尻富士町といえば利尻昆布でしょう。利尻昆布を使用したラーメン、ヘアカラートリートメントなどもあります。北海道内で採れる昆布は、大きく2種類に分かれています。一つは日高昆布、もう一つが利尻昆布です。両方とも、全国的に知られている昆布の名前ではないでしょうか。(30代/男性)
・漁業、観光が盛ん。夏季は多くの観光客が訪れています。利尻昆布の養殖やウニなどの近海漁業が中心になっています。2017年には本物ナマコを乾燥させて作られた食べられるストラップが話題となりました。(30代/女性)
・利尻富士町は、日本海の北に浮かぶ利尻島に位置する、漁業と観光のまちです。利尻・礼文・サロベツ国立公園のシンボルとして愛されている、日本百名山のひとつ利尻山と利尻昆布とウニで有名な自然豊かな島で、東京からも飛行機を乗り継いで約3時間でアクセスできます。(60代/男性)
漁業を中心とした経済活動に加えて、知名度を向上させる新たな取り組みを行っているため、このようなイメージが持たれているようです。

アンケート調査の結果、大自然を感じられる北海道利尻富士町は、日本百名山にも選ばれている雄大な山と美味しい食べ物がたくさんある地域であるというイメージを多くの人に持たれていると分かりました。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年2月26日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年2月26日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ