認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

北海道利尻町のふるさと納税・地域の情報

利尻町/りしりちょう

北海道利尻町の地域情報

北海道利尻町は北海道最北端の稚内市からみて南西部の日本海にある利尻島にあり、宗谷地方利尻郡に属します。交通アクセスは、飛行機やフェリーが一般的です。飛行機の場合、新千歳空港、丘珠空港から出発してともに約50分で利尻空港に到着できます。フェリーでは稚内フェリーターミナルから出発して約1時間40分で利尻島に着きます。島の中央には独立峰の利尻山があり、標高は1,721mの成層火山で新日本百名山、日本百名山、花の百名山及び新・花の百名山に選ばれており、夏は多くの登山客で賑わいます。海に囲まれているので、漁業も盛んです。海と山に囲まれ、利尻礼文サロベツ国立公園にも認定されている自然に恵まれた自治体と言えます。

北海道利尻町のふるさと納税寄付の使い道一覧

・環境保全に関する事業
・保健、利用、福祉に関する事
・教育、文化活動に関する事業
・地場産業及び地域振興に関する事業
・観光に関する事業
・国内及び国際交流に関する事業
・NPO法人支援に関する事業
・指定なし

出典:利尻町ふるさと応援寄付の状況についてPDF
(http://www.town.rishiri.hokkaido.jp/rishiri/secure/5044/%e5%af%84%e9%99%84%e7%8a%b6%e6%b3%81.pdf)

北海道利尻町についてのイメージ調査

北海道利尻町についてどんな印象を持っている人が多いのか、アンケート調査をしてみました。




このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:北海道利尻町

【回答数】
自然:35
伝統:2
観光:8
経済:3
人情:0
閑静:1
便利:1


アンケートの結果は、自然というイメージを持っている人が一番多いということになりました。
・北海道利尻町といえばやはり、自然が豊かな場所であり、おいしい昆布である利尻昆布の名産地だと思うからです。昆布以外にも多くの海産物があり、自然に恵まれたとても漁業が盛んな地域だと思います。また、利尻町といえば他には利尻空港だと思います。(20代/女性)
・北海道利尻町は昆布が有名で漁業が盛んな町です。有名な特産品はありますが、観光地のイメージが全然ないので自然を選びました。自然が豊かな地域だけらこそ、美味しい昆布ができると思うので、やっぱり自然がイメージに、ピッタリだと思います。(40代/女性)

このように、利尻町といえば昆布というイメージが強く、漁業が盛んで海産物に恵まれていることから自然と選んだ人が多いように見受けられます。

二番目に多い回答は、観光でした。
・北海道の最北端、稚内市から約40KM離れたところにある利尻礼文2つの島。そのひとつの利尻島にある利尻町。日本海からの季節風や極寒の冬もあり、厳しい気候風土ですが、利尻富士と呼ばれる利尻山や、名産物である利尻昆布などもあり、結構観光地としても存在感があります。(50代/男性)
・日本百名山や花の百名山などに選定されている成層火山である利尻山が存在する。同山には、高山植物が生息し、夏季は多くの登山客が訪れる。観光業のほか、漁業も盛んで、現在は「利尻昆布」養殖やウニなどの特産品でも有名である。(30代/男性)

コメントを見てみると、有名な山やそこで見られる植物など自然を感じられる観光地という印象を持っている人が多いようです。また、昆布などの海産物が特産品として有名であることから、食の面でも観光に適しているのではと考える方が多く見られました。

そのほかにも、経済や伝統といった回答が寄せられています。
・利尻町は、北海道最北の宗谷地方、利尻島にあります。町名の由来は、アイヌ語「リイ・シリ」(高い島)から。漁業、観光が盛ん。夏季は多くの観光客が訪れる。漁業はかつてニシン漁で栄えたが資源枯渇により衰退、 現在は「利尻昆布」養殖やウニなどの近海漁業が中心(40代/男性)
・北海道利尻町といえば、利尻昆布です。利尻昆布は昆布の中でも高級で手に入れにくいため、経済的に豊かな人や飲食店の人が購入するイメージなので、経済というワードを選びました。北海道の札幌エリアといえばスープカレーでしょう。(20代/男性)
・亦稚貝塚出土の遺物は、道指定有形文化財、利尻町立博物館蔵になっていて、利尻島のチシマザクラ自生地は道指定天然記念物となっています。会津藩士の墓は、町が指定した史跡で、歴史好きな人たちの大切な場所になっています。(30代/女性)

昆布や漁業によって観光が栄えていることから経済を選ぶ人がいたようです。また、歴史深い遺跡などから伝統という印象を持っている人もいました。

アンケート調査の結果、多くの人が自然が豊かだという印象を持っていることがわかりました。離島のため漁業が盛んで、昆布やウニなどの養殖で観光も盛り上がっているイメージも強いようです。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年1月15日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年1月15日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ