認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

北海道枝幸町のふるさと納税・地域の情報

枝幸町/えさしちょう

北海道枝幸町の地域情報

北海道枝幸町は、北海道の北部にある自治体です。所属する宗谷地域は稚内などを含む北端の地域ですが、枝幸町はその中で南端に位置しています。面積は1,115,67平方キロメートルと広大で、枝幸地区と歌登地区の2地区から成ります。
東側の、オホーツク海に面した地区が枝幸地区です。58kmに及ぶ海岸線を持ち、漁も盛んです。また、冬は流氷なども見られます。一方、西側の歌登地区は四方を山に囲まれた内陸部です。町の約8割は森林が占めており、北海道らしい大自然が広がっています。
主要都市からのアクセスとしては、札幌からバスで約5時間、自動車で高速道路を利用して4時間30分程度です。また、旭川からはバスで3時間30分程度でアクセスできます。

北海道枝幸町のふるさと納税寄付の使い道一覧

・まちづくり応援事業
・子育て・教育応援事業
・福祉・医療応援事業

出典:ふるさと納税|観光情報|枝幸町ホームページ
(http://www.esashi.jp/tourism/page.html?id=136)

北海道枝幸町についてのイメージ調査

枝幸町はどんな印象をもたれているか50人にアンケートをとってみました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:北海道枝幸町

【回答数】
自然:29
伝統:2
観光:10
経済:5
人情:1
閑静:2
便利:1



アンケートの結果、多くの人が自然という印象を持っていることが分かりました。
・漁業が盛んだから。枝幸港はオホーツク海岸北部の主要漁港で、鮭漁の他、毛ガニ、ホタテ貝等の沖合漁業、ズワイガニやスケトウダラなどの北洋漁業の基地となっているが、沿岸・沖合漁業の衰退で漁場整備や鮭・ホタテ放流が行われている。冷凍工場などの水産物の加工施設もある。(男性:20代)
・オホーツク海に面する枝幸町は、毛ガニの漁獲高日本一を誇ります。毛ガニの他にも鮭やホタテ、ナマコがたくさん獲れます。「枝幸産北海キンコ」としてとして知られるナマコは、生産量日本一です。新鮮な魚介類は本当においしいです。(女性:40代)

コメントからも分かるように、漁業が盛んという理由で選んでいる人が多いようです。
枝幸町はオホーツク海北部の主要漁業となっています。毛ガニの漁獲高は日本一を誇り、鮭・ホタテ貝・スケトウダラ等の漁業が盛んです。さらにナマコは生産量日本一で「枝幸産北海キンコ」として知られています。また沿岸・沖合漁業の衰退により漁場整備をし鮭・ホタテの放流もしています。

次に多いのが観光という印象を持っていることが分かりました。
・オホーツクの魚貝は大変美味しく、特に毛ガニで有名です。日本で一番美味しい毛ガニが食べられます。夏にはカニ祭りがあり、秋にはよくばりフェスタと題して、鮭のつかみ取り等のお祭りもあります。ズワイガニやスケソウダラなどの北洋漁業の基地にもなっています。(女性:50代)
・観光ですね。グルメを主体とした観光です。何といっても毛ガニが有名ですし、とってもおいしいですう。場所的にも泊まりで行くような位置ですし、旅行客が多いのでは?という感じが自分ではしています。毛ガニツアーです。(男性:30代)

コメントからも分かるように、毛ガニという理由で選んでいる人が多いようです。
雄武では、日本で一番美味しい毛ガニが食べられます。夏にはカニ祭り、秋には鮭のつかみ取りが出来るよくばりフェスタ、そして毛ガニツアーという雄武町ならではの魚介類のグルメを食するお祭りやツアーがあります。

また、他にも経済・伝統・閑静のような意見も見られました。
・枝幸町はカニのまちとして知られていて、豊かな水産資源をもつオホーツク海を背景に、毛ガニ・ホタテ・秋サケ漁を柱とした漁業生産が盛んな町であり、漁業によって町の経済が潤っているイメージが強いので、経済というワードがぴんときました。またこのエリアと言えば、やはり毛ガニです。(男性:50代)
・枝幸町は毛ガニの漁獲高日本一で有名です。そのため経済のワードを選択しました。毛ガニ水揚げ日本一を誇る枝幸港の毛ガニは、最高の毛ガニばかりを選んで獲るため、その味もまた日本一だと言われています。また、毎年7月第1土日に開催される「枝幸かにまつり」は、新鮮な海の幸を存分に楽しめる盛大なお祭りです。(女性:30代)
・郷土博物館が有名だと聞いたから。「オホーツクミュージアムえさし」という約1200年前のオホーツク文化の出土品を展示していて、オホーツクの歴史・文化を楽しく知る資料館があるらしく、ちょっと興味がある。重要文化財に指定されているものなどもあるらしく、見てみたい。(女性:20代)
・自然がとても豊かで動物と出会うことが多い。森林もたくさんあるし散歩するにはとてもいいところだと思う。友達が住んでいて1週間ほど観光案内をしてもらったり家に泊めてもらったことがあるが食べ物もおいしく川もきれいだった(女性:20代)

豊かな水産資源があるオホーツク海を持つ枝幸町は、毛ガニ・ホタテ・鮭漁を柱とした漁業で経済が潤っていること。「オホーツクミュージアムえさし」には約1200年前のオホーツク文化の出土品を展示しオホーツクの歴史を知ることが出来る。自然が豊かで森林があり動物と出会うことが多いという意見もありました。

アンケート調査の結果、雄武町は毛ガニ漁を柱として漁業が大変盛んな自然豊かなまちです。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年1月15日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年1月15日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ