認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

北海道天塩町のふるさと納税・地域の情報

天塩町/てしおちょう

北海道天塩町の地域情報

北海道天塩町は留萌振興局に属し、天塩郡にある町です。町の広さは353.56キロ平方メートルで北海道の北部にあり、日本海に面している自治体です。この町には中川町・遠別町・幌延町の3つの町が隣接しています。天塩町は天塩川下流左岸に囲まれるように存在しており、町域内に河口があります。交通アクセスは札幌からバスで約4時間30分、稚内空港から車で約1時間の距離にあります。海沿いに走る国道232号線をはさんで、両脇に市街地が広がっています。他にも沢山の公園や飲食店、スキー場にパークゴルフ場や温泉など様々な観光スポットも存在しています。広大な土地をいかした酪農業と日本海の恵みをうけて漁業が盛んに行われています。

北海道天塩町のふるさと納税寄付の使い道一覧

・保健・福祉に関する事業
・地場産業振興に関する事業
・歴史・文化・教育・子どもたちに関する事業
・観光・イベントに関する事業
・環境保全に関する事業
・その他天塩町振興のための事業

出典:寄附の使い道について|天塩町ふるさと応援寄附について
(http://www.teshiotown.hokkaido.jp/?page_id=14277)

北海道天塩町についてのイメージ調査

北海道天塩町とはどのようなところでしょうか。50人にアンケートをとって聞いてみました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:北海道天塩町

【回答数】
自然:29
伝統:2
観光:12
経済:1
人情:1
閑静:3
便利:2



1位は自然という結果になりました。
・北海道遺産の雄大な天塩川の河口に位置する自然豊かな町です。大粒のシジミの産地としても有名です。鏡沼海浜公園にはたくさんの花が咲き、キャンプを楽しむことができます。てしお温泉夕映は温泉に入りながら夕日を楽しむことができます。(40代/男性)
・天塩町で中心となるのは専業化された大規模な酪農です。明治末から大正にかけて始められた畜産・酪農は、基幹産業の一つとして歩み続けてきました。経町内で飼育されている乳牛は約1万頭を超え、約5万トンの牛乳を年間で生産しています。こうして道北圏の専業酪農地域として本町は「北海道の酪農王国」と称されるようになりました。(40代/女性)

天塩町は天塩川の河口に位置しており、海と川の両方の恵みを味わうことのできるシジミが有名です。また、豊かな自然と使用して酪農業も盛んに行われています。

2位は観光となりました。
・スズランやハマナスなど50種類以上の花が咲く鏡沼海浜公園や、230基の竪穴住居群が分布している川口遺跡風景林、赤レンガが特徴的な天塩川歴史資料館などの観光スポットがあり、マスカットサイダーなど地元ならではのお土産も買えるので。このエリアといえば竪穴住居群だと思います。(20代/男性)
・天塩町には天塩川が流れています。この川は北海道で一番長い川で雄大な流れです。その河口部に広がる公園が天塩河川公園です。広大な芝生がすばらしく散策にむいています。また天塩町はシジミが名産で、道の駅てしおではそのシジミを使ったシジミ汁やシジミラーメンを食べることができます。(50代/女性)

町内には雄大な自然を楽しむことのできる観光スポットがいくつもあります。また、古代の遺跡や歴史的な建物や資料も見ることができます。観光には欠かせないグルメ情報もシジミのほか、ラーメンやサイダーなどが挙げられていました。

そのほかには閑静、便利、観光などのキーワードが挙げられていました。
・道道106号線沿いに3km続く28基の風車。サロベツ原野PAに車を停めると、風車の回る音が聞こえてきます。オトンルイ風力発電所は、稚内から日本海沿いのオロロンラインにあります。小さな脇道が何か所かあり、風車のすぐ下まで行けます。(40代/男性)
・北海道北部に流れる、2番目に長い大河天塩川から名をとった町で、河口付近とサロベツ原野の沼地におけるシジミ漁が盛んです。かつては山岳地からの木材の集積地であったり、ニシン漁とかで繁栄していた時期があったようですが、留萌が延びていた国鉄羽幌線が廃止になってからは、年々人口が減っているようです。(50代/男性)
・北海道天塩町は、大ぶりのしじみが有名な地域です。特産品として、しじみの料理や加工品の製造、販売も行っているようです。秋鮭やタコキムチ丼も人気があるようです。しじみは昔から有名なようなので、伝統を選びました。(40代/女性)

天塩町は天然の良港として栄えた歴史があります。シジミのほか、木材やニシン漁で賑わっていたことも知られていました。風力発電所もあり、原野の中に穏やかな光景がみられます。

アンケート調査の結果、北海道天塩町には自然豊かなところという印象が強いことがわかりました。地形を生かして漁業や酪農業が盛んでシジミや乳製品の美味しさはよく知られています。古代遺跡や花の咲き乱れる公園など魅力もたくさんあることが感じられます。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年2月5日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年2月5日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ