認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

北海道当麻町(とうまちょう)のふるさと納税・地域の情報

北海道当麻町の地域情報

上川地方に属する北海道当麻町は、北海道の中心よりやや北側に位置しています。また、北海道の屋根と呼ばれる大雪山の西側です。町の西と南側には中核都市の旭川市が広がっていて、北側には比布町と愛別町が、東には上川町が隣接します。そして道庁所在地の札幌市からは、北東約152kmの地点にあります。

町名はアイヌ語で「湖沼」を意味する「ト」と「に入る」を意味する「オマ」、「川」を意味する「ナイ」が合わさったものです。それがいつしかナイが略され、「当麻」となりました。

広島や山口から入植した屯田兵によりこの地の開拓が始まったのは、明治26年のことです。そして明治33年になると元来の永山村から分村し当麻村に、さらに昭和33年の町制施行を受けて当麻町へとなりました。

北海道当麻町のふるさと納税寄付の使い道一覧

・安全・安心な農産物の生産供給等農業振興に関する事業
・環境の保全に資する森林整備、水源かん養、環境緑化等に関する事業
・未来を担う子どもの育成支援に関する事業

出典:寄附によるまちづくりを進める事業|詳細・事業|まちづくり寄附金
(http://town.tohma.hokkaido.jp/matidukuri/business/)

北海道当麻町についてのイメージ調査

このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。

当麻町はどんな印象を持たれているか50人にアンケートをとってみました。
アンケートの結果、多くの人が自然という印象を持っていることが分かりました。
・当麻町は、北海道の上川総合振興局のほぼ中央部に位置しています。旭川都市圏の東の入り口となっています。上川盆地の東側に位置し、当麻町の東部の山地は、有名な大雪山に続いています。産業は、農業が盛んで、一等米の産地として有名です。それと、でんすけすいかの名前で有名なすいかの栽培地でも有名です。当麻町も、近年は人口減少が続いています。(男性:40代)
・北海道を代表する優良米の産地であり、北海道農協米対策本部による米ランキングでは、7年連続1位の評価を獲得していることで有名です。一玉53万円の値がつくこともある真っ黒なブランドスイカ「でんすけすいか」の生産地でもあります。(女性:30代)

コメントからも分かるように、農業が盛んという理由で選んでいる人が多いようです。
当麻町は農業が盛んで、北海道農協米対策本部による米ランキングでは、7年連続1位を獲得している一等米の産地として有名です。また真っ黒なブランドスイカ「でんすけすいか」の栽培地としても有名で、一玉53万円の値がつくこともあります。

次に多いのが観光という印象を持っていることが分かりました。
・北海道で鍾乳洞と言えば当麻鍾乳洞で、当麻駅から車で約15分のところにあります。秋芳洞のようなスケールはありませんが、学術的にも貴重な鐘乳管(ストロー)が見られます。1957年に偶然発見されたということです。道の指定天然記念物になっています。(60代/男性/無職)
・観光スポットが沢山あると聞いたので、観光を選んだ。7種の浴槽が楽しめる「ヘルシーシャトー」や1万点を越す世界中の美しい蝶や珍しい昆虫を展示している「当麻世界の昆虫館パピヨンシャトー」、緑の中で30ポイントのフィールドアスレチックが楽しめる「とうまスポーツランド」などいろいろ楽しめると思う。(20代/女性/正社員)

コメントからも分かるように、観光スポットが多いという理由で選んでいる人が多いようです。
当麻町にある当麻鍾乳洞では学術的にも貴重な鍾乳管(ストロー)が見られ、道の指定天然記念物になっています。また「当麻世界の昆虫館パピヨンシャトー」では1万点を超す蝶の展示もしています。そして「とうまスポーツランド」では30ポイントのフィールドアスレチック、「ヘルシーシャトー」では7種の浴槽が楽しめます。

また、他にも経済・伝統・閑静のような意見も見られました。
・北海道でも有数のお米の産地ですので、経済がふさわしいと考えて選択をしました。特にお米の質は非常に高く、定期的に購入する価値は高いと思います。さらに鍾乳洞が素晴らしく、多くの人を感動させる魅力があると思います。(男性:40代)
・経済といえるかどうかわかりませんが、あえて経済です。農産物、でんすけすいかは結構、全国的にも有名なのではないでしょうか?なので、全国的な知名度を持つ農作物を作っていて、主要産業にもなっているので、その流れで経済を選びました。(男性:30代)
・北海道当麻町は、北海道を代表する良米の産地であり、北海道農協米対策本部による米ランキングでは、7年連続一位に輝いています。また、一玉53万円の値が付く真っ黒なスイカ「でんでけすいか」の生産地でもあります。(女性:20代)

当麻町は、北海道を代表する有数のお米の産地であることから伝統という意見や、米ランキングで7年連続一位になっていることや、でんすけすいかが全国的に有名ということで、経済という意見がありました。


アンケート調査の結果、当麻町は優良米やブランドスイカを産出する農業が盛んな自然を連想させるまちです。

※本アンケートはサグーワークスにて2018年1月15日よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年1月15日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

北海道当麻町のふるさと納税お礼品に関するアンケート調査

北海道当麻町でふるさと納税するなら次のうちなにがいい?

黒い皮がインパクト大! 最も回答が多かったでんすけすいか
・真っ黒なスイカは珍しくて見たことがないので選びたいです。中身は他のスイカと同じような見かけですが、どんな味なのか食べてみたいです。(30代/女性/正社員)
・元々すいか好きなのですが、でんすけすいかはその真黒い外見からまるで爆弾のよう。おまけにぱかっと割れば真っ赤な中身が現れるという強力なインパクトを持つからか、初物は札幌や旭川の市場で数十万の値がつくとか…自然豊かな北海道の農業力の強さを感じさせてくれるでんすけすいかは夏を乗り切るパワーをくれます(50代/女性/個人事業主)
・地元が近く過去に食べたことがありますが、非常にみずみずしく甘みのある美味しいすいかでしたので選択致しました(20代/女性/パート・アルバイト)
・すいかの王様と言われるでんすけすいかは、なかなか手に入らないので是非食べてみたいです(40代/女性/専業主婦)
高級な果物のひとつであるすいかの中でも、特に高い価値があるのが当麻町で生産されるでんすけすいかです。一つひとつ糖度を検査し、基準値である11度以下のスイカは市場には出回りません。 美味しさだけでなく、真っ黒い皮に包まれた実は鮮やかな赤色という見た目も印象に残ります。夏に思いっきり堪能したいという回答が多く見られました。
神秘的なお酒! アンケート調査の2番目に回答が多かった当麻鐘乳洞熟成酒「龍乃泉」
・北海道当麻町は自然豊かな地域という印象がありますが、当麻鐘乳洞熟成酒というお酒があるのは知らなかったので、一度飲んでみたいです(30代/女性/個人事業主)
・とてもきれいなパッケージに惹かれました。貴重なお酒のようなので、迷わずこれを選びたいと思います(40代/女性/無職)
・鍾乳洞で熟成させたお酒というところに浪漫を感じました。当麻産の酒米も使われていて、当麻町の空気をいっぱいに吸っている感じがします。鍾乳洞を見に行くのは遠方のため大変なので、このお酒で悠久の時に思いを馳せてみたいです(40代/女性/個人事業主)
当麻町で生産される日本酒を、冬季期間中に当麻鐘乳洞内で熟成させて作られます。当麻鍾乳洞には大地の守り神である龍が棲んでいるといわれ、「蟠龍伝説」が信じられてきました。1億5000万年も前にできた当麻鐘乳洞と、こだわって作られた地酒のコラボレーションを楽しめます。
身がしっかり詰まった良質なお肉! 3番目に回答が多かった旭山ポーク
・豚肉の脂身はとても濃厚で味わい深いのでよく食べます。旭山ポークのお肉はとてもきれいなので、どんな味なのか気になって選びました(40代/女性/パート・アルバイト)
・北海道の肉類は、他のお礼品よりも強い魅力を感じる物であるため普段の生活を少しランクアップさせたいという願いをかなえてくれる(20代/女性/正社員)
・やはり肉は老若男女を問わず料理で喜ばれるものです。もらえると嬉しいです(40代/女性/個人事業主)
・自家農場で育てられた、毎日限定30食の貴重な豚肉と聞いて、興味が湧いた。大切に育てられた豚なので、食べることで養豚農家を支援したい(20代/女性/無職)
・美味しくて食べ応えがあって量も多いので家族と一緒に食べやすいからです(20代/女性/正社員)
自然に溢れた大地で元気に育てられた豚肉です。脂身の甘さや肉の質感は、一口食べればその違いがよくわかるといわれています。出荷されてすぐに届くため、新鮮なまま味わうことができるのも大きな魅力です。家族みんなで楽しみたいとの声が多く寄せられました。
4番目に回答が多かったトマトジュース
・やはり、何と言っても日本国内でも有数の名産品ですし、とても期待できると思うからです。ヘルシーで美味しそうです(20代/女性/学生)
・トマトジュースはそのまま飲んでも、料理にソースなどにして入れてもよいので(40代/女性/パート・アルバイト)
・当麻町のトマトジュースは、トマトジュースとして日本で唯一モンドセレクションの金賞を受賞しているらしいので、特においしそうだと思ったから(20代/女性/無職)
・トマトジュースが大好きだからです。それに、体にいいところも気に入っています(50代/女性/個人事業主)
当麻町の名産品であるトマトをふんだんに使用して作られたトマトジュースもランクインしました。味だけでなく、安全性にもこだわりを持って作られているのです。そのまま飲んでトマトの甘みや香りを味わいたいという回答や、料理に活用してレシピの幅を広げたいという回答がありました。
自然豊かな当麻町
北海道の内陸部に位置し、雪の多い地域として知られる当麻町は、農業がさかんに行われています。豊かな自然を活かして生産される食材は、味だけでなく安全性にも配慮して作られているものばかりです。

※本アンケートはサグーワークスにて2018年6月1日よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年6月1日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

※本コンテンツについて

  • 記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
  • 記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
  • 無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ