認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

北海道妹背牛町(もせうしちょう)のふるさと納税・地域の情報

北海道妹背牛町の地域情報

北海道妹背牛町は、空知総合振興局管内の雨竜郡に属する町です。北海道の西北部に位置し、面積は48.64平方キロメートル。東側で深川市と、南側で滝川市と、北側で雨竜郡秩父別町と、西側で同郡北竜町及び雨竜町とそれぞれ境を接しています。道北の中核都市である旭川市の中心部からは、直線距離にして約34キロメートル西方にあります。同市とはJR函館本線で結ばれています。道庁所在地である札幌市の中心部からは、直線距離にして約96キロメートル北東に位置します。
妹背牛町は石狩平野の北端、雨竜平野の中央部に位置し、ほぼ全域が平坦な低地となっています。町の南側を石狩川、西側を雨竜川が流れ、肥沃な土壌を生かした稲作を中心とする農業が盛んです。

北海道妹背牛町のふるさと納税寄付の使い道一覧

・活力ある地域産業を創出するまちづくり
・安全で快適な生活環境のまちづくり
・地域で支えあう福祉のまちづくり
・創造性豊かな生涯学習のまちづくり
・魅力にあふれ未来につなぐまちづくり
・その他町長が必要と認めた事業

出典:ふるさと妹背牛応援寄附金制度|行政情報|妹背牛町ホームページ
(http://www.town.moseushi.hokkaido.jp/gyousei/documents/furusato_oen.html)

北海道妹背牛町についてのイメージ調査

妹背牛町はどんな印象を持たれているか50人にアンケートを取ってみました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:北海道妹背牛町

【回答数】
自然:30
伝統:6
観光:10
経済:1
人情:0
閑静:2
便利:1



アンケートの結果、60%の人が「自然」というイメージを持っていることが分かりました。

・北海道の空知総合振興局管内の北部にある妹背牛町は、町域を石狩川が流れる、ほぼ平坦な地形で、米作りに適した肥沃な大地が広がっています。春にはあたり一面に緑が広がり、秋には黄金色に包まれる田園風景が自慢の、自然豊かな地域です。(60代/男性)
・有名な土地ではありませんが、自然豊かでゆったりと家族でもアウトドアを満喫できる土地だと思います・キャンプ場の整備もしっかりしており、コテージもあるので最小限の荷物で負担少なく自然を満喫できます。パークゴルフ場や公園(遊水公園)もあるので、普段都会暮らしであわただしい生活から抜け出して、おもいっきり休暇を楽しめます。(40代/女性)

妹背牛町は稲作が大規模に行われている平野の町で、キャンプなども楽しめる自然にあふれた地域という印象が強いようです。


また20%の人は「観光」という答えを挙げました。

・妹背牛町は、妹背牛温泉ペペルが有名です。そのため観光のワードを選択しました。妹背牛温泉ペペルは、ナトリウム塩化物・炭酸水素塩泉です。湯冷めしにくく、疲労回復・慢性便秘・糖尿病に効果的と評判です。浴槽には地下1,500mから汲み上げる天然温泉100%の湯を惜しみなくくかけ流しています。泉温44.8度で加温・加水なしです。(30代/女性)
・豊富で良質な純天然温泉が湧き出しており、庭園を眺めながら入れる露天風呂がある妹背牛温泉ペペルやバーベキュー広場がありウォータースライダー、スリーオンスリーコート、27ホールのパークゴルフ場がある遊水公園があるからです。妹背牛町といったらもせうし祭りですね(10代/男性)

妹背牛町は天然温泉でも有名なようですね。アクティブに過ごすこともできる娯楽施設も整備されているようです。


他には「伝統」「経済」「閑静」「便利」などの回答もありました。

・北海道妹背牛町は、獅子頭や獅子舞、天狗面などが有名な地域です。また温泉や郷土館などもありますので、伝統の言葉がピッタリだと思いました。獅子舞も天狗面も日本の文化には、欠かせない物なので、これからも伝統が長く受け継がれるといいなと思います。(40代/女性)
・妹背牛町は、北海道空知総合振興局管内北部にある町。 町名の由来はアイヌ語の「モセウシ」で、「モセ・ウシ・イ」が転訛したものとされていると聞いたので、伝統が息づいていると思います。当初は「望畝有志」と表記されたが、1898年に現行の表記「妹背牛」に変更されたというのも印象的。(20代/女性)
・北海道妹背牛町は、石狩平野の北端、雨竜平野に位置し、市街地には石狩川が流れています。町の主要産業は農業であり、石狩川の周りには広大な水田が広がっています。北海道を代表する穀倉地帯である妹背牛町は、特に「ななつぼし」や「きらら397」などのブランド米の産地として有名で、ハーブを使用した無農薬栽培をにも力を入れています。(40代/女性)

コメントを見ると、獅子舞が披露される祭りのイメージで捉えている人や農業が経済の中心であるという印象で記憶している人もいるようです。


アンケート調査の結果、妹背牛町は平坦な地形を活かした米作りが盛んで、昔ながらの習慣を引き継いだ祭りも残っている、温泉やキャンプなどの観光を売りにしている地域であることがわかりました。

※本コンテンツについて

  • 記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
  • 記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
  • 無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ