認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

北海道上砂川町のふるさと納税・地域の情報

上砂川町/かみすながわちょう

北海道上砂川町の地域情報

北海道上砂川町は、北海道の中西部、空知地方にある町で、北海道空知支庁管内のほぼ中央に位置します。隣接する自治体は、歌志内市、砂川市、芦別市、そして奈井江町です。上砂川町の東部に夕張山脈が南北に走り、石狩平野に連なります。町は辺毛山から石狩川へ注ぐパンケウタシナイ川がつくる沢沿いの集落と山岳地帯から成っています。
上砂川町の名の由来は、母体である砂川のアイヌ語の「オタウシナイ」(オタが砂、ウシが多い、ナイが川という意)にちなみ、その砂川の上流にあることから「上砂川」となりました。
上砂川町は、1914(大正3)年に三井鉱山が起業して、炭鉱の町として発展しました。1987(昭和63)年の閉山後は、様々な企業を誘致しています。また炭鉱跡を利用した無重力実験センターもあり、廃止後の今もシンボル的存在とされています。観光では、上砂川温泉パンケの湯や上砂川日本庭園などが知られています。

北海道上砂川町のふるさと納税寄付の使い道一覧

・ふるさと子育て・教育支援に関する事業
・ふるさと文化・スポーツ支援に関する事業
・ふるさと産業・観光支援に関する事業
・ふるさと応援支援に関する事業

出典:「上砂川町がんばる基金」メニュー|ふるさと納税
(http://town.kamisunagawa.hokkaido.jp/furusatonozei.html)

北海道上砂川町についてのイメージ調査

北海道上砂川町とはどのようなところでしょうか。アンケートで50人に聞きました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:北海道上砂川町

【回答数】
自然:23
伝統:1
観光:9
経済:5
人情:4
閑静:6
便利:2


1位は自然という結果になりました。
・北海道の中西部に位置している上砂川町は、砂川市や歌志内市などと隣接している町で、夕張山脈が南北にあることから山岳や森林地帯となっているエリアも多いので、このエリアを表していると思うワードは自然だと思う(30代/男性)
・上砂川岳や妹ヶ瀬山などの山々がそびえていますので、風光明媚な景観を堪能することができます。また、パンケウタシナイ川、西山沢川などの美しい河川が流れていますから、豊富な水資源にも恵まれているエリアです。(50代/女性)

上砂川町は上砂川岳や妹ヶ瀬山などの山々がそびえており、風光明媚な景色を見ることができることが挙げられています。また、美しい河川も流れているので豊かな自然を満喫することができるところとして知られています。

2位は観光となりました。
・かみすながわ炭鉱館や無重力科学館他にも上砂川岳温泉「パンケの湯」といったものもある。また美しい日本庭園がある。悲別駅と呼ばれる有名な駅も存在しているまた、無重力科学館は特に有名な為、観光に向いてると思ったから(20代/男性)
・夕張山脈の西側に位置する非常に自然環境豊かな観光地だと思います。炭鉱館や上砂川町水源公園、奥沢キャンプ場、上砂川岳日本庭園など観光スポットも多く存在する町だと思います。また上砂川岳温泉パンケの湯などの温泉宿泊施設もありのんびりと自然を満喫出来る観光地だと思います。(40代/男性)

上砂川町にはいくつもの観光スポットがあることが述べられています。豊かな自然を味わうことのできる公園やキャンプ場のほか、温泉宿泊施設などがあります。美しい日本庭園があることでも知られ、無重力科学館や炭鉱館など珍しい施設もあります。

その他には閑静、経済、便利、人情などのキーワードが挙げられていました。
・上砂川町は、北海道の空知地方にある町です。上砂川炭田があり、かつて産炭地として他の空知炭田群とともに日本の資本主義経済を支えきました。様々な技術力があり、日本の経済になくてはならない街というイメージです。(20代/女性)
・北海道の中部空知地方の炭鉱地帯に属する町で、北に歌志内市がある位置にあります。砂川からの国鉄支線の一つ上砂川線の終着駅。後に、悲別駅としてテレビドラマの舞台になったり、別の映画の舞台になったりして、意外な形で知られることになりました。(50代/男性)
・北海道上砂川町では、移住者への住宅購入助成や子育て支援が充実しており、住民の生活に寄り添った行政を実施しているからです。上砂川町には、上砂川岳パンケの湯があります。神経痛、筋肉痛、関節痛などに効能があります。(50代/男性)

上砂川町はかつては炭鉱の町として栄え、日本の経済を支えていたことが知られていました。移住者に対する助成金があったり子育て支援が充実していることから住みやすい町という印象もあるようです。町にある駅は映画やドラマのロケに使われることも多く、広く知られていました。

アンケート調査の結果、北海道上砂川町は自然が豊かで美しいところというイメージがあることがわかりました。かつて炭鉱の町であったことも知られていて、豊かで住みやすいところという印象もあるようです。町にある駅の風景は映画やドラマを通じて全国に知られているという一面もありました。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年2月13日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年2月13日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ