認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

北海道余市町のふるさと納税・地域の情報

余市町/よいちちょう

北海道余市町の地域情報

北海道余市町は、北海道の西部に位置し、後志総合振興局に属している自治体です。日本海に突き出ている積丹半島の東の付け根に存在し、町の一部はニセコ積丹小樽海岸国定公園にも含まれています。町の北部は余市湾(日本海)に面し、北部以外の三方が丘陵地に囲まれ、町域の6割以上を山林が占めています。なお、町を縦断しているのは、赤井川村と札幌市に跨っている余市岳を源流とする余市川です。

JR函館本線が小樽市から町の北東部の海岸に沿って走り、町のほぼ中心にある余市駅付近から南下しています。なお、函館本線は函館駅から小樽駅や札幌駅などを経由して旭川駅まで運行している路線です。また、町内には縄文時代の遺跡が数多く見られます。

北海道余市町のふるさと納税寄付の使い道一覧

・地域の強みを生かした産業の振興と雇用の創出に関する事業
・移住・定住、ひとの流れをつくる施策に関する事業
・若い世代の安定と、安心して子どもを産み、育てられる環境づくりに関する事業
・町民が安心して暮らせるまちをつくり、広域連携の推進に関する事業
・余市町の未来を担う青少年を育成するための事業
・その他目的達成のため町長が必要と認める事業
・事業を指定しない

出典:余市町ふるさと応援寄附(ふるさと納税)|産業・経済・まちづくり |北海道余市町ホームページ
(https://www.town.yoichi.hokkaido.jp/sangyou/furusatokifu/furusatokifumousikomikaisi.html)

北海道余市町についてのイメージ調査

北海道余市町とはどのようなところでしょうか。アンケートで50人に聞きました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:北海道余市町

【回答数】
自然:19
伝統:4
観光:20
経済:3
人情:1
閑静:1
便利:2


1位は観光という結果になりました。
・余市町は、北海道内一の生産量を誇るワイン醸造用のブドウ園があり、「北のフルーツ王国よいちワイン特区」に認定されています。ナシ、ブドウ、サクランボなどの果樹園が観光農園になっています。 また、ニシン漁の際に唄われた民謡「ソーラン節」は、余市町が発祥の地と言われています。(40代/女性)
・余市町はニッカウヰスキーの創業地で蒸留所もあります。「NHKのあさドラ」で一躍有名になり余市町一番の観光地となっています。蒸留所内は広大な敷地があり閑静でお洒落なウイスキーのふるさとスコットランドを漂わせる雰囲気があります。蒸留所内では貴重な原酒を買うことが出来、普段手に入らないウイスキーの試飲も出来ます。また余市出身の宇宙飛行士毛利衛さんゆかりの宇宙科学館もあり、宇宙食を食べることもできます。(50代/女性)

余市町はウイスキーやワインの産地として知られています。観光農園もあって様々な果物を味わうことができたり、ウイスキーの原酒なども味わうことができると人気を集めています。

2位は自然となりました
・水産資源が豊富なフルーツの町だから。ローソク岩など海岸線も美しく、ウイスキー工場や宇宙記念館も楽しめます。町には果樹園が連なり、特に秋のりんごと葡萄がおいしいです。余市産のりんごをストレートに絞ったジュース「りんごのほっぺ」はコクがあって飲みやすくおすすめです。(50代/女性)
・余市町は、ニシン漁により発展してきましたが、昭和29年の漁を最後に余市湾への回遊が途絶え、「幻の魚」となりました。現在は、「えび」「いか」「かれい」漁などが盛んです。一方、リンゴや梨、ブドウなどの生産では全道一です。(40代/女性)

自然の豊かな余市町には様々な特産品があることが知られています。フルーツの町としても知られており、かつてはニシン漁でも知られていました。今はエビ、イカ、カレイなどが知られています。美しい海岸線のローソク岩なども挙げられていました。

そのほかには伝統、経済、人情などのキーワードが挙げられていました。
・北海道小樽市の西側にあり、あの朝ドラの舞台になったウイスキー蒸留所が発足した場所であり、ワイン製造のためのぶどうが一番の生産量で、さかのぼればリンゴの初の民間栽培を行い、アユの北限生息地で養殖も行われたらしい。そしてかのソーラン節発祥の地とされている。(50代/男性)
・北海道余市町といえばやはり、お祭りや運動会でとても馴染みがある種目の一つであるソーラン節の発祥地と言われている場所であって、非常に歴史的な伝統を感じることのできる地域であると思うからです。また、余市町といえばそのほかには、美味しいワインが特産品の一つであるところでもあると思うので、このエリアといえば美味しいワインだと思います。(20代/女性)
・余市町は、観光地で有名な小樽市の隣にあり、海と農園を中心とした自然豊かなところです。お酒の製造が有名で、ワイナリーや「余市」ブランドで有名なニッカウヰスキーの工場があります。海産資源と果物、そしてお酒を愛する人にとっては最高の町だと思います。(40代/男性)
・積丹半島に位置し、海に面し、山もあり自然に囲まれている。シリパ岬、ローソク岩、公園、洞窟など自然の地形を堪能できるスポットや、温泉などを楽しむことができる。なんといっても有名なのが、朝ドラの舞台にもなったニッカウヰスキーの余市蒸留所。工場見学ができ、ウイスキーをはじめアップルジュース、ウイスキーチョコレート等のお土産も買えます。(40代/女性)

ウイスキー製造の歴史は有名なようです。またニシン漁が盛んだったことからソーラン節発祥の地であったこともよく知られていました。様々な美味しい歴史と繋がっている町と言えそうです。

アンケート調査の結果、北海道余市町にはウイスキーやワインなどの製造に関わる歴史や伝統が強くイメージされていることがわかりました。ニシン漁が盛んだったこと、ソーラン節発祥の地という印象も強く持たれているようです。食にまつわる豊かなイメージがあるところと言えそうです。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年2月26日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年2月26日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ