認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

北海道黒松内町(くろまつないちょう)のふるさと納税・地域の情報

北海道黒松内町の地域情報

北海道黒松内町は北海道南西部に位置しており、札幌市と函館市のほぼ中間地点にある自治体です。黒松内町の南部は長万部町を経て太平洋に臨んでおり、また北部は寿都町を経て日本海に臨んでいます。南部北部ともわずかな距離があるため、直接海岸線に接することがないという地形になっています。直接海に接してはいませんが、黒松内岳からは両方の海を眺めることができます。黒松内町は日本海と太平洋両方の影響を受けるという気候条件になるため、春から夏にかけて南南西の風が濃霧を運び低温になります。反対に冬は日本海からの北北西の風のため大雪が降り、道南における多雪地帯となっています。町内にはJR函館本線が伸びており、そして道南地域と道央地域をむすぶ幹線道路が3本走っています。

北海道黒松内町のふるさと納税情報

国や地方公共団体、社会福祉法人や特定非営利活動法人などに寄附をした場合、また、東日本大震災に関連する特定の寄付をした場合には、一定の所得控除が受けられます。控除を受けるためには寄附を証明する書面の提出が必要になります。

出典:町民税申告相談と所得税確定申告相談のお知らせ|町民税・所得税申告相談|暮らしの情報
(http://www.kuromatsunai.com/town/townlife/zeimu/shinkoku29.pdf)

北海道黒松内町についてのイメージ調査

黒松内町はどんな印象を持たれているか50人にアンケートをとってみました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:北海道黒松内町

【回答数】
自然:27
伝統:2
観光:13
経済:1
人情:0
閑静:4
便利:3


アンケートの結果、多くの人が自然という印象を持っていることが分かりました。
・海に接している部分がありますし、朱太川が流れていますので、豊富な水資源に恵まれているエリアです。また、ブナの林が広がっていることで知られています。さらに、良質なお湯が出ることで有名な黒松内温泉があります。(50代/女性)
・北海道の南に位置している黒松内町は、非常に自然が豊かな土地です。とくに澄んだ水が有名で、黒松内産のミネラルウォーターが人気です。天然記念物に指定されているブナの林や、統一性のある美しい農村風景も有名です。(30代/女性)

アンケートのコメントからもわかるように、黒松内町は天然記念物に指定されるほどのブナの林が有名であり、良質な水にも恵まれていることから、温泉やミネラルウォーターにも活用されるなど、自然に囲まれていることがうかがえます。

2番目に多いのが観光という印象を持っていることが分かりました。
・ここは、北海道後志総合振興局管内の南端にある町ですね。観光名所は、黒松内温泉、歌才自然の家、黒松内町ブナセンター、ブナ林、観音山、ビーフ天国、大鳥神社、中ノ川神社、などですね。一度は、いってみたいですね。(40代/男性)
・北海道黒松内町の「歌才ブナ自生北限地帯」は、黒松内駅から東南へ約4km、歌才川沿いの丘陵に位置する約92haのブナ林です。1.2kmの遊歩道を散策すると、エゾリスを見かけたり野鳥の声を聞く事が出来たりします。美しい囀りで癒されながら森林浴も楽しめます。(30代/男性)

黒松内町はやはりブナにちなんだ観光スポットが有名であり、その他にも温泉やブナ関連の施設など訪れた人を楽しませる場所がたくさんあるということがわかりました。

3番目に多いのが閑静という印象を持っていることが分かりました。
・道南に位置する比較的あたたかい土地です。ブナの木の北限生息地域だそうで、町にはブナが植えられています。函館に行き来する際に寄る人も多いのではないでしょうか。トレッキングコースなどもありアウトドアに向いている場所です。(30代/女性)
・アイヌ語の「クルマッナイ」(和人の女性の意味)に由来する。かつて和人は大半が男性で、アイヌにとり和人の女性が珍しかったことによるものとされる。日本の里100選にも選ばれた。まぶしいほどの美しい自然と温かい人情で暮らしやすいところです。時が静かに流れるようでゆったりと過ごせます。おおらかで人間関係もあまり煩わしくないように思えます。(50代/男性)
・黒松内町は、北海道にある村です。村内にはブナ林がたくさんあります。歌才ブナ林は、昭和3年、国の天然記念物に指定されました。およそ1万年前の最終氷期に東北南部にあったブナの北限は、その後気候の温暖化にともなって少しずつ北進してきました。(40代/女性)

コメントにある日本の里100選に選ばれたことからもわかるように、ブナをはじめとする雄大な自然に囲まれて、北海道では比較的暖かい地域に属し、ゆったりとした時間を過ごすことができる町だということが判明しました。

黒松内町のイメージ調査の結果、ブナの林が町のシンボルとなっており、多くの自然が醸し出す牧歌的な雰囲気を感じることができる、すてきな町だということがわかりました。

※本コンテンツについて

  • 記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
  • 記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
  • 無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ