認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

北海道今金町(いまかねちょう)のふるさと納税・地域の情報

北海道今金町の地域情報

北海道今金町は渡島半島北部にある道南の町で、北は島牧村、東は長万部町、南は八雲町、西はせたな町と隣接しています。国道230号線が町内を横断し、太平洋側の長万部町と日本海側のせたな町を結んでいます。海岸線のない内陸の町ですが、町内を流れる後志利別川と気候の恩恵を受けて農業、酪農業が発展してきました。長万部岳を源に田畑を潤しながら日本海に注ぐ後志利別川は、水質調査で清流日本一に何度も選ばれたことがあるきれいな川です。清流に恵まれた肥沃な土地で生産された農産物は道内外で高く評価されています。
後志利別川上流には美利河ダムがあり、日本一長い魚道からは魚が泳ぐ姿を見ることができます。また周辺には温泉やスキー場、キャンプ場もあり、四季を通して楽しめます。

北海道今金町のふるさと納税寄付の使い道一覧

・教育及び少子化対策に関する事業
・国内及び国際的な交流に関する事業
・福祉及び医療に関する事業
・環境保全に関する事業
・産業の振興に関する事業
・文化及びスポーツの振興に関する事業
・その他(特に使途を指定しない場合も含む)

出典:寄附金の使い道|ふるさと応援サイト|今金町行政情報
(http://www.town.imakane.lg.jp/gyousei/furusato/post_526.html)

北海道今金町についてのイメージ調査

このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。

北海道今金町とはどのようなところでしょうか。50人にアンケートで聞いてみました。
1位は自然という結果になりました。
・今金町は農業が盛んで、広大な畑地があり緑豊かな景色を望めるので。また町を流れる「後志利別川」がもっとも水質が良好な河川に16回輝いており日本一の清流があるので。今金町にはピリカスキー場があり道南一の雪質で知られています。(30代/女性)
・日本一の清流後志利別川が流れる農業の町だから。きれいな水と空気の恩恵を受けて農産物、特にじゃがいもがおいしいです。山の中の温泉クアプラザピリカはキャンプや釣り、スキーなど一年を通してアウトドアと自然を満喫できます。(50代/女性)

今金町には日本一の清流と言われる後志利別川が流れています。自然が豊かで美しくキャンプや釣り、スキーなど様々な楽しみ方ができるところです。また今金町は農業が盛んなことで知られており、特にジャガイモの美味しさは有名です。

2位は観光という結果になりました。
・今金町は、北海道南西部、檜山振興局北部にある町で、山と自然に囲まれた地域で、周辺には山や、温泉や、滝などの自然の観光スポットが沢山あります。特におすすめの観光スポットは、オオシュブンナイの滝で、雄大な滝の景色は素晴らしいです。(40代/男性)
・温泉やお祭り、スキー場など家族や友達と楽しめる場所がたくさんあるからです。今金町といえば、今金八幡宮だと思います。今金八幡宮例大祭があり、大規模な祭りで大変賑わっています。その他に、今金町にはピリカ遺跡がある地域なので、古代遺跡を閲覧できます。(20代/女性)

豊かな自然を楽しめるスポットがたくさんあることが述べられていました。雄大な滝の景色を楽しめるオオシュブンナイの滝やお祭りが魅力的な今金八幡宮、古代遺跡を見ることができるピリカ遺跡など、魅力的な場所が挙げられていました。

その他には伝統、経済、閑静、便利などのキーワードが挙げられていました。
・かつてはアイヌ民族が暮らしていた地域で、今もアイヌ語由来の地名が残っているので『伝統』を選びました。また今金町といえば、キャンプ・温泉・スキー・グルメなど北海道の大自然を満喫できる「クアプラザピリカ」が魅力的だと思います。(30代/女性)
・ピリカ遺跡は、北海道今金町にある旧石器時代の遺跡で、国の史跡に指定されています。また、美利河遺跡とも表記されます。出土品は11万点以上にのぼりますが、そのうち各時期を代表する石器、接合資料など163点が、「北海道美利河1遺跡出土品」の名称で、重要文化財に指定されています。(30代/男性)
・今金町は北海道南西部、檜山振興局北部にある町で、町名の由来は開拓者である今村藤次郎と金森石郎の名字からきています。男爵イモなどの畑作のほか、稲作、酪農、林業が盛んになっており、奥美利河温泉などが観光で人気です。(30代/男性)
・今金町といえば「今金男爵」です。ジャガイモには男爵とメークインがありますが、この男爵芋である「今金男爵」は全国で約0.3%しかない幻とのジャガイモです。今金町は北海道の南部の位置し温暖の差があることからでんぷん質が多く甘い味になるのです。その品質からその年の男爵の市場の価格は「今金男爵」で決まるとまで言われています。湖池屋も進出し幻のジャガイモとオホーツクの塩を使ったポテトチップスを発売しました。(50代/女性)

今金町はかつてアイヌ民族が暮らしていた土地で今もピリカ遺跡が残っていることが挙げられていました。町の特産品のジャガイモは有名ですが、特に今金男爵は幻のジャガイモとして名前を知られていました。

アンケート調査の結果、北海道今金町は日本一の清流の恵みを受けた自然が豊かで美しいところというイメージがあることがわかりました。ピリカ遺跡など観光スポットを楽しみにしている人も多いようです。特産品のジャガイモもよく知られていました。

※本アンケートはサグーワークスにて2018年2月13日よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年2月13日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

北海道今金町のふるさと納税お礼品に関するアンケート調査

北海道今金町でふるさと納税するなら次のうちなにがいい?

北海道の豊かな自然の中で育った春グリーンアスパラが最も人気!
・北海道はアスパラガスの産地として有名です。特に春のアスパラガスは美味しいので、これを選びたいです(40代/男性/正社員)
・太くて立派なアスパラガスで、北海道産というだけでおいしそうです。サラダでシンプルに味を感じたいです(40代/女性/専業主婦)
・知り合いに北海道出身の人がいて、アスパラをもらいました。緑が濃くて、とても太くて。凄く美味しくいただきました。だから、アスパラが欲しいです(50代/女性/パート・アルバイト)
・北海道今金町産の安全で安心なグリーンアスパラは市販のものより新鮮でおいしそうだと思いました(40代/女性/専業主婦)
・北海道の今金町は、畑作地帯でおいしい野菜や果物が有名です。そこでとれたグリーンアスパラには、太さがあるのにやわらかく、味がしっかりしているイメージがあるので、こちらを選びました(40代/女性/正社員)
北海道今金町は北海道の南西部にある町で、およそ5000人の人々が暮らしています。今金町のふるさと納税で最も人気のあるお礼品は、シャキシャキとした歯ごたえと優しい甘みを楽しめる、今金産の春グリーンアスパラです。春に採れるグリーンアスパラは、雪解け水をたっぷりと吸収しており、大変みずみずしく自然のおいしさを味わうことができます。水質が良好なことで知られる、後志利別川の美しい水で育ったグリーンアスパラは、サラダや炒め物などさまざまな料理で使うことができます。
2番人気はななつぼし! さっぱりとした味わいを楽しめるブランド米
・地元で作られている米だと知り、家庭でこのお米が味わえると嬉しいと思いました(20代/女性/正社員)
・北海道といえばお米のななつぼしだし、今金産ということで地域感もあると思ったから(20代/女性/無職)
・稲作、林業、畑作、酪農が中心の地域。きっと自然豊かで空気がすんでいる地域なのだと思います(20代/女性/専業主婦)

・日本の一次産業を応援し、食料自給率を支えたいので、その土地のブランドを盛り上げる意味でも、北海道今金産のななつぼしを食べてみたいです(50代/男性/個人事業主)
アンケート調査の2番目に人気のお礼品は、「ななつぼし」と呼ばれる、さっぱりとした味わいのブランド米です。ななつぼしは「ひとめぼれ」と「あきほ」を掛け合わせて作られた品種で、耐冷性に優れており、炊き立てはコシヒカリ以上においしいと評判です。ふるさと納税を利用して、今金産のななつぼしを試してみてはいかがでしょうか。
今金産酒米を使った「今金彗星」! ほんのりと甘い香りを楽しもう
・ピリカ湖で有名な地域だと思います。今金産酒米「今金彗星」はぜひ一度飲んでみたいです(30代/男性/派遣社員)
・地酒は遠方に住んでいると購入する機会がないので、是非飲んでみたいです(30代/男性/個人事業主)
・今金と言う名前がついているので思い出になると思い選びました。どんな味か楽しみです(30代/男性/個人事業主)
・おいしいお米がとれる地域なので、今金産酒米「今金彗星」を味わってみたいです(30代/女性/専業主婦)
・北海道今金町は緑に囲まれた自然豊かな地域という印象がありますが、今金産の「今金彗星」というお酒があるのは知らなかったので、ぜひ一度飲んでみたいです(30代/女性/個人事業主)
ふるさと納税では、各地の地酒を味わうことができるのも醍醐味のひとつです。今金町でアンケート調査の3番目に人気のお礼品は「今金彗星」と呼ばれる、今金産の米焼酎です。道内初の酒米を使った焼酎で、ほんのりと甘い香りを楽しむことができます。
後志利別川の美しい水を使って作られた「ところてん」もおすすめ
・最高級の天草を、町を流れる川の水を使って煮出しているので、この町の味を感じられそうだから(20代/女性/学生)
・清流日本一に幾度も輝いている地元の後志利別川の伏流水を使用して、国産最高級の伊豆の天草を煮溶かして作る手作りの昔ながらのところてんということで、おいしそうだなと思いました(10代/女性/学生)
・ところてんが好物ですので、迷わずにふるさと納税として選択する事にしました(40代/男性/正社員)
・国産の天然ところてんはとてもおいしいと聞いている為、ぜひ一度食べてみたいと思い選びました。こんな素晴らしい物をいただけるなら、ぜひふるさと納税したいと思いました(40代/女性/正社員)
・ところてんは冷たくてあっさりしていてカロリーも低いのでこれからの食欲が少なくなる時期ちょうどいいなと思ったからです(50代/男性/個人事業主)
アンケート調査の4番目に人気のお礼品は、町内を流れる清流として名高い後志利別川の水を使用してつくられたところてんです。ツルツルと食べられる喉越しの良いところてんは、見た目にも涼しく暑い夏にぴったりのお礼品です。酢醤油やゴマ、黒蜜など、お好みの調味料と合わせて食べることができます。

※本アンケートはサグーワークスにて2018年6月1日よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年6月1日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

※本コンテンツについて

  • 記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
  • 記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
  • 無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ