認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

北海道歌志内市のふるさと納税・地域の情報

歌志内市/うたしないし

北海道歌志内市の地域情報

北海道歌志内市は、アイヌ語で「砂がたくさんある沢」を意味する「オタ・ウシ・ナイ」が町名の由来です。明治初期~昭和初期、各地で石炭の採掘作業が行われ、市一帯が賑わっていました。1948年に人口が4万6000人を超過したものの、石炭産業の不振に伴って1965年頃から人口減少が進行しています。1995年に空知炭鉱が閉山したことによって過疎化に拍車がかかり、2018年1月時点の人口は3396人です。
歌志内市は、北海道の中心からやや西寄りの場所に位置しています。周囲に聳える標高600メートル前後の山々、市内を貫流するペンケウタシュナイ川が豊かな自然を作り出しています。平坦な土地が少なく、市域面積の約75パーセントが森林です。因みに、山間部の村のため、春・秋の早朝には雲海が発生しやすいです。

北海道歌志内市のふるさと納税寄付の使い道一覧

・地域コミュニティの推進に関する事業
・子育て支援及び教育・文化とスポーツの振興に関する事業
・地域の活性化に関する事業
・その他、地域振興のため市長が必要と認める事業

出典:ふるさと納税特産品が新たに加わりました!|北海道歌志内市
(http://www.city.utashinai.hokkaido.jp/hotnews/detail/00001378.html)

北海道歌志内市についてのイメージ調査

北海道歌志内市について、イメージ調査を行いました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:北海道歌志内市

【回答数】
自然:22
伝統:4
観光:15
経済:0
人情:1
閑静:6
便利:2


調査の結果、自然というイメージを抱く人が最も多いことが分かりました。

・神威岳自然公園があり、夏はゴルフ、冬はスキーと、自然の中でスポーツを楽しむことができるからです。かもい岳国際スキー場は初心者から上級者まで楽しめるよう多くのコースが用意されており、冬は多くの人で賑わっています。(20代/女性)
・歌志内市は、北海道のほぼ中央部にあり、石狩平野の東北端の山麓地帯に位置します。周囲を緑あふれる山々に囲まれ、ペンケウタシュナイ川が東西に流れ、町域の約75%を森林が占め、美しい山々や自然に恵まれ、四季折々に表情を変えて人々を魅了する緑の大地です。(60代/男性)

神威岳自然公園をはじめ自然の中でスポーツが楽しめるエリアや、歌志内市のおよそ75%を森林が占めることを理由に、自然というイメージを抱く人が多いようです。
自然環境を観て楽しむだけでなく、自分で体験できるスポットが豊富なこともあって、歌志内市の自然環境がより印象深くなったと考えられます。

次に多かったのは、観光というイメージを持つ人でした。

・北海道の歌志内市のコレというものは、かもい岳国際スキー場です。このスキー場には10本のリフトがあり、多種多様なコースを滑走することができます。北海道のパウダースノーを実感することができます。初心者コースもあるため家族で楽しめます。(50代/男性)
・悲別ロマン座は、1984年に放映されたテレビドラマ「昨日、悲別で」においてロケ地として使用され、ドラマの舞台にもなった架空の建物名です。1977年公開の映画「幸福の黄色いハンカチ」でロケ地として使用され、ファンが集います。(30代/女性)

様々なコースを楽しめるスキー場、映画のロケ地になった場所があることから、観光をイメージした人が多いようです。
スキー場に対して、自然をイメージする人もいれば、スキーを目的に訪れる観光客から観光をイメージする人もいるようです。

この他に、閑静・伝統・便利・人情の順に意見が寄せられました。

・自然が多いのもありますが、2014年には日本で一番人口が少ない市に認定されているようです。そのため、閑静なイメージがあります。歌志内市には、かもい岳国際スキー場や、かもい岳温泉があり、是非訪れてみたいです!(20代/男性)
・歌志内市はかつて伝統的なアイヌの居住地として栄えた町としてのイメージがあるから。その伝統は今も現地の言葉として受け継がれており、町の地名にもアイヌ語が残っているほどである。また日本一人口の少ない市としても名が知られている。(10代/男性)
・歌志内市は、四季の変化が沢山あり綺麗な自然を楽しむことが出来ると聞いた。それに加え降雪量が約10メートルに達していること。そしてその雪質には定評がある。これだけ雪が降るにも関わらず風水害が起こりにくく、安定して住むことが出来そう。歌志内市といえば、ハチミツ!上品でクセがなく、スッキリとした食べやすいハチミツ。(10代/女性)
・日本一小さい市である歌志内市は、地域の人を大切に想いお互いに助け合っている印象です。子供達のイベント、子育て支援、障害者の積極的採用などを市全体で取り組んでいます。このエリアといえば壮大な山々でしょう。煌びやかではない柔らかな光を放つ夜景にも心和まされます。(30代/女性)

閑静をイメージに選んだ人は、自然環境の多さに加えて、2014年に日本で一番人口が少ない市に認定されたことを理由に選んだ人が多いようです。この人口が少ない市という点について、市の取り組みから人情を感じる人もいます。
またアイヌの居住地としての伝統が受け継がれていることから、伝統というイメージを挙げる人がいました。
この他にも、降雪量が約10メートルに達するにもかかわらず、災害が起こりにくい点を挙げて、便利をイメージに選んだという意見も見られました。
コメントからも分かるように、人口が少ないという点をマイナスイメージに捉えている人は少なく、むしろ市の特色の1つとして捉えている人が多いようです。

アンケート調査の結果、北海道歌志内市に対するイメージとして最も多かったのは自然、その次に観光をイメージする人が多く、次いで閑静・伝統・便利・人情について意見をもつ人がいると分かりました。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年2月13日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年2月13日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ