認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

北海道江別市(えべつし)のふるさと納税・地域の情報

北海道江別市の地域情報

北海道江別市は中心エリアにあり、北海道の中心地である札幌市に隣接していることから、札幌市に通勤・通学する人のベッドタウンとして人気の高い街です。新千歳空港へも自動車で1時間ほどという距離であり、交通の面でもとても便利な立地と言えるでしょう。
気候に関しても道内でも比較的温暖で過ごしやすいエリアであり、冬場でも降雪量が少ないです。また、札幌エリアまですぐという便利な立地でありながら、市内には石狩川が流れ、2000ha以上の面積を誇る道立自然公園野幌自然公園があったりと緑が豊かな街でもあります。
明治時代に北海道の開拓がはじまり、江別市は石狩川があったことから輸送に便利な立地であり、そのような理由で建築材であるレンガ産業が発展してきました。現在でも江別はレンガの生産地として一大ブランドという扱いになっています。

北海道江別市のふるさと納税情報

「ふるさと納税」は、「生まれ育ったふるさとを応援したい」、「自分と関わりが深い地域を応援したい」という気持ちを形にする仕組みとして、地方公共団体(市町村、都道府県)に対して寄附を行った場合に、個人住民税・所得税が一定額まで控除される制度です。 江別市では、この「ふるさと納税」によるご寄附を広く募集しております。寄附金の活用に当たっては、寄附者自身が事業分野を指定いただける仕組みとなっておりますので、ふるさと江別の未来のため、応援をお願いいたします。

出典:ふるさと納税のご案内 | 北海道江別市公式ウェブサイト
(https://www.city.ebetsu.hokkaido.jp/soshiki/keiyaku/36491.html)

北海道江別市についてのイメージ調査

北海道江別市がどのような印象を持たれているのかについて、男女50名を対象にアンケートを実施しました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:北海道江別市

【回答数】
自然:22
伝統:4
観光:6
経済:7
人情:1
閑静:3
便利:7



以上のように、一番多く得票したワードは自然という結果になっています。
・江別市は道立自然公園野幌森林公園が有名です。そのため自然のワードを選択しました。道立自然公園野幌森林公園は野幌丘陵にあり、大都市近郊でまとまった面積の森林(平地林)が残されているのは日本国内でも数少ないです。公園内のおよそ8割が国有林で、鳥獣保護区にもなっています。(30代/女性)
・この地域は広大で豊かな自然が多くあり四季おりおりの風景を楽しめます。豊かな自然が多くあるため空気も水も美味しいのでこの地域の特産品や野菜など簡単に入手することができとても便利です。夜には満天のキラキラ輝く星空も楽しむことができとてもオススメです(30代/女性)

以上からもわかるように、北海道らしい広大な自然をイメージする人が多かったようです。江別市を訪れたことがある人たちからは、空気や水がおいしいというコメントも寄せられました。

それから次に得票数が多かったのは経済、便利でした。
・札幌市の隣にあり、車で一時間もかからない場所なので、いわゆるベッドタウン的位置にあり、近くに野幌森林公園という広大な、百選にも選ばれる道立公園があり、とても住みいい都市です。かつては石狩川を利用した水運の要所で、鉄道が通るようになると、レンガ製造が盛んになり、各地にレンガ建物が建っています。(50代/男性)
・札幌にほど近い位置にあり、ついで空の交通機関でもある道内唯一の大きな飛行場、千歳空港にもちかいので、交通の便がすごく良いです。町としては賑やか過ぎず、あえて札幌の都会ではなく、江別にマイホームを構える人もいます(40代/女性)

このように、ベッドタウンとしてのイメージが強く、そこから経済を連想する人と便利を連想する人が多い結果となりました。レンガ製造の街として経済を連想する人もちらほら見られました。また、札幌市と隣接しており千歳空港からも近いことから、交通の利便性について言及するコメントも多く寄せられています。

その他のコメントも見てみましょう。
・北海道江別市は札幌市に隣接しており、観光に便利な場所にあります。観光スポットには、江別市ガラス工芸館や、道立自然公園野幌森林公園などがあります。あと、江別市では、冬にクロスカントリースキー大会やスノーフェスティバルが行われます。(40代/女性)
・札幌から快速を使えば30分もかからずに江別市内に入る。札幌市のお隣のわりには、アパートやマンションの賃貸料が安いし、野幌森林公園があるので自然を楽しみながら生活できるのが心地よい。また、学園都市であるため、田舎というイメージは全くない。(50代/女性)
・江別市は大学が多くありますが、山に囲まれているため賑やかな印象ではなく、どちらかといえばのどかな雰囲気でした。住宅地もありますが、駅前でもそこまで栄えていないため、うるさくはなかったです。森林公園などもありますが、観光と言うよりは地元の人がふらっと休日などに行く印象です。(20代/女性)

その他のコメントからはいろいろな印象が寄せられています。観光スポットもなくはないようですが、学校や住宅地など、地元の人々に利用されることの多い閑静な市という印象の方がどちらかといえば強いようです。札幌から近いという点もそれらのイメージに影響を与えていることがわかります。

アンケート調査の結果、江別市は観光客を惹きつける北海道独特の雄大な自然もありつつ、札幌に近いベッドタウンや学園都市として、地元の人々にも利用される街という印象で受け止められていることがわかりました。

※本コンテンツについて

  • 記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
  • 記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
  • 無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ