認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

北海道苫小牧市のふるさと納税・地域の情報

苫小牧市/とまこまいし

北海道苫小牧市の地域情報

北海道苫小牧市は、北海道の中央部に位置している自治体です。市街地は東西に広がり、隣接する千歳市との境には、三重式火山の樽前山があるほか、苫小牧市の東部には、国の鳥獣保護区に指定されているウトナイ湖があり、自然豊かな景色を望むことができます。

また、苫小牧市は太平洋に面しているので、夏は涼しく冬は北海道の中では比較的温暖な気候です。そのため、積雪量も少なく過ごしやすい地域になっています。

交通アクセスに関しては、札幌市から室蘭市を結ぶ国道36号線が通っています。道央自動車道を利用して、札幌市まで自動車を利用して約60分で行くこともできます。また、新千歳空港が車で約30分の距離にあるので、空路での移動の際にも便利な地域です。

北海道苫小牧市のふるさと納税寄付の使い道一覧

・「まち・ひと・しごと」づくりに関する事業
・こども国際交流に関する事業
・福祉ふれあいに関する事業
・緑化推進に関する事業
・教育施設整備に関する事業
・市民文化芸術振興に関する事業
・公共施設整備に関する事業
・使途は指定しない

出典:選べる使い道|ふるさと納税|北海道苫小牧市サイト
(http://www.city.tomakomai.hokkaido.jp/shisei/shisei/shiseihoshin/sonohoka/furusato.html)

北海道苫小牧市についてのイメージ調査

北海道苫小牧市のイメージ調査アンケートを行い、男女50名から以下のような回答を得ました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:苫小牧市北海道苫小牧市


【回答数】
自然:25
伝統:5
観光:7
経済:6
人情:1
閑静:1
便利:5



突出して多かったのは自然というイメージで、ちょうど全体の半数にのぼりました。コメントは次のとおりです。
・苫小牧の港をイメージしてます。結婚前、東京から各駅停車に乗って、北海道を目指しました。青森から船に乗って、北海道に上陸したのが、苫小牧でした。初めて見た苫小牧のまち、それは港町でした。その後、苫小牧は寿司がおいしいと聞きました。1つを選ぶなら、魚がおいしい港町をあげたいです。(40代/女性)
・苫小牧、学生時代に行ったことがあります。海と牧場のイメージです。今では変わっているかもしれませんが、牧場で、馬が走っていて、その向こうに海が見える風景はとてもきれいだったと記憶しています。自然がきれいでした。(40代/女性)

以上のように、自然のイメージを挙げた人たちは港町という印象が強く、次いで牧場のイメージがあるようでした。牧場と海という組み合わせは、一度見た人の心に残る景色のようです。

その次に多かったイメージは観光でした。コメントは以下のようなものとなっています。
・北海道内でも有名な観光地として知られています。苫小牧フェリーがありますので、たくさんの観光客が訪れやすいことでも名高いエリアです。近年は、高校野球が強いと認識されており、甲子園大会にも出場しています。(50代/女性)
・とにかく食べ物が美味しいです。海の幸にはじまりご当地ラーメン、お米にB級グルメ、どれもほっぺがとろけそうになります。あとは少し歩けば緑をたっぷり感じることが出来ますので、大自然をたくさん堪能することが出来ます。(20代/女性)

観光を挙げた人の多くは、フェリーの存在が強く印象に残っているようです。また、おいしい食べ物の印象も強くあるようでした。ここでもやはり港町特有の印象を持っている人が多いことがわかりました。

それから、その他のワードを選んだ人たちからは次のようなコメントももらっています。
・経済だと思います。苫小牧港がフェリー、また海運の中心でもありますし、製紙工場などがあり工業系で発展している町というイメージです。自然や観光となると白老や登別になると思いますし、一番合うのは経済だと思います。(30代/男性)
・苫小牧市が舞台となった作品は数多く、寒い地域と広い大地は絵になります。アイスホッケー選手になる人が多く、幼い頃から寒い環境に慣れて雪と関わっているからこそ、強い選手が育ち、伝統が受け継がれていっています。(30代/女性)
・苫小牧は実は工業シティです。結構大きい会社の船が行き来していて、港は大きい船が見ごたえがあります。町のほうはファンタジードームという遊園地がなくなったり、ダイエーがなくなってドン・キホーテになったりいろいろ悲しいのですが、工業が盛んなうちは平気なのだと思います。案外札幌にも近いのが嬉しい。(30代/女性)

このように、海沿いの工場の印象や海運のイメージから経済を選ぶ人もわりと多くいたようです。また、高校野球の強豪校である駒大苫小牧高校や、アイスホッケー選手を多く輩出している印象からスポーツの伝統を強く感じるという興味深いコメントもありました。フェリーなどに交通の弁の良さを感じている人は便利を選んだようです。

アンケート調査の結果、半数はストレートに港町、牧場から自然の印象を、残りの半数はそれぞれおいしい食べ物やスポーツの伝統、工場、海運業などから観光、伝統、経済といったイメージを持っていることがわかりました。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年1月15日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年1月15日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ