認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

北海道札幌市のふるさと納税・地域の情報

札幌市/さっぽろし

北海道札幌市の地域情報

北海道札幌市は、石狩平野の南西部にあり、石狩川の支流である豊平川の扇状地に広がっています。札幌市は、北海道の政令指定都市であり、道庁所在地です。札幌市の西や南には手稲山、円山や藻岩山などがあり、南西部の山岳地帯の一部は、支笏洞爺国立公園に指定されています。
鉄道交通はJR線の他、市電や市営地下鉄があり、特に東西南北の路線がある地下鉄は降雪の地で活躍します。碁盤の目条に広がる市街地の道路がわかりやすいのも特徴です。
札幌市の人口は、北海道最多で3割を占め、全国でも5番目の有数の都市として発展しています。オフィスビルや住宅が並ぶ都市の様相と共に、郊外には豊かな自然が広がり、都市と自然の調和が魅力的な都市となっています。
ちなみに札幌の地名の由来は、アイヌ語の「サリ・ポロ・ペッ」湿原が、広い、川や「サッ・ポロ・ペッ」乾いた、大きな、川などといわれています。

北海道札幌市のふるさと納税寄付の使い道一覧

・国際交流の推進
・市民活動の促進(さぽーとほっと基金)
・地域福祉の振興(地域福祉振興基金)
・障がいのある方の支援
・特別奨学金の支給(特別奨学基金)
・災害遺児手当ての支給(災害遺児基金)
・都市緑化の推進
・円山動物園の運営
・文化芸術活動の支援(文化芸術振興基金)
・奨学金の支給(奨学基金)
・オリンピック・パラリンピックの招致・開催(オリパラ基金)
・環境教育へのワンクリック基金
・札幌国際芸術祭の開催

出典:まちづくり・地域の活動、寄付のご案内、寄付金を募集している事業
(http://www.city.sapporo.jp/somu/kifu/activities/index.html)

北海道札幌市についてのイメージ調査

北海道札幌市にどのようなイメージを持っているか、50名にアンケートをとってみました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:北海道札幌市

【回答数】
自然:3
伝統:2
観光:28
経済:10
人情:1
閑静:0
便利:6


アンケートの結果、多くの人が観光というイメージを持っているようです。
・定番の札幌市時計台や大通公園、サッポロファクトリー、札幌の夜景を楽しめる藻岩山など多くの観光スポットがあり、さっぽろ雪まつりなど有名なイベントもあるからです。また、新鮮な海の幸や札幌ラーメン、ジンギスカンなど札幌ならではのグルメもあるので。(20代/男性)
・観光地が多く、いつ行ってもいい所。時計台や道庁、羊ヶ丘展望台、大通り公園のテレビ塔などが有名でアクセスも良い。冬は大通り公園でミュンヘン市も開催される。ジンギスカンや寿司、スープカレーなどのグルメを楽しむのもよし。もちろん、オススメのエリアはすすきのです。(30代/男性)
観光スポットが多く、四季を通して楽しめるので観光を選んだ方が多いようです。また海鮮やラーメン、ジンギスカンなどの名物料理も味わうことができるので食べ歩きにもピッタリの観光地と言えそうです。

次に多かったのが経済というイメージです。
・札幌市は人口約200万人という北海道でダントツの規模の大都市です。そして市街地の繁栄ぶりも素晴らしく新宿や渋谷、大阪と同レベルの規模だと思います。また市街地を外れると自然も豊かで2月頃は豪雪地帯ともなります。色々な側面を持っていますが、日本経済にとっても重要な都市なので経済というワードが一番適していると思います。(30代/男性)
・北海道の経済の中心地。観光客もビジネスパーソンもまず降り立つ、北海道の玄関口。新鮮な魚介類や北海道の大自然で育てられた美味しい農作物なども手頃な値段で手に入るのが魅力的。札幌雪祭りがとても有名で、多くの人が集まる。(30代/女性)
このように北海道経済の中心地という理由で経済を選んだ方が多いようです。雪まつりなどのイベントが観光客を集め、北海道の経済活性化につながっていると考えられます。また、広大な土地で作られた美味しい農作物は北海道の経済を担っているようです。

他にも便利や自然、伝統という意見もありました。
・JR、バス、地下鉄など交通網が発達していてお出かけに便利。札幌駅周辺にはデパート、大型ショッピングモール、家電量販店、飲食店など豊富に揃っているので楽しいです。(50代/女性)
・札幌市は北海道大学が有名です。そのため伝統のワードを選択しました。北海道大学は、日本初の学士授与機関として1876年(明治9年)に設立された札幌農学校を前身とする総合大学です。札幌農学校初代教頭であるウィリアム・スミス・クラークの「Boys, be ambitious.」(少年よ、大志を抱け)は、現在も北海道大学のモットーとして受け継がれています。(30代/女性)
・人口が多いため繁華街が充実し、自然豊かな郊外や観光地へのアクセスが便利です。グルメも個性的でおいしい店が揃っているので、観光でも生活でも充実した時間を過ごせると思います。(30代/女性)
大型商業施設が充実している市街地と自然豊かな郊外が調和しており、北海道大学などの歴史的建築物があることから便利や自然、伝統を選んだ方もいるようです。

北海道札幌市イメージ調査の結果、札幌市は北海道経済の中心であり、観光するには最適な場所であることが分かりました。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年1月15日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年1月15日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ