ふるさと納税クラウドファンディング

お知らせ

[プレスリリース] さとふる、京都府福知山市の「明智光秀×福知山サポーター」募集のため寄付受け付けを開始 ~ふるさと納税を活用し、3,211,000円を目標に寄付を募集~

報道関係各位

2020年7月3日
株式会社さとふる


さとふる、京都府福知山市の「明智光秀×福知山サポーター」募集のため寄付受け付けを開始

~ふるさと納税を活用し、3,211,000円を目標に寄付を募集~


ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」を運営する株式会社さとふる(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤井 宏明)は、寄付金の使途に応じて事業を立ち上げ寄付を募る「さとふるクラウドファンディング」にて、京都府福知山市の「明智光秀×福知山サポーター」募集のため、寄付受け付けを2020年7月3日より開始します。


■イメージ

「明智光秀×福知山サポーター」ページ イメージ

「さとふるクラウドファンディング」は、ふるさと納税の仕組みを活用して、寄付金の使途に応じた事業を立ち上げ寄付を募る、クラウドファンディング型ふるさと納税サイトです。寄付者は「さとふるクラウドファンディング」上で具体的な寄付金の使途から寄付先を選択することができるほか、自治体への応援メッセージの投稿や集まった寄付金額を随時確認することもできます。

京都府福知山市は明智光秀が築いたとされる福知山城を有し、多くの市民が良君として明智光秀を慕う、明智光秀ゆかりのまちです。2020年は明智光秀を描いた大河ドラマ「麒麟がくる」が放映され、福知山市への観光客増加が期待されていました。しかし、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、福知山城天守閣や福知山光秀ミュージアムは臨時休館となりました。6月1日から開館し段階的に入場を再開しましたが、感染拡大防止のため人数制限を設けており、入場者数は当初の目標の半分程度にとどまっています。
今回のプロジェクトを通じて集まった寄付金は福知山光秀ミュージアムの展示物の充実や、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に配慮したイベントの実施、明智光秀と福知山市の魅力発信などに活用されます。また、寄付者は「明智光秀×福知山サポーター」となり、福知山市から福知山城天守閣及び福知山光秀ミュージアムの無料入場券と、本能寺の変お知らせハガキ※が送られます。このハガキは、福知山市が2020年5月に実施した「本能寺の変 原因説50 総選挙」の景品になった際、日本全国及び海外から約3万人の応募があり、応募倍率240倍となったハガキです。

※ 日本史や昔話のパロディ画像を手掛けるクリエイター・スエヒロ氏が2020年1月30日にTwitter上で発表したものを、福知山市が圧着ハガキ化したもの。


■事業概要

事業名:【本能寺の変お知らせハガキ】の次なる展開!急募!明智光秀×福知山サポーター!
目標寄付額:3,211,000円
受付期間※:2020年7月3日(金)~2020年8月31日(月)
URL:https://www.satofull.jp/projects/business_detail.php?crowdfunding_id=65

※ 受付期間や募集金額は、変更の可能性があります。


■京都府福知山市からのメッセージ

皆さまは福知山城再建のための「瓦一枚運動」をご存じでしょうか?
明智光秀によって築かれたものの、明治に取り壊され石垣だけになってしまった福知山城の天守閣をぜひ復元しようと、昭和の時代、市民による瓦1枚=3,000円からの寄付活動がはじまりました。そして最終的に5億円以上が集まり、見事、まちの中心に天守閣が蘇ったのです。
そして、この令和の時代。新型コロナウイルスの影響から思いもしなかった苦境にいますが、ゼロから城下町を拓いた光秀公や、「まちのシンボルを取り戻そう」と奮闘した先達同様、私たちも負けずに光秀のまちとしての挑戦、発信を続け、全国の人に愛されるまちになりたいと思っています。
そのために、「瓦一枚運動」のように、今回のプロジェクトも市内外の多くの方にサポーターになっていただけることを、心から願います。ぜひサポーター特典を持って福知山へお越しいただき、魅力を肌で感じていただけましたら幸いです。


■株式会社さとふると株式会社CAMPFIREの取り組みについて

株式会社さとふると国内最大の購入型クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」を運営する株式会社CAMPFIRE(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:家入 一真)は業務提携しており、両サイトにてふるさと納税制度を活用した自治体のクラウドファンディングプロジェクトへの寄付受け付けを行っているほか、協力して自治体へ事業の企画アドバイスや記事の制作支援を実施しています。本事業は「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」からも寄付申し込みが可能です。

株式会社さとふるは、今後もさまざまな取り組みを通じて地域の生産者や自治体に寄り添いながら、地域活性化を推進します。


■株式会社さとふるについて

株式会社さとふるは、ふるさと納税(自治体への寄付)を通して地域活性化を推進しています。「ふるさとの元気を“フル”にする、ふるさとの魅力が“フル”に集まる ふるさと応援、ふるさと納税ポータルサイト」をコンセプトに、寄付者向けに「さとふる」で寄付先の自治体やお礼品の選定、寄付の申し込み、寄付金の支払いなどができるサービスを提供しています。自治体向けには寄付の募集や申し込み受け付け、寄付金の収納、お礼品の在庫管理や配送など、ふるさと納税の運営に必要な業務を一括代行するサービスを提供しています。また、ふるさと納税を活用した地域活性化の取り組みを掲載する、地域情報サイト「ふるさとこづち」を運営しています。


■株式会社CAMPFIREについて

株式会社CAMPFIREは、あらゆるファイナンスニーズに応えるべく、“資金調達の民主化”をミッションに、個人やクリエイター、企業、NPO、大学、地方自治体など、様々な挑戦を後押ししております。国内最大のクラウドファンディング「CAMPFIRE」は、2011年のサービス開始から現在(2020年6月19日時点)までに39,000件以上のプロジェクトを掲載し、支援者数は延べ280万人以上、流通金額は250億円に達しました。1人でも・1円でも多くお金がなめらかに流通する世界を目指して、CAMPFIRE経済圏をつくってまいります。
詳細はこちらをご覧ください。


以上


● この報道発表資料に記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
● この報道発表資料に記載されている内容、製品、仕様、問い合わせ先およびその他の情報は、発表日時点のものです。これらの情報は予告なしに変更される場合があります。

ページ上部へ