認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. お礼品から探す  > 
  3. 酒・アルコール  > 
  4. 日本酒  > 
  5. 純米大吟醸  > 
  6. 「2020年7月中旬発送」酒米菊水 純米大吟醸(720ml×2本)【E03】

お礼品ID:6236402

「2020年7月中旬発送」酒米菊水 純米大吟醸(720ml×2本)【E03】

「2020年7月中旬発送」酒米菊水 純米大吟醸(720ml×2本)【E03】

新潟県新発田市

菊水酒造が誇る芳醇な香りと深くやわらかな辛口の純米大吟醸酒です!

0.0
0
寄付金額15,000円
  • 画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

「コンビニ決済」「Pay-easy決済」をご希望の場合のご注意
  • ※お礼品の発送は、お支払い確認後となります。
  • ※お支払い手続きは、申込受付期間中に完了していただきますようお願いいたします。

お礼品の内容・特徴

芳醇な香りと深くやわらかな辛口の純米大吟醸酒です。一度途絶えてしまった酒米『菊水』を、わずか25粒の種籾から復活させて醸しました。
米の力をあますところなく引き出した純米造り。ほんのり冷やして、ふくよかな風味をお楽しみください。

■生産者の声
菊水酒造は、明治14年に新潟県新発田市の造り酒屋として創業して以来、常識にとらわれない独自の酒造りに取り組み続けてきました。
時代と共に多様化するニーズに伝統に培われた知恵と技、そして伝統にしばられない柔軟な発想でお応えすべく、菊水は今でも変わることなく挑戦しています。

■内容量/製造地
酒米菊水 純米大吟醸 (720ml×2本)
〔製造地:新潟県新発田市〕

■原材料
米・米麹

■賞味期限
1年

■注意事項/その他
・基本的に日本酒に賞味期限というものは存在しませんが、開封後は早めにお召し上がり下さい。
・お酒は20歳になってから。未成年者の飲酒は法律で固く禁じられています。
・妊娠中や授乳期の飲酒はお控え下さい。
・飲酒運転は法律で禁止されています。
・画像はイメージです。


お礼品詳細

提供元 新保酒店
カテゴリ

お申込み・配送・その他

発送時期 2020年7月中旬に順次発送
申込受付期間 2019年12月13日から2019年12月31日まで
配達外のエリア
寄付証明書の
送付時期目安
申込完了日から2ヵ月程度

お支払方法

クレジットカード決済

Pay-easy決済

コンビニ決済

キャリア決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • Pay-easy決済、コンビニ決済に関しては、入金した日が寄付証明書に記載される納付日になります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

新潟県新発田市のご紹介

  1. 全国
  2. 新潟県
  3. 新発田市

新潟県の北部に位置する新発田市(しばたし)は、海・山・川・平野と豊かな自然に恵まれ、新潟平野で収穫されるブランド米、コシヒカリをはじめとする「美食の都」です。

また、全国でも大変珍しい三匹の鯱を配する三階櫓という新発田のシンボル新発田城のある城下町でもあります。歴史と文化が漂うまちをお愉しみいただいた後は、全国でもトップクラスの硫黄成分含有量を誇る名湯『月岡温泉』で、エメラルドグリーンに輝くお湯を堪能し、四季折々の多彩な食材を使った新発田の自慢の味を堪能できます。

観光スポットに立ち寄り、旅館でゆったり、美味しい料理に舌鼓。そんな贅沢時間がすごせるまち『新発田』です。

ふるさと納税の使い道情報

  1. 少子化対策(子育て支援)

  2. 少子化対策(子育て支援)

  3. 産業振興

  4. 産業振興

  5. 教育の充実

  6. 教育の充実

  7. 健康長寿のまちづくり

  8. 健康長寿のまちづくり

  9. 市長に一任

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

関連特集

  • 関東特集

    関東特集

    豊かな水が広大な平野を潤す 政治経済の中心地

  • 沖縄特集

    沖縄特集

    「めんそ~れ」沖縄の魅力いっぱい♪

  • 中国特集

    中国特集

    山陰と山陽からなる名産品ゆたかな地方

  • 近畿特集

    近畿特集

    歴史と文化が交わる西日本の中核

ページ上部へ