ランキングとレビューで探せる利用率No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. お礼品から探す  > 
  3. 惣菜・加工品  > 
  4. 乾物  > 
  5. ひじきうどん、めかぶ、ひじきふりかけ

お礼品ID:3037382

ひじきうどん、めかぶ、ひじきふりかけ

ひじきうどん、めかぶ、ひじきふりかけ

三重県明和町

明和町特産のひじきを粉末にして練り込み、鉄分を豊富に含んだ体にやさしいうどんです。

0.0
0
寄付金額10,000円
お礼品発送予定時期
入金確認後から3週間程度
  • 画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

お礼品の内容・特徴

明和町特産のひじきを粉末にして練り込み、鉄分を豊富に含んだ体にやさしいうどんです。

【内容量】
ひじきうどん 生めん(スープ付き3食入り) 3袋
伊勢産めかぶ 50グラム 1袋
しそひじきふりかけ 50グラム 3袋

【消費期限】
ひじきうどん 30日
伊勢湾産めかぶ 1年
ひじきふりかけ 180日
【事業所】
(有)辻 丈蔵商店
電話0596-55-2701

お礼品詳細

配送不可地域
提供元 明和町
カテゴリ

お申込み・配送・その他

申込受付期間 年中受付
配達外のエリア

寄付金受領証明書の発送予定時期

申込完了日から1週間程度

お支払方法

クレジットカード決済

PayPayオンライン決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

お問い合わせ窓口など

こちらの返礼品についてのお問い合わせは下記となります。


  • 対応窓口:明和町ふるさと納税センター

    受付時間:(平日)8:30~17:15

    電話番号:0595-41-0364

    メールアドレス:meiwa-furusato@matsusaka.co.jp

カテゴリに関連するお礼品

乾物

さとふるでは乾物のお礼品を多数掲載しています。料理に乾物を使うときは、どのように戻すかが重要です。方法は食材によって異なりますが、ひじきは水で20分、塩蔵わかめは塩を洗って水で10分、干ししいたけは半日程度、切り干し大根は水洗いして水で15分を目安にしてください。
乾物は素材の味を活かしやすく味を吸いやすいので、煮物や炒めもの、煮浸しがおすすめです。日持ちし、いつもの料理に手軽に活用できる乾物をお楽しみください。
ふるさと納税のお礼品として乾物が届いたら、封を開ける前は高温多湿を避けて、風通しのよい冷暗所で保存します。開封した後は密閉容器や袋に入れて空気を抜き、乾燥剤を入れて冷蔵庫で保存するのがおすすめです。とくに海苔は湿気を吸いやすいので、冷蔵庫で保存しているものを取り出すときは結露を防ぐために、一度常温に戻してから開けてください。
※お礼品や季節・環境によって消費期限や賞味期限が異なりますのでご注意ください。
※お礼品によって調理方法、保存方法、解凍方法が異なる場合がございます。お召し上がりの際にはお礼品の説明等をご確認ください。

三重県明和町のご紹介

  1. 全国
  2. 三重県
  3. 明和町

三重県明和町(めいわちょう)は、東は伊勢市、西は松阪市に面しており、広々とした田園風景に囲まれ、また海にも隣接していることから豊かな農産物・海産物に恵まれたまちです。

天皇に代わり伊勢神宮の天照大神に仕えた皇女「斎王」が住んでいた幻の宮「斎宮」があった場所としても知られ、多くの遺跡や古墳が残っており現在も発掘調査が行われています。

ぜひ、明和町に足を運んでいただき、幻の宮「斎宮」をお楽しみください。

ふるさと納税の使い道情報

  1. 1.福祉健康施策

  2. 2.教育・文化施策

  3. 3.産業振興施策

  4. 4.環境・緑化施策

  5. 5.斎宮跡保存活用施策

  6. 6.地域づくり・コミュニティボランティア施策

  7. 7.指定なし

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

関連特集

  • 近畿特集

    近畿特集

    歴史と文化が交わる西日本の中核

  • 沖縄特集

    沖縄特集

    「めんそ~れ」沖縄の魅力いっぱい♪

  • 乾物特集

    乾物特集

    ふるさとの知恵と魅力がぎゅっと詰まった名品ぞろい

  • 中部特集

    中部特集

    日本アルプスと二つの海の恵みいっぱい

ページ上部へ