認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

お礼品ID:3019768

【定期便(6回発送)】おつまみ定期便
【定期便(6回発送)】おつまみ定期便
【定期便(6回発送)】おつまみ定期便
【定期便(6回発送)】おつまみ定期便
冷凍

【定期便(6回発送)】おつまみ定期便

福岡県古賀市

福岡県古賀市より自信をもってお届けするおつまみ定期便です!お酒のおともにぴったりな自慢の返礼品を厳選しセットにしました!!2020年1月~6月まで月1回計6回定期便でお届けします。

0.0
0
寄付金額60,000円
  • 画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

お礼品の内容・特徴

(1)2020年1月発送(冷蔵)
【あらびき大将ポークウインナー・博多燻しベーコンセット】
あらびき大将500g
ピリカラ大将500g
博多燻しベーコン540g(約270g×2)
 ●賞味期限:あらびき大将、ピリカラ大将 製造日より冷蔵:30日
博多燻しベーコン 製造日より冷蔵:60日

(2)2020年2月発送
【いかしゅうまい】
 20粒入り×3袋 合計60粒
 ●賞味期限:冷凍3ヶ月、解凍後2日

(3)2020年3月発送
【味噌豚ステーキセット】
 130g(肉90g、たれ40g)×6枚
 ●賞味期限:製造日から180日

(4)2020年4月発送
【いわし明太】
 3尾入り×2袋
 ●賞味期限:製造日から120日

(5)2020年5月発送
【あごだし仕立て銀だらみりん】
 420g(7切れ)
 ●賞味期限:冷凍365日

(6)2020年6月発送
【なすとひき肉の辛味トマトソース ドライトマトとフレッシュモッツァレラ】
なすとひき肉の辛味トマトソース210g直径約19cm×1枚
ドライトマトとフレッシュモッツァレラ200g直径約19cm×1枚
 ●賞味期限:製造日から9ヶ月

※全て順次発送です。配送日の指定はできませんので、ご了承ください。
※画像はイメージです

お申込み・配送・その他

発送時期 それぞれの発送予定期間に順次発送
申込受付期間 2019年12月31日まで
配達外のエリア
寄付証明書の
送付時期目安
申込完了日から1ヵ月以内

お支払方法

クレジットカード決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • Pay-easy決済、コンビニ決済に関しては、入金した日が寄付証明書に記載される納付日になります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

お問い合わせ窓口など

こちらの返礼品についてのお問い合わせは下記となります。


  • 対応窓口   :古賀市商工政策課

    受付時間   :(平日)8時30分~17時00分

    電話番号   :092-942-1176

    メールアドレス:furusato@city.koga.fukuoka.jp

福岡県古賀市からのおすすめお礼品

福岡県古賀市のご紹介

  1. 全国
  2. 福岡県
  3. 古賀市

福岡県古賀市は、九州最大の都市「福岡市」にほど近く、緑豊かな山々と美しい海岸線のある海に囲まれた自然に恵まれたまちです。

市内には美しい自然に親しめる公園をはじめ、桜や紅葉、なの花など四季折々の花をお楽しみいただけるスポットがあり心癒やされるひとときをお過ごしいただけます。

他にも市内企業の工場直売所、地元の農産物が集まる直売所、そして郷土料理のとりすき(鶏のすきやき)などバラエティに富んだ「食」も自慢の一つです。

ふるさと納税の使い道情報

  1. 1.ふるさとの環境保全に関する事業

  2. 2.ふるさとの輝く子どもの育成に関する事業

  3. 3.特色のあるふるさとづくりに関する事業

  4. 4.ふるさとで頑張っている市民及び団体の支援に関する事業

  5. 5.ふるさとの安全、安心に関する事業

  6. 6.その他市長が指定する事業(事業指定はしない)

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

関連特集

  • 東北特集

    東北特集

    食の恵みがあふれる本州の最北端

  • 関東特集

    関東特集

    豊かな水が広大な平野を潤す 政治経済の中心地

  • 沖縄特集

    沖縄特集

    「めんそ~れ」沖縄の魅力いっぱい♪

  • 近畿特集

    近畿特集

    歴史と文化が交わる西日本の中核

ページ上部へ