ランキングとレビューで探せる利用率No.1ふるさと納税サイト

お礼品ID:3014778

小浜屋の米こうじ味噌 A-7
小浜屋の米こうじ味噌 A-7
小浜屋の米こうじ味噌 A-7
冷蔵

小浜屋の米こうじ味噌 A-7

青森県深浦町

県産米・県産大豆を使用し、深浦町で製造した無添加の米こうじ味噌です。

0.0
0
寄付金額10,000円
  • 画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

「コンビニ決済」「Pay-easy決済」をご希望の場合のご注意
  • ※お礼品の発送は、お支払い確認後となります。
  • ※お支払い手続きは、申込受付期間中に完了していただきますようお願いいたします。

お礼品の内容・特徴

江戸時代から伝わる小浜屋の伝統味噌で、自家製の「室」でじっくり仕上げた米麹と、青森県産の大豆、塩だけで作る無添加の味噌です。

※画像はイメージです。
※提供事業者:小浜屋醸造

お礼品詳細

容量 米こうじ味噌(750g)3個
発送方法 冷蔵発送
賞味期限 製造日から6か月
提供元 深浦町
カテゴリ

お申込み・配送・その他

発送時期 入金確認後7日前後
申込受付期間 通年
配達外のエリア
寄付証明書の
送付時期目安
申込完了日から2ヵ月程度

お支払方法

クレジットカード決済

Pay-easy決済

コンビニ決済

キャリア決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • Pay-easy決済、コンビニ決済に関しては、入金した日が寄付証明書に記載される納付日になります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

お問い合わせ窓口など

こちらの返礼品についてのお問い合わせは下記となります。


  • 対応窓口:深浦町総合戦略課 ふるさと納税担当

    受付時間:(平日)8:15~17:00

    電話番号:0173-74-2122

    メールアドレス:furusato_nouzei@town.fukaura.lg.jp

カテゴリに関連するお礼品

さとふるでは米のお礼品を多数掲載しています。米の調理方法は、水を加えて炊飯器などで炊くのが一般的です。炊いたご飯はおにぎりや、酢飯にしてネタをのせて握ると寿司にもなります。水を多めにして煮るとおかゆもつくれます。炊き込みご飯や、雑炊なども定番料理です。また、パエリアやリゾットなどのように生米を炒めてから炊くという方法もあります。炒めものではチャーハン、揚げものではライスコロッケなど、幅広い料理にお使いいただけます。
ふるさと納税のお礼品として精米した米が届いたら、米びつや密閉容器に入れて、湿気の少ない冷暗所に保存してください。夏期など高温多湿になる季節は、冷蔵庫での保存が安心です。
※お礼品や季節・環境によって消費期限や賞味期限が異なりますのでご注意ください。
※お礼品によって調理方法、保存方法、解凍方法が異なる場合がございます。お召し上がりの際にはお礼品の説明等をご確認ください。

青森県深浦町のご紹介

  1. 全国
  2. 青森県
  3. 深浦町

世界自然遺産白神山地と、雄大な日本海に抱かれた深浦町は、青森県の西南部に位置する人口8,500人の小さな町です。

県内屈指の漁獲量を誇る天然本マグロなど豊かな農水産物のほか、人気のローカル線JR五能線や白神山地の麓にある神秘の湖「青池」、日本一の大イチョウなど多くの資源に恵まれています。

また、どこよりも大きな夕陽が見える町としても知られ、約80kmにわたって続く海岸線は「夕陽海岸」とも呼ばれています。

深浦町は、先人が大切に守り育んできた豊かな資源を活用して、豊かな地域づくりを進めていきます。

ふるさと納税の使い道情報

  1. 教育・文化に関する施策

  2. 産業振興に関する施策

  3. 観光振興に関する施策

  4. 自然保護に関する施策

  5. 福祉に関する施策

  6. その他

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

関連特集

  • 近畿特集

    近畿特集

    歴史と文化が交わる西日本の中核

  • 調味料特集

    調味料特集

    定番から、地域ならではの一品まで 旨さを際立たせる

  • 関東特集

    関東特集

    豊かな水が広大な平野を潤す 政治経済の中心地

  • 中部特集

    中部特集

    日本アルプスと二つの海の恵みいっぱい

ページ上部へ