認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. お礼品から探す  > 
  3.  > 
  4. 牛肉  > 
  5. 鳥取県産牛ローストビーフ(タレ付き)

お礼品ID:3004003

鳥取県産牛ローストビーフ(タレ付き)
冷凍

鳥取県産牛ローストビーフ(タレ付き)

鳥取県米子市

鳥取県産牛ロース肉を使用したローストビーフ。真空包装でお届けします。

4.0
3
寄付金額10,000円
  • 画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

お礼品の内容・特徴

鳥取県産牛ロース肉を使用し、ローストビーフを作りました。お届けは冷凍ですが、解凍後お肉の表面をお好みで焼くだけで美味しく仕上がります。また、真空包装のため解凍後湯煎にて調理も可能です。味と食材に妥協しないお品を、自信を持ってお届けします。ちょっと贅沢な一品です。
※画像はイメージです

◆内容量:720g(360g×2)
◆配送方法:冷凍便
◆賞味期限:冷凍365日

米子市へのふるさと納税では、上記のお品に加え地元企業協賛品詰合せ「米子市民体験パック」をプレゼント。 ※年度毎(4月~3月)におひとり1箱限り

お礼品詳細

提供企業 鳥取東伯ミート株式会社
提供元 米子市
カテゴリ

お申込み・配送・その他

発送時期 申込完了日から4ヶ月程度
申込受付期間 通年
配達外のエリア
寄付証明書の
送付時期目安
申込完了日から2ヵ月程度

お支払方法

クレジットカード決済

Pay-easy決済

コンビニ決済

キャリア決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • Pay-easy決済、コンビニ決済に関しては、入金した日が寄付証明書に記載される納付日になります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

お問い合わせ窓口など

こちらの返礼品についてのお問い合わせは下記となります。

  • 対応窓口:市民自治推進課 ふるさと納税推進室

    受付時間:(平日)8:30~17:15

    電話番号:0859-23-5375

    メールアドレス:furusato@city.yonago.lg.jp

お礼品レビュー

評価:

JUN

2018年07月22日

ローストビーフは適量で2袋。柔らかく美味しいお肉でした。 ただし、写真のようなブロック肉ではなく、厚さ15~18ミリ程度の平べったい、ステーキ肉のようでした。見た目はちょっとガッカリ。 味付けも、塩胡椒のワイルドさはなく、塩のみの落ち着いたものです。ローストビーフソースの小袋が幾つか付いてくるので、特に問題はありません。 解凍後、フライパンで両面に焦げ目が付く程度まで焼き、10ミリ位の厚さに斜めにスライスすれば、豪華さが出て楽しめます。 あと、自治体からのお楽しみセットが意外に豪華。 金額的には大したことはないのでしょうが、色々と入ってます。期待してなかった分、オマケだと思えば、かなり丸です。

評価:

ぺこ

2018年09月21日

なかなかこれだけの量のローストビーフを自分で購入することはないため、楽しみが増えます。カットされておらずステーキサイズの塊なので、好きにカットして食べることができます。残念ながら私が受け取ったものは脂身が多すぎて、脂身を削ったら結構なポーションがなくなってしまいました。脂身が大好きな方にはよいのかもしれませんが、結構肉の脂は好きなほうの私でも抵抗があるぐらいでしたので、少し工夫が必要かと感じました。 2枚入っていたので、1枚はふつうにスライスして食し、2枚目はバターで表面を焼いて、角度の深いスライスで少し大きめなカットのローストビーフにして食しました。 1枚ずつ袋に入っていたので、1枚は冷凍して数日後に。一度に急いで食べずに済むのて助かりました。

評価:

taka

2018年05月20日

家族4人でお腹いっぱいになりました

鳥取県米子市のご紹介

  1. 全国
  2. 鳥取県
  3. 米子市

鳥取県の西側、山陰のほぼ中央に位置する米子市。

東には「伯耆富士」とも呼ばれる国立公園大山(だいせん)、北に日本海、そして西には汽水湖として日本で2番目の大きさを誇り、ラムサール条約にも登録されている中海(なかうみ)という、豊かな自然に囲まれています。

紀元前からの歴史を持ち、弥生時代の大規模集落跡や古墳時代の遺跡も数多く発見されています。江戸時代には城下町として繁栄し、その城下町に住む商人によって「商都米子」の礎が築かれました。

その文化や気質を受け継ぎながら、現在では、高速道路や鉄道、さらには空路・海路の要衝として「山陰の玄関口」の顔も持っています。

遠く弥生時代から大陸との交流があったとされ、現在では「山陰の玄関口」。

そんな「交流のまち」、それが米子市です。

ふるさと納税の使い道情報

  1. 輝く子ども応援団

  2. 中海再生応援団

  3. 地域の力応援団

  4. 歴史・文化応援団

  5. がいなよなご応援団

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

ページ上部へ