ランキングとレビューで探せる利用率No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. 地域から探す  > 
  3. 中部地方  > 
  4. 新潟県  > 
  5. 十日町市  > 
  6. 米・パン   
  7. 惣菜・加工品  > 
  8.   
  9. レトルト  > 
  10. その他米  > 
  11. 新潟県魚沼産 備蓄 コシヒカリ 200g×50 パックごはん 無添加

お礼品ID:1340270

新潟県魚沼産 備蓄 コシヒカリ 200g×50 パックごはん 無添加
新潟県魚沼産 備蓄 コシヒカリ 200g×50 パックごはん 無添加
新潟県魚沼産 備蓄 コシヒカリ 200g×50 パックごはん 無添加
新潟県魚沼産 備蓄 コシヒカリ 200g×50 パックごはん 無添加

新潟県魚沼産 備蓄 コシヒカリ 200g×50 パックごはん 無添加

新潟県十日町市

さとふるアプリdeワンストップ申請対象?

魚沼地区で収穫された炊きたてのコシヒカリをそのままパックしてお届けします。(レンチンのパックごはん)

0.0
0
寄付金額60,000円
お礼品発送予定時期
お申し込みより2~3週間程度で順次発送予定
  • 画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

お礼品の内容・特徴

店舗で並んでいる市販との違いは、レンジでチンして一番美味しい炊きたての状態を再現できることです。
常温保管もできて、巣籠もりでも美味しいご飯を、お好きなタイミングで美味しくお召し上がりになれます。

【魚沼産コシヒカリの特長】
とても香りも強く、粒も揃っているため見栄えが良く、香りが強いのにいくら食べても飽きないといった特徴も併せ持っています。
新潟県民では「魚沼産」がコシヒカリの中で上位のランクに位置するブランド品種と認識している人も多く、
この味を知ったら、ファンになること間違いありません。

■生産者の声
事業者:株式会社 S・E・P INTERNATIONAL
Sincerity真心 Emotion感動 Passion情熱新潟魚沼地域のすばらしい食文化を発信する企業です。
お米やお肉や海鮮、加工品、旬の野菜など、美味しいものたくさんお届けします。

■お礼品の内容について
・パックごはん[200g×50パック]
  製造地:新潟県十日町市
  賞味期限:製造日から6ヶ月


■注意事項/その他
【保存について】
陽の当たりにくい涼しい場所で保管してください。

■原材料:お礼品に記載
※アレルギー物質などの表示につきましては、さとふるサポートセンターまでご連絡ください。

お礼品詳細

配送種別 通常
提供元 株式会社S・E・P INTERNATIONAL 十日町営業所
カテゴリ

お申込み・配送・その他

申込受付期間 通年
配達外のエリア

寄付金受領証明書の発送予定時期

申込完了日から2ヵ月程度

お支払方法

クレジットカード決済

PayPayオンライン決済

キャリア決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

他にもこんなお礼品があります

新潟県十日町市からのおすすめお礼品

カテゴリに関連するお礼品

さとふるでは米のお礼品を多数掲載しています。米の調理方法は、水を加えて炊飯器などで炊くのが一般的です。炊いたご飯はおにぎりや、酢飯にしてネタをのせて握ると寿司にもなります。水を多めにして煮るとおかゆもつくれます。炊き込みご飯や、雑炊なども定番料理です。また、パエリアやリゾットなどのように生米を炒めてから炊くという方法もあります。炒めものではチャーハン、揚げものではライスコロッケなど、幅広い料理にお使いいただけます。
ふるさと納税のお礼品として精米した米が届いたら、米びつや密閉容器に入れて、湿気の少ない冷暗所に保存してください。夏期など高温多湿になる季節は、冷蔵庫での保存が安心です。
※お礼品や季節・環境によって消費期限や賞味期限が異なりますのでご注意ください。
※お礼品によって調理方法、保存方法、解凍方法が異なる場合がございます。お召し上がりの際にはお礼品の説明等をご確認ください。

新潟県十日町市のご紹介

  1. 全国
  2. 新潟県
  3. 十日町市

世界有数の豪雪地、新潟県十日町市(越後妻有地域)は、日本の原風景である「里山」が豊かに残っている地域です。市の中央を流れる日本一の大河・信濃川が形成した河岸段丘では、国宝に指定された縄文時代中期の火焔型土器が出土するなど、豊かな農耕文化が育まれてきました。しかし、過疎高齢化によって1500年もの長きにわたり農業を通し大地と関わってきた生活、文化が失われていく危機に立っています。


「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」

当地域で2000年から3年に1度開催されている世界最大級の国際展「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」は、地域に内在するさまざまな価値をアートを媒介に掘り起こし、その魅力を高め世界に発信し、地域再生の道筋を築くことを目的としています。760km2の広大なエリアには、場の特色を生かした200点を超えるアート作品が常設で展開され、これまでの活動の中で地域住民のおもてなしや都市の若者との交流を生んできました。


「大地の芸術祭」の里

3年に1度だけではなく一年を通して越後妻有地域の魅力を更に深く知ってもらう取り組みとして2016年春から季節毎に10日~2週間程度の集中期間を設け「『大地の芸術祭』の里 越後妻有 春、夏、秋、冬」を開催しています。企画展やワークショップ、イベント、パフォーマンスなどが連動し、季節に合わせたプログラムを展開しています。空家・廃校を使ったアート宿泊体験や、地域住民による食のおもてなし、農業女子サッカーチーム「FC越後妻有」による棚田保全プロジェクトなども始動しています。

ふるさと納税の使い道情報

  1. 大地の芸術祭により制作された恒久作品の維持管理費

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

関連特集

ページ上部へ