ランキングとレビューで探せる利用率No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. 地域から探す  > 
  3. 近畿地方  > 
  4. 和歌山県  > 
  5. 橋本市  > 
  6. 雑貨・日用品  > 
  7. 寝具  > 
  8. 毛布  > 
  9. シール織綿毛布 格子柄(ベージュ)

お礼品ID:1250270

シール織綿毛布 格子柄(ベージュ)
シール織綿毛布 格子柄(ベージュ)
シール織綿毛布 格子柄(ベージュ)

シール織綿毛布 格子柄(ベージュ)

和歌山県橋本市

さとふるアプリdeワンストップ申請対象?

ご家庭で簡単にお洗濯のできる綿毛布、シール織ブランケット!

0.0
0
寄付金額17,000円
お礼品発送予定時期
お申込みから1週間程度でお届け
  • 画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

お礼品の内容・特徴

今季のトレンドに沿って染め上げたチェック柄綿毛布!
タテ糸とヨコ糸で織り柄を設計しかわいい格子の天然ブランケットです。
このブランケットは国産のシール織で作っているので、毛玉もできずお洗濯も簡単に出来ます。
シール織とは基布にパイル糸を絡ませて織り込み、パイル糸を起毛せずに抜糸という工程で立たせ、撚りをほぐして綿状に戻し、素材の良さを最大限に表現できる製法になります。
ぜひ一度ご使用いただきシール織製法、天然素材の良さをご堪能ください。

■お礼品の内容について
・シール織綿毛布 格子柄(ベージュ)[シングル1枚]
  製造地:橋本市


■原材料・成分
組 成:毛羽部分:COTTON100%
    地糸部分:タテ糸:ポリエステル65%レーヨン35%
         ヨコ糸:ポリエステル65%レーヨン35%
サイズ:140cm×200cm シングルサイズ
重 さ:約1.2kg

■注意事項/その他
※画像はイメージです。一部画像に他の色が写っておりますが、お届けするお礼品は、ベージュ1枚です。

お礼品詳細

配送種別 通常
提供元 紀州繊維工業協同組合(野上織物株式会社)
カテゴリ

お申込み・配送・その他

申込受付期間 通年
配達外のエリア

寄付金受領証明書の発送予定時期

ご寄附より2週間から4週間

お支払方法

クレジットカード決済

PayPayオンライン決済

キャリア決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

他にもこんなお礼品があります

和歌山県橋本市からのおすすめお礼品

和歌山県橋本市のご紹介

  1. 全国
  2. 和歌山県
  3. 橋本市

高野山の麓を流れる「紀の川」 その恵みによって与えられた食と伝統をご堪能ください

橋本市は和歌山県の北東端に位置し、大阪府と奈良県に接しています。高野街道と伊勢(大和)街道が交わる「紀州わかやまの玄関口」にあたり、16世紀末、高野山中興の祖応其上人(おうごしょうにん)が荒地を開き、市の中央を流れる紀の川に長さ130間(約240m)の橋を架け、高野山へ往来する人々のための宿場町として、「橋本」と名づけたのが始まりと言われています。

現在も交通・鉄道の要衝地で、大阪都心部まで電車で40分の通勤圏でありながら、豊かな自然に囲まれ、都市と田舎が共存するまちで柿やぶどう・卵などの魅力的な特産品があります。特に卵は県下随一の生産量を誇り、地元特産品を使ったユニークなオムレツメニュー『はしもとオムレツ』を提供する店舗がたくさんあります。

橋本市では、元気なまち橋本を目指し、「若い世代の希望をかなえる、住んでよかった住みたくなるまち」をスローガンに、子育て環境・支援の充実、企業誘致、移住定住促進など様々な課題に取り組むと共に、伝統産業である紀州へら竿の継承や日本屈指の産地であるパイル織物の販路拡大にも力を入れています。

橋本市を応援していただける皆様からのご支援をお待ちしています。

ふるさと納税の使い道情報

  1. 働けるまちづくりプロジェクト

  2. 安心して住み続けられるプロジェクト

  3. みんなで子どもを育てるまちづくりプロジェクト

  4. その他市長が必要と認める事業

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

関連特集

  • 雑貨特集

    雑貨特集

    暮らしに役立つ ふるさとの文化が息づく

ページ上部へ